≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【をかべ】(5th Real)

をかべ120803_5
をかべ120803_4
をかべ120803_6
◆近江ちゃんぽん デラックスセット  730円+400円

をかべ120803_1
◆彦根に帰ると毎回寄ってしまう、旧“をかべ”通称“ちゃんぽん亭”。今回は琵琶湖遊泳場近くにある松原店へ行ってきました。メニュー体系がずいぶん変わっててオドロキです。

をかべ120803_2
をかべ120803_3
今回は近江ちゃんぽん(いわゆる基本のやつ)に唐揚げと半炒飯が付くとゆう、もりっとしたデラックスセットてのにしてみた。

ちゃんぽんは、小ぶりな器だが中は野菜と麺でぎっしり。野菜と化調のバランスが絶妙な、でも後で冷めてから飲むとちょい違和感のある、これぞ彦根ちゃんぽんの和風だしスープ。麺は柔らかめでシャキっとした野菜との相性がいい。

唐揚げは安定した味わいでうまい。炒飯も及第点かな。でもどっちもこのお店でどーしても食べたいってものじゃない。TKG(卵かけご飯)までラインナップされてるし、一体どーなってん!?

今回強く感じたこととして、かつての感動はすっかり色褪せてしまった。銀座本店もオーナーさんが高齢で閉店したらしい。色んな意味で価値が失われていくのを感じる。

をかべ120803_7
◆えいけん的ランク(総合評価)“A” (RANK DOWN)
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・あんかけちゃんぽん  780円
・豚そば        650円
・中華そば       650円
・麺大盛(1.5倍)   100円

◆湖岸道路を長浜方面に向かってススメ。
住所:滋賀県彦根市松原町1158-1/最寄り駅:彦根駅
営業時間:11:00~23:00
年中無休

※ちゃんぽん亭総本家のホームページ



スポンサーサイト

【豚人】(First Real)

豚人120802_1
◆とこ塩豚骨ラーメン[細麺] + 替玉半玉[ドラゴン麺]   700円+50円

◆実家に帰った最初の夜。近くで新店ないやろか…あった!てな訳で、チャリ飛ばして田舎の川沿いを突き進む。国道沿いに明るいネオンと店内が見えてくる。20時やったけど空いててよかった。
豚人120802_2

豚人120802_5
京都発祥の豚骨系のらーめん屋さんのよーですが、組合せが多いのでとりあえずオーソドックスっぽいやつで。もやし・ネギ・ニンニク・味の濃さをカスタムできるみたいですが、ふつーで。

とこ塩豚骨は、とんこつを強火で長時間煮込んだ塩タレスープ。ぎとりと旨みが絡む濃い味わい。確かに京都風とか大阪の『無鉄砲』に通ずるものがあるかも。

麺は3種類からチョイス。細麺/ちぢれ麺/極太ドラゴン麺。最後のが気になるけど、外れると怖いので細麺で。するっとうまいんやけど、このドギツイスープに押し負けてるなぁ。組合せとしては微妙かも。

けっこ賑やかなトッピングは、トロ肉とロースの二種チャーシューがうれしい。もやしで全体の濃さを調整しながら食う。でもメンマも味付け濃いぞ…。
豚人120802_3
さて、替玉も麺のタイプが選択できるよーなので、異色な感じのドラゴン麺で。これはまさにドラゴンみたい背中がギザギザした極太うどんのよーな感じ。
豚人120802_4
食べてみると…これは好みが分かれそう。最初は固めの芯が気になるけど、徐々に馴染み、おいら的にはスープとのバランスがよくグッド。これかちぢれ麺やろな。

しょっちゅう食べるんは年齢的にキツイけど、さすがネト検索の組み合わせで出るだけあっておいしい。結構にんにくのニオイが残るので昼間は注意です。さて、夜をまたチャリかっ飛ばして帰るべさー。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・とこ豚骨ラーメン  700円
・醤油とんこつラーメン  700円
・塩とんこつラーメン  700円

◆国道8号線を南彦根方面に進んだ芹川手前の左手。
住所:滋賀県彦根市東沼波町181-2/最寄り駅:彦根駅
営業時間:11:00~14:30  18:00~23:30(土日は通し、日曜は22:00迄)
年中無休



【らーめん本気】(First Real)

ラーメン本気100919
◆あんかけチャンポン   700円

◆帰省した際にネットで調べてみると、ここ数年、地元で人気のお店やそーな。全然知らんかった。行ってみると満員寸前で、ちょうど空きがあったんであけてくれました。

人気no1の『あんかけチャンポン』をチョイス。ちなみにここでいう“ちゃんぽん”は、ゆで野菜たっぷりの彦根ちゃんぽんのことを云います。

ややさらりとしたかき玉餡は、最初こそあっさり感なものの、魚だしのスープと絡まって徐々にうまみが加速し、止まらなくなる。以前にレビューした後三条の『三平』はもっと餡にとろみがあってスープが全くなかったが、これとは好みが分れるかも。豚肉やキャベツ、もやしなどの調理方法なんかは、彦根ちゃんぽんベースて感じで、じっくり火が通ってます。

