≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【九州じゃんがら】(4th Real)

九州じゃんがら081122
◆ぼんしゃん 700円

◆原宿行くとつい『野方ホープ』とセットでいってしまうお店。もはや説明不要な全国的博多とんこつの超有名店です。昔のよーな行列はあまりみなくなった気がするけど、相変わらず店内はお客さんでいっぱいです。入口で食券を事前購入するんやけど、前払いとゆーシステムで今どき券売機ではなく人がレジやってるとゆうのは珍しいと思う。カラフルなメニューも特徴的やね。

オーダーしたのは、おいら的大好物の『ぼんしゃん』。とんこつOnlyから生まれた、たっぷりの脂が溶け込んだとろみのある不透明スープは、インパクトのある香りや見た目からどぎつそーで女性は敬遠してしまうかも知れんけど、丁寧に仕上げられてて意外と口あたりはあっさりでコクも豊か、いい意味でクセがなく、くいくい飲めてしまいます。スープは放置するとじわっと膜が張られてきて、このしょっぱさがまた豚骨の旨味をしっかり楽しめてええです。
そして博多ならではの極細で芯がかすかに残ったアルデンテな歯ごたえ。スープを絡めて一気に放り込むのが博多っ子の食べ方ば~い(エセ博多弁)。博多でのらーめんっちゅうのは“軽食”に近い感覚なんか、基本的にボリュームはかなり大人しめで、がつがついくとすぐになくなってしまう。ここで男らしく替え玉っちゅうのが定番なんやろが、デフォルトで700円という値段設定は決して安くもないと思う。
じっくり味のしみたチャーシューやきくらげは基本に忠実でおいしいんやけど、こっちも量は少ない。九州じゃんがらでは、トッピング前提というスタイルは暗黙の了解みたくなってるけど、これで替え玉してたらいったいいくらになるんやろ…。まあ値段は置いといて、相変わらず期待を裏切らない、安定した満足感を得られる“定番”らーめんです。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・九州じゃんがら     600円
・九州じゃんがらみそ  650円
・こぼんしゃん       700円
・からぼん          750円

◆東口から表参道を下る(明治神宮とは逆方向)と左手にあります。
住所:東京都渋谷区神宮前1-13-21/最寄り駅:原宿駅
営業時間:2F 11:00~15:00  17:00~23:30(土日祝は通し営業)
       1F 10:45~26:00(金土は27:00迄)
無休


スポンサーサイト

【野方ホープ】(4th Real)

野方ホープ081119
◆ラーメン 720円

◆ついにこのお店も値段改定か…。代わり?にキムチに加えてゆで玉子も食べ放題になってました。それにしても原宿店はいつ来ても清潔感があって店員さんの接客もええなあと思う。

スープの濃さは普通にしといたのに、その日のおいらには少し強く感じられました。でもとろける甘い脂に絡まったにんにくの香りはやっぱ美味しい。そして舌を滑るよーなクリアな醤油スープ。
麺はやや透明感があってつるっとした食感。そのせいか、背脂系らーめんなのに食べてる最中のこってり感はあまりなく、逆にどこかライトな感覚さえあります。
チャーシューは桃色の少しぱさっとした感じのものが2枚。スープに浸すと艶やかになるけど、肉そのもののジューシーさは弱く、これは好みが分かれそうやな。メンマと海苔はスープの濃厚さとクロスしてて相変わらずうまい。

『野方ホープ』と言えばネギなので、今日こそはトッピングでつけたかったんやけど、らーめんそのものが値上がりのうえに、トッピング200円ちゅうのは悩むわ~。てな訳で結局オーダーせず。

食べたあと、ちょっと胃が重く感じました。かつてのおいらと好みが変わったせいか、はたまた時代の変化か、“美味しいんやけど、昔ほど美味しくない”とゆー、なんとも言い表しにくい感覚におそわれた帰路でした。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”(RANK DOWN)
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆東口右手を垂直に下る表参道を進んで、明治通りにぶつかったら渡って代々木方面へ少し歩くと、小学校の先に黄色い看板が見えてきます。
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-8/最寄り駅:原宿駅
営業時間:11:00~28:00
無休


【野方ホープ】



◆中華そば(大盛) 650円+100円

◆えいけん的ランク:"A"



◆約一年ぶりくらいかな。原宿の『野方ホープ』へ。昼を抜いてたんで腹ぺこだったため、脂の量を聞かれたとき、思わず“こってり”をオーダーしてしもうた。ちなみにその上に“こてこて”てのもあるらしい。恐ろしや~。ちなみにこのお店のおねいちゃんは元気いっぱいで、でも気遣いが細やかで感心します。お店の方針なんかな?



