≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【芳蘭】(First Real)

芳蘭110716_1
◆カレーらーめん   1100円

◆銀座で私用があり、その前に10年以上ご無沙汰のお店へ。どーでもいいーけど、有楽町駅でドクターイエロー(黄色い700系新幹線のことです)を見ました。おおっいいことあるかも?!

この界隈はおいらにとって、戦後とかの復旧プロセスから(敢えて)現代に取り残された感じのイメージ。この店の佇まいも例外ではなく、かなりレトロさが感じられます。かつてのバブル直後はよく話題だった気がする。風間杜夫氏がかつて働いてたことは有名で、芸能人の色紙が半端なく飾られている。

ここは味噌が有名ですが、今回は隠れた逸品と云われるカレーラーメンにしてみました。

ううむ。これはまさに洋食屋さんのじっくり煮込んだカレーで、ルウは少な目ですが密度はかなり濃いです。最初は舌にピリッと、そしてじんわり後からくる辛さ。個人的に苦手ならっきょうとも相性バツグン。

温玉がついてたので戸惑いながらもタイミングを見計らって後半えいっ。テイストはまろやかになるけど、こくが薄まってしまうので、これはもったいなかったな。

麺は気持ち抵抗感のある、柔らか中太タイプですが、カレーの脇役に収まっていてまったく目立たない。カレーラーメンといっても、スープはなくルウが麺にかかってるだけなので、これがごはんでも全然いいと思う。

チャーシューは煮込みビーフか?と思うほどルウに馴染んでましたが、味は柔らか豚角煮そのものでした。これもうまい!!

膜張った豚骨ラーメン用のスープがついてる。カレーラーメンにはちょっと違和感あるけど、これはこれで楽しめます。


この価格はらーめんとしては高めですが、洋食と考えれば安いかな。10年前は高いらーめんやな…と思ったけど、以後まったく価格改定されていないってのも、お店の信念のよーなものを感じます。総括として、これまで食べたカレーラーメンではトップクラスのおいしさ。10年後にまた訪問しよう。

芳蘭110716_2
◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・味噌らーめん  1100円
・醤油らーめん  1000円

◆駅西口(ビックカメラ側)から品川方面に向かって線路沿いに少し歩いた右手地下。
住所:東京都千代田区有楽町1-2-9/最寄り駅:有楽町駅
営業時間:11:00~26:00(日祝は24:00迄)
無休



スポンサーサイト

【京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店】(First Real)

ますたに100224
◆ラーメン+ご飯(普通)   750円

◆東京の超老舗『たいめいけん』にするか?京都系らーめん『ますたに』にするか?7秒ほど迷った末、後者で。

昼間は行列のできるお店らしいですが、おいらは初訪問でした。ライスが無料とのことだったんで一緒にお願いしました。

見た目はいかにも“京都らーめんやで~”てな感じの、たぷーりのチャーシューの上にネギの緑色が鮮やかなビジュアルですが、スープに背油がのっかってるのにびっくり。そしてそのスープは三重層になってて、まずうすい脂層の甘みから始まり、シャープな醤油スープ、最後にぴり唐辛子がアクセントになり、徐々に味の変化が楽しめるとゆーもの。なので、最初は混ぜずに食べるのがええらしい。脂が多いわりには下層の醤油とのバランス上、全体的にはあっさりとした印象です。

ここは脂や辛味の量や、麺の固さを調整してくれます。麺のみ固めで他はデフォルトにしておいたのですが、正解。麺はコシの弱いストレートタイプで、固めにしてもスープの熱のせいか、すぐにやわくなりました。このテの麺に見られるふにゃふにゃ感はおいら嫌いじゃないけど、コシや歯ごたえ重視のファンには厳しいかも。あと細麺なので、縺れやすいのも難点かな。

関西系に見られる、超薄いが4~5枚の肉が麺を覆ってるチャーシュー。単独ではインパクト弱いけど、これを麺に巻いて食べるとおいしいっす。

スープの醤油味が強いので、後半になると胡椒が欲しくなる(ここの場合は唐辛子があたる)のは、やっぱり京都系らーめんに共通してるなと思った。
ある意味とても個性的なので、好みはともかく、食べた後の満足度は分かれる気がします。醤油+鶏ガラ+豚背油というスタイルは、尾道らーめんとダブるイメージですが、似てるだけで味自体はけっこー違います。
おいら的には久々の関西系らーめんが食べれたことに満足。ライスはまあ…無料にしとくべきやろな。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン     930円
・辛旨ラーメンみそ風味  860円

◆C2出口から1分。コレド日本橋の裏手で、昭和の老舗『たいめいけん』の向かい。
住所:東京都中央区日本橋1-6-7/最寄り駅:日本橋駅
営業時間:平日  10:30~23:00
       土日祝 10:30~22:30 (第一日曜日のみ~15:00)
無休



【番外地】(First Real)

番外地080822
◆味噌らーめん 670円

◆東京駅に昔からある、旭川らーめんのお店です。“旭川”ってえと、醤油味が基本のようなイメージなんやけど、ここで有名なのは味噌味。昔は帰省するときに必ず寄ってたお店やったんですが、ここ数年はすっかりご無沙汰やったんで、仕事の帰りに立ち寄ってみることにしました。

あっさりめの薄味スープで、味噌味にしては珍しく魚ダシの風味がけっこー強いです。隠し味にパルメザンチーズが入ってるらしーけど、あまりようわからんかった。日本のふるさとを思い描いてしまう懐かしさをもった風味が印象的です。
麺はこの味噌スープとの相性がいい中細ちぢれ麺。コシもあって麺そのものが美味しいです。気がついたらなくなってたんで、実は潜在的に好印象なのかも。
トッピングは特筆する程やないけど、チャーシューはまあまあ、メンマの量がやたら多いのはうれしいけど、個人的にあまり美味しいメンマやないしな…。

まあ個人的につきあいが長いらーめんてコトで、おまけのランクBてことにしとこう。おいら的には数ある味噌らーめんの中ではかなりニュートラルな位置にあります。また近いうちに訪問しよーかな。
◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・正油らーめん 650円
・塩らーめん   650円

◆巨大な八重洲地下街を駅中央口から北へ折れて1~2分程歩いた角にあります。会計が先のためか、店員さんが入口レジの前で陣取ってます。
住所:東京都中央区八重洲2-1/最寄り駅:東京駅

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。