≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【天下一品】(14th Real)

天下一品090906
◆味がさね(並)     790円

◆高円寺に来るのは3年半振り位です。吉祥寺をもう少しコンパクトで庶民的にした感じの雰囲気で、中野ほどクセがなく、とても好きな街です。環七含め、らーめん激戦区ですが、やっぱり『天一』に来てしまうね。ここは東京では結構貴重な『味がさね』が食べれるお店です。

『味がさね』のベースは豚骨と野菜で、何も入れないと結構あっさりで食べやすいスープです。豚肉と白菜、ネギがメインのトッピングで、ちょっと天理ラーメン(奈良)ぽいイメージかも。

これに“白ごま”、“揚げネギ”、“おろしにんにく”、“肉味噌”の順でトッピングしていくと、徐々に味が変化していくんっスよ。特に“おろしににんにく”辺りから大きく性格が変わります。

天下一品090906_2
▲待ち時間にすり鉢で白ごまをつぶすのが楽しい…

◆久々に食べてもやっぱりおいしかったけど、何故か以前ほど変化の様にインパクトがなく、ちょっとおとなしめかな…という印象でした。あと、やっぱ看板である『こってり』の個性が強過ぎるしね~。てな訳で、評価はちょっと控え目(それでもおいら的には超ストライクゾーン)にしとこかな。ではまた数年後に会おう。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”(RANK DOWN)
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば(こってり)    並:700円 大:830円 特大:960円 オススメ!
・中華そば(あっさり)    並:700円 大:830円 特大:960円
・餃子定食           970円

◆アクセスはJR高円寺駅から直に南下している道を5分位進んで左に入ったところ。
住所:東京都杉並区高円寺南4-7-1/最寄り駅:高円寺駅
営業時間:11:00~27:00
無休


スポンサーサイト

【峰】



◆チャーシューメン 850円

◆えいけん的ランク:"A"



◆やたっ!!よーやくらーめんレビュー200回突破です!最近のレビューはリピートが多かったんで、久々にがっつり長めの新規開拓(厳密には違うんやけど)レビューでいってみたいと思います。



東京は交通の便もよく、そもそもそんなに広い街やないんで、本来ならどこへ行くのも大して労せず行き着くことができる筈なんや。ただ、結構近くながら、機会がないとなかなか訪れることがない地域ってのもありますな。“近くて遠い地域”…今のおいらにとって、中央沿線というのは特にそんな傾向があります。

てなわけで、環七らーめん激戦区のお店『峰』に行って来ました。ここも長いコトご無沙汰やったんで、なくなってないかちょっと心配やったけど大丈夫でした。19時半という時間帯ながら、雨のせいか店内はガラ空き…でもおいらの後すぐに満杯になってたけどね。



このお店に行くとよく『角煮ラーメン』をオーダーしてたもんですが、とにかくこのお店のボリュームは凄まじく、加えてこのお店7~8年ぶりだったのでちょっと勇気がなくて『チャーシューメン』しかも『普通盛』にしときました。



う~ん、結論から言うと正直色々と驚かされました。ここのらーめん、もともとは豚骨醤油ベースにカツオ系の魚ダシという、当初としては珍しいタイプのスープやったんやけど、ひさかたぶりに出てきたらーめんを見るとそこかしこに魚粉(!)がちりばめられてるぞ。それほど強力に風味がプラスされたとも思えないので、これはビジュアルを現代風アレンジしたんやないやろか。まあこれはこれで美味しかったけど、オリジナリティが弱くなった感は否めんかな。やや濁ったスープはチャーシューのエキスを吸収してワイルドさを持ちながら、風味や見た目とは裏腹に、すっきりクリアティストでついついレンゲがすすんでしまう。豚骨、醤油、魚ダシのどれからもエゴさや臭みが感じられないところは、流石いい意味で東京風に馴染んでるね。

麺は細いストレートタイプで、むちむちした舌にまとわりつくよーな食感は非常においら好みで、うまい。最初は普通盛で失敗したかな…でもまあ替え玉も出来るし、まあえっか。とその時は思ってたんやけど…。

チャーシューも以前のようなスライスタイプと変わり、角煮と見紛うほどのぶ厚いゴロゴロした肉がどっさり。ステーキ一枚分位あるんちゃうか?やや濃い目の醤油につけてあるようで、柔らかくも適度な抵抗をもった弾力があり、旨味がじわ~~っと広がります。麺とのバランスはもちろん、特にトッピングのキムチとの相性が抜群。

他には、煮玉子1/2、ネギ、もやし、海苔がデフォルトでのってます。もやしはヒゲが抜かれてて丁寧な仕事ぶりを感じさせる。チャーシュー後の箸休めにもいい。海苔は味付タイプで、スープに浸すと溶けてしまいます。

ちなみに、このお店はフリートッピングがやたらと豊富です。棚にはキムチ、高菜、梅干し、たくあん、豆板醤、紅生姜、胡麻、カレーペースト?まで置いてある。特筆すべきはキムチ。変な表現やけどさっぱりフルーティで、辛さが残りません。これならキムチが苦手な方でもいけるんでは?以前は有料やったと思うが、これまたフリートッピングになったのもええね。



結果としてはちょうどいいボリュームでした。もう少し麺を楽しみたかったんやけど、大盛にするときつかったと思う…。このらーめん、普通盛やと麺と具のボリュームバランスがちょっと悪くなるんな。ただ、アレだけ肉をお腹に入れても後でもたれることがないとゆーのは、さすがというべきか。

良し悪しはとりあえず置いといて、時代ごとの人の趣向にアンテナを伸ばし、スタイルを変貌させることができるらーめん屋さんだと感じました。ここんとこ随分ご無沙汰してたけど、また来るでっ!!



◆駅北口から線路脇の通りを中野方面へ進い、環七にぶつかったら北に向かう。途中の歩道橋を向こう側に渡ってまたしばらく北へ進むと見えてきます。

住所:東京都杉並区高円寺北1-17-8/最寄り駅:高円寺駅

【天下一品】



◆味がさね 700円

◆えいけん的ランク:"AAA"





◆うをーっ!今日は調子に乗ってもいっちょUPしてみたりして。関西では有名な天下一品の店舗限定メニュー、『味がさね』だす。今回はメインのこってりらーめんではなく、こちらを紹介します。

昔から天一は大好物やったんやけど、東京でも店舗が増え始め、数年前、高円寺でこのらーめんに出会ったときは衝撃的やった気がする・・・。

ベースは味噌っぽい味で豚肉や白菜などが入ってる、天一にしては割りとふつうっぽいらーめんやな…と思ったんやけど、添付の肉味噌、白ゴマ、揚げねぎ、にんにくが実は相当なツワモノで、ひとつずつトッピングしていくと、商品名のとおり味わいが重なり、深まっていきます。う~ん、天一はおいら的に『らーめんのスタンダード』という概念からは最も遠いところに位置づけてるんやけど、この作品にはこれまた驚かされた。確かにおいしいらーめんはとにかく夢中で食べてしまうけど、ゆとりを持って食べることができて、かつ飽きさせないこの演出は、いわばらーめんの『粗食』という基本概念を真逆に捉えた発想とゆーてええのではないか。

・・・とまあ難しそうな言葉並べてみたけど、とにかく最高にウマイっつーことで。天一は好みの大きく分かれる店やけど、興味を持っていただいた方はぜひとも試してもらえたらと思います。そうそう、高円寺店はうで玉子をサービスしてくれます。



◆アクセスはJR高円寺駅から直に南下している道を5分位進んで左に入ったところ。さすが激戦区、この辺らーめん屋多いでえ。

住所:東京都杉並区高円寺南4-7-1/最寄り駅:高円寺駅

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。