さて、やってきて一目でわかるこってり度。固形脂の量も透明感もスタンダードとは全く違います。しかし、このこってり感が空腹には染みる。胃に脂が浸透してくのが体感できますが、さすがに後半はダレるな。年を取ってきたっちゅうのもあるけど、少し単調さを感じました。豆板醤あたりを入れればよかったやろか。

醤油を吸った柔らか麺はこの脂分の多いスープとは相性抜群です。交互にすくってもう夢中で食べてしまいました。もやしやネギもうまく箸休めになって、気がつくとこってりスープまでほぼ完飲…。後でちょっと気持ち悪くなってもうたわ。やっぱ20代とは少しずつ好みが変わってきてるんやろか?



◆駅を東口に出たら、目の前の道路を代々木方面へ。(途中カーブがあるけど)そのまま曲がって明治通りにぶつかるので、交差点を渡って左手に黄色い看板が見えてくる。7~8分位。ちなみに代々木からやと15分くらいかかる。

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-8/最寄り駅:原宿駅

【九州じゃんがら】



◆九州じゃんがら 550円

◆えいけん的ランク:"B"



◆今月初めにケータイを機種変しました。今回の機種はカメラの画素数が320万とゆう、デジカメ並の性能になってしまいました。しかしながら、本来ケータイのレンズはいくら画素数が高くてもそのポテンシャルを発揮しきれないらしいです。確かに画素数の割にはクリア度が低いかな。まあ、おいらの腕が悪いとゆーのもあるが…。とはいえ、せっかくなので今後掲載する画像のサイズをちょいと大きめにすることにしました。まだ機能に慣れてないんで写りも悪いですが、勘弁したってな。



このお店、夜に訪問するのは初めてやな。昼間と違って空いてたのですぐにオーダー。久しぶりにスタンダードな『九州じゃんがら』を。

他商品と違って底の深い丸型の丼に半透明なスープ。飲んでみて…あれ?こんな味やったっけかな?塩とんこつのよーなテイストで、しょっぱさや嫌味はないあっさりタイプ。白ごまのよーな風味が香る、都会的な味です。

麺は単に固いだけでない、食感をちゃんと感じられるアルデンテな茹で加減。燻製のよーなチャーシュー。スープがたっぷり入ってたので思わず替え玉しようと思うたけど、今回はパス。確かに、『ぼんしゃん』と双璧をなす、洗練されたらーめんでした。



そーいや、HPに載ってたんやけど、これから1ヶ月ほどこのお店の2階がリニューアル工事らしい。新規オープンしたらまた来っかな。



◆東口から表参道を下る(明治神宮とは逆方向)と左手にあります。

住所:東京都渋谷区神宮前1-13-21/最寄り駅:原宿駅

【野方ホープ】



◆みそラーメン+ドライカレー 800円+210円

◆えいけん的ランク:"B"



◆野方ホープでちょっと豪勢な晩ごはんです。今回は初めてのみそ味と、サイドにドライカレーをオーダーしてみました。



まずみそラーメン。ちょっと赤味噌風味が強くてこくのある味わい。でもイメージしてたよりずっとマイルドで少し物足りないかな。他にもなんか調合してるみたいやけどようわかりませんでした。

麺とスープの相性はまずまずで、背脂も相変わらず程よくてうまい。チャーシューやネギも味噌の美味しさを引き出すのに一役買っててええです。

ただ結論としては、やっぱりこのお店は醤油味がいちばん美味しい。そーそ、ドライカレーはトマトがふんだんに使われてて、酸味と中和して辛さはあまり強くない。こっちもマイルドやけどやや印象が弱いかな。らーめんとの付け合せとしてはまあまあ。



◆駅を東口に出たら、目の前の道路を代々木方面へ。(途中カーブがあるけど)そのまま曲がって明治通りにぶつかるので、交差点を渡って左手に黄色い看板が見えてくる。7~8分位。ちなみに代々木からやと15分くらいかかる。

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-8/最寄り駅:原宿駅

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード