≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ラーメンショップ 小川店】(2nd Real)

ラーメンショップ小平100227
◆ラーメン(大)   550円

◆ジャンクらーめんの代名詞、ラーメンショップ。体にはあまりよくなさそーですが、たまに食べずにいられない…いやー見るからにうまそっす。
相変わらず値段に対するありえないサービスたっぷりのボリュームで、食べた後の満腹感と幸福感は半端ないっすね。

醤油+鶏系だし+旨味調味料で形成されたスープに、細めでずりずりいけるストレート麺。チャーシューは厚めで脂身の多いのが二枚。ほうれんそうと一緒にやるのがうまい。

昭和~平成への過渡期の日本がわかる(大袈裟すぎ)、バブリー&崩壊世代にはもはや定着した味ですな。これを知らない現代の子供達も、ラーメンショップのらーめんの味を体験すれば、きっと伝わるトコロがあるはず。おいしい食は時代を超えるのだ。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”(RANK UP!)
   スープ  
      麺  
 トッピング  
 お買い得度 (Special Value)

◆その他主なメニュー
・ラーメン        500円
・チャーシューメン  800円
・ネギラーメン     650円
・味噌ラーメン     550円
・餃子          350円

◆青梅街道沿い。新小平駅(武蔵野線)と青梅街道駅(西武線)の中間地点。
住所:東京都小平市小川町2-1290/最寄り駅:新小平駅
営業時間:8:00~19:00
日曜日休み


スポンサーサイト

【丸源】(First Real)

丸源090919
◆肉そば(大盛)+煮玉子   808円+105円

◆東海地方を起点に展開するチェーン系らーめん屋さんで、東京には練馬店とここ小平店があります。

“究極の熟成醤油”と謳うそのスープは、ほんのり甘さのある、まろやかで尖りのない優しい味わい。デフォルトで玉葱やもみじおろしが乗っかってて、これをブレンドするとどっちも意外に合う。なかなか考えられた面白い組み合わせやな。これにも飽きたら、卓上の『どろだれラー油』でピリッと刺激的な味に変化させる。それにしても、昔友人から“らーめんに辣油”て発想を聞いたとき、絶対うそやと思たなあ。

カクいインパクトがあるストレート麺は、しっかりとした歯ごたえと熟成感があり、伸びにくく最後までうまいのもええね。スープとの一体感があります。

HPを見ると、肉増量40%とありました。確かにたっぷりと器に盛られてます(写真やとわかり辛いけど、スープにいっぱい沈んでます)。にんにく風味のあるバラ肉は麺を包んで食べるとこれまたうまい。あと煮玉子はもみじおろしと相性がええみたいやね。

全体的にファミリー向け(とゆーより間口が広い)なコンセプトで、オペレーションは効率的。らーめんとしてのクオリティもよく、メニューも豊富なので、満足感はあると思います。らーめん単品では安いと思ったけど、色々つけるとそれなりに値段が張るので注意。餃子無料券を頂いたので、また近々行きたいな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・磯海苔の塩ラーメン  714円
・野菜味噌ラーメン    787円
・こってりとんこつ     661円

◆津田塾大学から向かって府中街道を国分寺方面に進む。歩きやと距離あるかも。
住所:東京都小平市上水本町2丁目8-3/最寄り駅:鷹の台駅
営業時間:11:00~24:30
無休


【天神】(First Real)

天神090807
◆みそラーメン(大盛)    600円+100円

◆小平の青梅街道沿いにあるお店。HPもなくクチコミで知ったんですが、何やらうまそーならーめんを食べさせてくれそーな雰囲気なんで、マイカーをかっ飛ばして行ってきました。
お店はやたら横に長いカウンターのみで、地元のらーめん屋て感じ。お昼が近付くにつれどんどんお客さんが入ってくるぞ…。やっぱ人気あるんやなあ。

さて今回は、メニューの最初にあった『みそラーメン』で。通常おいらは麺が選べる時は殆ど細麺をオーダーするんですが、今回はせっかくやし口コミに乗せられてみっかってことで、太麺。

スープはだし系+ニュートラルな印象の味噌で、黒ごまも入ってて甘みが感じられます。
太麺はイメージと違ってむっちり柔らかめやのに適度な弾力があり、不快感なくかっこめます。大盛でもすんなり食べれるほど。
トッピングは味噌系には定番のもやしがたっぷり!ただ言い換えるとそれだけで、少し寂しいぞ。

印象としては、がっつり地域密着型の安定したどこか家庭的な味わいで、お客さんがひっきりなしてのもうなづける気がします。食べた瞬間に思わずこぼれる笑顔。リーズナブルなだけあって全体的にはチープな感じやけど、“うまい”らーめんの部類やと思う。たまにガツガツ食べたくなるかも。

そして、ここはらーめんよりむしろ餃子がすごい。10cm以上はあるジャンボサイズのギョウザは決して大味ではなく、むちっとした皮+ばりっと焼き焦げが入った皮が表裏一体でコラボして素晴らしい食感です。具もたっぷりでお腹いっぱいになれます。これはらーめんとセットならハーフでいいかも。思わずビールが飲みたくなる!とはいえ、この立地やと車で来る人の方が圧倒的に多そうやけど。ちなみに生や冷凍のものを持ち帰りできるみたいです。

