≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺蔵 もみじ】(4th Real)

もみじ120826
◆さかな醤油らーめん(大盛) 600円

◆ジムで体力を絞り出した後で食べるゴハンはうまい!それがおいしいらーめんならいうコトなし!てなわけで、今日は久米川最強のらーめん屋『麺蔵もみじ』さんへ。

昼時は大盛無料なのも嬉しい。ライスも無料だけど、せっかく直前にがっつり絞った身体のコトを配慮して、こっちはやめといた。

今日はさかな醤油らーめんに挑戦。ふわっと鯖だか秋刀魚だかの魚風味が広がる。飲んでみると、どっしり醤油の重みで、あっさりと魚は飛んでしもた。うーん…おいしいけど、風味から関西系だしを想像してもただけにちょい残念。このテイスト、もしかしてとり醤油らーめんだと京都『新福菜館』みたくなるのかな?次はそっちを試してみよう。

麺はむっちり固めで、歯ごたえあり。単体ではうまいけど、スープとの相性は微妙かな。大盛なのでなかなかのボリューム。

ふわとろチャーシューやコリコリメンマ、なると、ネギ、カイワレなど、トッピングはスキがなく、どれも超うま。

このらーめんはベーシックスタイルでレベルも低くはないんやけど、他のメニューの完成度がそーとー高いだけに、全体バランスが課題かも。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・とり醤油らーめん   600円
・えび塩らーめん    600円
・とり白湯らーめん   650円
・味噌らーめん     750円
・坦々麺        900円

◆久米川駅南口から西友の道をまっすぐ抜ける。2~3分も歩けば右手に見えてきます。
住所:東京都東村山市栄町2-7-29/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:30~15:00  17:00~23:30(月曜日は15:00迄)
無休


スポンサーサイト

【麺蔵 もみじ】(3rd Real)

もみじ120109_1
◆とり白湯らーめん(大盛)  650円

◆このお店もかなり久々です。値段は全体的にまた安くなり、なんと15時まで大盛無料とな。休日13時過ぎの時点で微妙に空席ちらほらながら、ひっきりない回転のよーです。

いつもは定番の海老塩ですが、ここは冒険してとり白湯をオーダー。ご飯が無料なので、先によそってしばし待つ…

大盛やとスープまんぱん状態でやってきます。真っ白のスープを飲んでみると、これまで食したどの白湯スープよりもライトでマイルドな味わい。一口目は、はんなりしょっぱいけど、舌に残らない絶妙な塩分量。そしてコクも楽しめるのに、食後含めて全然重くならないのはすごい。

ゆるやわな中太麺は、普通のらーめんやと単調なだけのはずやのに、この優しいスープに見事に調和、溶け込んでる。海老塩もそーやったけど、このスープのほのかなとろみと優しい舌触りが、あらゆるものを受け入れてくれる。なんかちょっと淫靡な魅力がある。大盛でもするするっと食べれました。

トッピングは芸術的なほろほろチャーシュー、大量のねぎ、なるとに細切りメンマ(ちょい濃いめの味付けが全体薄味のらーめんにいいアクセント)。

もみじ120109_2

ご飯が無料(セルフ)なので、しっかり食べてお腹いっぱいです。まるで“ジョジョの奇妙な冒険”のサンタナ食いのよーに、スポクラで4キロ走って300kcal消費したおいらの胃袋に見事に融合されました。

やっぱここはどれもレベルが高い。高級でなくとも、うまいらーめんはつくれる。おまけに東京最強クラスのコスパ。ずっとこの街で頑張って欲しいです。


◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・さかな醤油しらーめん 600円
・とり醤油らーめん   600円
・えび塩らーめん    600円
・味噌らーめん     750円
・坦々麺         900円

◆久米川駅南口から西友の道をまっすぐ抜ける。2~3分も歩けば右手に見えてきます。
住所:東京都東村山市栄町2-7-29/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:30~15:00  17:00~23:30(月曜日は15:00迄)
無休


【ラーメンショップ 久米川店】(First Real)

ラーショ久米川100821
◆とんこつラーメン(大盛)+味玉      550円+150円+100円

◆久米川駅近くに新たに出現した謎の胴元で有名(笑)な“うまい”ラーメンショップ。マルキチェーンとのことだが、ラーショにも系列があるらしく、派生系とのこと。確かに醤油や塩味など、他店ではあまり見られない豊富なメニュー。そして綺麗な店内、食券制等々。それでも初訪問なんでオーソドックスに『とんこつ』でいっときました。

わーい。大盛やと40cmはありそうな、とてつもない器でやってきます。傍からみたら大食いチャレンジャーみたいや。底が浅いので、見た目ほどではないんやろけど、大量のスープの中を麺が泳いでます。

細めエッジのストレート麺は、固めでぶっつり~時間が経つと徐々にやわくなってきます。『小川店』と比較すると、やや太く強めの歯ごたえです。大盛は文句なしのボリューム。
味付け海苔が6枚とゆー、豪快なトッピングが印象的。そして可愛い味玉二つ(これは追加)で、味付けは薄めです。メンマは安っぽい感じ。わかめは麺とよく合います。
スープは豚骨ぽい色してますが、ラーショにしては脂少なめでとてもあっさりしてます。昭和のどこか古めかしい味ながら、一歩引いたスマートさも感じさせます。白ごまやにんにくを途中参加させると風味と深みが出てきて変化が楽しめるんもいいっすね。

『ガッツラーメン』に強力なライバル出現やな。ジャンクさは云うまでもないけど、期待どおりの味でとてもおいしいです。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン  750円
・中盛          100円


◆久米川南口からロータリー右の久米川通りを府中街道方面に1分程歩いた右側に“オレンジ色”の看板したお店があります(ラーショは通常“赤”)。奥右にコインパーキングもあります(一方通行なので注意)。
住所:東京都東村山市栄町2-18-9/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:00~22:00
定休日不明



【味六】(3rd Real)

味六100710
◆中華そば(大盛り)+手作り餃子     650円+100円+300円

◆住居スペースの1階を店舗にした感じのお店。昭和の風景が息づく、開放的な座敷へ上がる。丁寧な応対なのも相変わらずやな。

中華そばを大盛で。デカい器にたっぷりのスープと、中で泳いでる麺。東京ノスタルジックなほんのり黄色い(かんすい?)ちぢれ麺。食感はぼそっとしてて刺激的ではないけど、この物足りなさがつい次の箸を誘う。伸びるのが早いけど、そのぶよっとなった麺もうまい。

スープは魚だしベースの薄口タイプながら、舌にじんわり残る旨みは印象的。後半は鶏そぼろを崩して味わうことで、その姿を動物的な変化へといざなう。

トッピングは沢山あって、素晴らしい食感のメンマやボイルしたよーなあっさりチャーシュー、海苔、味玉、そして『味六』代名詞とも云える鶏そぼろ。どれもうまいが今回特に感じたんは、各々味付けは結構濃いめやったこと。スープは薄い分まあええんやけど、全体としてはもっと薄さを徹底してもええかな、てのがおいら的感想。

味六100710_2
サイドメニューで餃子もオーダー。第一印象は “でかっ!”
皮はもちもち中身は肉が多く、少しペースト状になっててキャベツやにんにく等のザクザク感はないが、ジューシーなエキスを落とさないよーにきゅっと吸いながら食べるのがたまらんねえ。

実に三年半ぶりの訪問でしたが、まったく変わらないお店の雰囲気とらーめんの味に思わずほっとしました。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン  900円
・冷しラーメン    800円

◆久米川駅から清瀬or新秋津駅方面のバス通りを進み、恩多町5丁目交差点を北に曲がる。ノボリがあるのでわかりやすい。
住所:東京都東村山市恩多町5-27-25/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:00~20:00
水曜、第二火曜日休み



【麺蔵もみじ】(2nd Real)

麺蔵もみじ090509
◆海老塩らーめん   700円

◆久米川駅南口からほど近いお店『もみじ』へ。この界隈はらーめん屋さんや中華料理店がけっこー多くて競争も激しそうやけど、このお店は結構評判みたいです。

『海老塩らーめん』を注文。ご飯がセルフで無料なんで、キムチを乗せてらーめんが来るのをしばし待つ…。

一見、白湯ぽいスープですが、塩味ベースでふんわりとした優しい口あたり。海老の味はイマイチせん気がするけど、安心して食べれる優等生的な味です。ちなみに、普段はあまりせんのやけど、ここのらーめんは胡椒を入れると味がしまって、これはこれでおいしいです。
麺は透明感があって弾力があり、食べ応えがあります。優しい味わいのスープとは対照的なんで面白い。
チャーシューはじっくり煮込まれ、うまみがたっぷりの煮豚に仕上がってます。半熟味玉も申し分なし。そして黒くて歯ごたえのあるメンマは結構いっぱい入っててこれまた満足感あります。

ご飯のお供にはキムチや辛ニラがトッピングできます。今回はキムチで。甘さのある辛さやけど、海老塩らーめんとの組み合わせとしてはちょっと微妙かな。

総評としては、かなり研究されたオリジナル中華そばって感じで、クオリティとしても実質Aランクに近いレベルやと思うんやけど、ここ数年でけっこー全体的に値段が上がってしまいました。まあご飯が食べ放題なんで、久米川という立地を考慮すると、コストパフォーマンス的にはぎりぎりありか?とは思います。いろいろメニューがあって、前々から研究したいとは思ってたんやけど、今は生活圏内から外れてるんで、またいずれ…。今の久米川のらーめんでは文句なしにトップクラスですな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・魚醤油しらーめん    700円
・地鶏醤油らーめん    700円
・とり白湯らーめん     750円
・餃子             300円

◆久米川駅南口から西友の道をまっすぐ抜ける。2~3分も歩けば右手に見えてきます。
住所:東京都東村山市栄町2-7-29/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:30~15:00  17:00~23:30(月曜日は15:00迄)
無休


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。