麺は細めでエッジの立ったストレートタイプ。ぶっつりした歯ごたえで、麺同士が絡まり、加えて熱々餡が絡まりで、猫舌の方にはちょっと格闘になります。

うまい!
餡と野菜がたっぷりなんで、普通盛りでも満足感は充分です。なかなかハイレベルならーめんでした。ご馳走様っス。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば        500円
・チャーシューメン    550円
・チャンポン       650円
・チャーハンセット  各+400円

◆彦根銀座のメインストリートを琵琶湖方面(北西)へ。彦根城に向かう三叉路先の三叉路を右へ入ってすぐ左手…てやっぱり地元の人しかわからん説明です。
住所:滋賀県彦根市銀座町1-6/最寄り駅:彦根駅
営業時間:11:00~20:30
火曜日休み



【をかべ】(4th Real)

をかべ090327
◆豚そば(麺大盛)   750円

◆ひこにゃんで有名な彦根市の銀座とゆう寂れた街の路地裏にある『彦根ちゃんぽん をかべ』をRootsとする、戸賀店としてチェーン展開している『ちゃんぽん亭』のことです。

今回は看板のちゃんぽんではなく、新メニューである『豚そば』があったんで、これを試してみることにしました。

さて、和風あっさりだしにたっぷり背脂が浮かんでて、野菜や豚肉などのエキスが混じりあって、多重風味が口の中で踊ります。背脂は甘く、いっけんくどそうに見えますが、レンゲですくってみると風味は豚っぽいですが意外とすっきりで全然気になりません。上品とゆーより自然なうまさが広がるところは、いかにも『をかべ』らしい。
麺はちゃんぽんと同じく、柔らかストレート麺で、しんなり茹でられたネギとまたあうんスよ。これにゆで豚がまたたっぷりで、しかもヘルシー。

正直、最近ではすっかり本店とベクトルが変わってきた『ちゃんぽん亭』でしたが、この豚そばは、同チェーンの和風ちゃんぽんより味は上かと思う(最近食べた印象では、どこかタンパク過ぎて、コクが足りない気がする…)。かなりうまい部類とちゃうやろか。

ちなみに写真はありませんが、サイドで餃子や唐揚げ(竜田揚げっぽい)もオーダーしました。このジャンクで素朴な味わいは、いかにも彦根らしいかも。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・和風ちゃんぽん    680円 オススメ!
・チャーシューメン   780円 オススメ!
・麺大盛         100円
・具大盛         100円

◆JR南彦根駅西口ロータリーから右手に陸橋道路が見えたら道沿いをひたすら西へ1km位。大きな交差点を2ブロック程越えたら左手に見えてきます。
住所:滋賀県彦根市戸賀町120-2/最寄り駅:南彦根駅
営業時間:11:00~24:00
無休


【三平】(First Real)

三平09326
◆あんかけチャンポン    730円

◆久しぶりに滋賀の実家に帰ってきました。せっかくなんでどっかのらーめんを食べようと思ったものの、街はずいぶん様変わりしてて新しいお店もちらほら…この日はちょうど夜中に時間が取れたんやけど、初訪問で失敗したくなかったんで、15年近くご無沙汰の『三平』というお店に行ってきました。昔ながらのお店で、さすがに夜中でも駐車場がけっこー埋まってます。

彦根のらーめん屋さんは、主にちゃんぽんのお店が多いんですが、このお店の看板は『あんかけチャンポン』。ふんわりした餡が麺を覆い尽くしてて、スープはありません。餡は長崎の皿うどんよりは柔らかく、そば屋のカレーそば程汁っぽくない。いわゆる“かき玉汁”みたいなイメージのらーめんやと思って下さい。この餡は醤油とだしの香りが強く、熱々で胡椒唐辛子が効いててピリッとした辛さもあります。食べる前は絶対無理やろと思ったけど、後引くうまさに加え、意外とすっきりな口あたりで、思わず完飲してしまってました。
麺はぶつっとした食感が餡にしっかり絡んでて、少々食べ辛いです。コシや伸び具合はしっかりしてるという程でないけど、スープにちょうどよくマッチしてて、皿うどんの固麺とはまた別の楽しさがあります。
具はざく切りキャベツと豚コマ肉が主。不透明なスープで最初は見えなかったけど、丼底にうずら卵が沈んでたのはちょっとうれしかったな。この豪快さとソウルフルな食べ応えは、どこか仙台で食べた『番丁らーめん』とも印象が少し似てる気がします。こっちは塩味っぽいけどね。

このご時世やのにどれもリーズナブルで、あれこれ頼みたくなるお店です。お店の雰囲気も、昔ながらの柔らかなイメージです。夜遅くまでやってて、地元の根強いファンが多いんやろね。
ちなみにチャーハンセット(+300円)てのがあったけど、これにあんかけチャンポンの餡をかけると、スープ炒飯風になるらしい。確かにうまそーやね。是非次回はチャレンジしたいな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャンポン       670円
・鍋焼きうどん      750円
・中華そば        550円
・チャーシュー麺    600円
・カツ丼          750円
・玉子丼         550円
・焼きそば        650円
・焼きうどん       650円

◆京町通りと巡礼街道を結ぶ、後三条町のメインストリート沿いとゆう、地元でないとちょっとピンとこない通りにあります。
住所:滋賀県彦根市後三条町593-10:彦根駅
営業時間:11:30~14:00  17:30~26:00
火曜日休み


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。