『ジャンボ餃子』の看板は伊達じゃない! by アムロ

天神090807_2
◆ぎょうざ(6個)    500円


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・塩バタラーメン      600円
・しょうゆラーメン      600円
・チャーシューメン     900円
・カラミソラーメン      850円
・ぎょうざ(三個)      280円

◆新小金井街道と青梅街道の交差点を西に向かってすぐ左手。赤い派手な看板が目印。
住所:東京都小平市天神町1-167/最寄り駅:小平駅
営業時間:11:00~26:00(日祝は25:00迄)
無休


【にんにくや】(First Real)

にんにくや090725
◆らーめん+替え玉   700円+100円

◆小金井や他にも店舗があるお店で、夜のみの営業。多摩地区ではけっこー有名らしく、行列が絶えないとゆう噂やったんで、なかなか足を運ぶ気になれんかったんやけど、初訪問してきました。土曜の23時頃やったけど、待ち0人でちょうど席が空いたとこでした。ラッキー。
メニューの種類は少ないけど、オーソドックスにらーめんと、ついでに替え玉券も買っておく。

スープは背脂が浮いてるけど、うっすら醤油でかなりあっさり目の上品テイスト。たぶん女性にはこのライトな味がええんやと思う。おいらも一杯目はこのまま食べて、替え玉と同時にすりごま+生にんにくを投入し、食べてみた。すると、まったく性格の違うらーめんになって、繊細なだしにどしっと濃厚な旨みが加わり、このらーめんの本領が発揮される。たぶん店名のとおり、にんにくを入れて完成されるらーめんやろけど、ぶっちゃけどちらで食べてもうまいと思う。にんにくが入っても口あたりはよく、すっと抜けたかと思うと、ついまたひと口となってしまい、最後には結局スープ飲み干してしもた。

麺は細ストレートですが、少し柔らかめ。ちなみに替え玉やと固めで出される。こーいうらーめんで替え玉ってのは珍しいスタイルやな。
チャーシューは厚くて歯ごたえもある、うまみぎっしりタイプ。チャーシューメンが早くに売り切れてしまうのもわかる気がする。万能ねぎ、とけない海苔、もやしといった脇役トッピングも、シンプルながら隙がなく、実にいい演出してくれます。

生にんにくはサービスで、セルフでクラッシャー使って入れていくんやけど、こーいうの初めて使いました。隣の人の手際を見て、量もわからんかったんで、取り敢えず2個入れてみたけど、ちゃんと味は変わります。それにしても、上品さとワイルドさの二面性を持つ、意外とありそーでなかなかなかったタイプのらーめんやと思った。店主さんもとても感じがよくて、ちょくちょく来たいけど、付近に駐車場がないんが悩ましいな~。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・味噌らーめん     800円
・チャーシューメン   1000円

◆駅南口からまっすぐ延びる通り(バス通り)を12~3分位進んだ左側。途中青梅街道と交差するが、目星としてはここで半分位。
住所:東京都小平市学園東町436-1/最寄り駅:小平駅
営業時間:19:00~27:00
日曜日休み


【ラーメンショップ 小川店】(First Real)

ラーメンショップ小川店090718
◆ラーメン(大)   550円

◆関東圏にやたらと点在する、かの有名な『ラーメンショップ』です。が、公式ホームページのようなものは存在せず、味やスタイルも店舗ごとでけっこー違うらしい。統一されてる規格といえば、赤い看板に白字で書かれたひねりのない名称、そして思わず『おっ』と食べてみたくなるほど、堂々と書かれた“うまい”の文字等…。

値段がリーズナブルとゆーこともあって、おいらも学生時代は大学やアパート近くの『ラーメンショップ』に足を運んだものですが、ここんとこ10年位、何故かすっかりご無沙汰でした。最近、とあるHPで発見した今回の小川店のお値段を見てびっくりしたんで、せっかくの三連休やし(?)行ってみることにしました。

熱がすごくてお店の入口は開けっ放しだわ、巨大な扇風機が回ってるだわで、相変わらずの昭和カラーむき出しのスタイルでした。このお店、今どき結構珍しい“代引き”支払形式ってのもレトロですな。

ラーメン(大)を注文。『ラーメンショップ』では定番の薄底の水色丼ぶりにたっぷり盛られたらーめんがやってきました。直径30cmはあるな…そのスケールのでかさをお伝えしたく、ちょっとアングル変えて写真撮ってみたんやけど、よーわかりませんね。はい。

スープは背脂チャッチャ系ですが、スープは薄口醤油ベースなのかドライな味わいで、醤油味っつーより塩味っぽい。有名どころでは江古田の『いちや』『ラーメン一番』みたいなイメージに少し近いかも。どっちも学生街老舗系やしね。相変わらずの不自然な味はご愛敬。
麺はちょい細めのストレートで、大で2玉位ありそう。でも食べ始めるとするする喉越しがよく、意外にすんなり食べきれます。おいら的にはも少し麺固めのほうが好みかな。
トッピングもそれなりに充実してて、たっぷりのホウレン草が麺とマッチしててグーですな。チャーシューは気持ち固いけど。

久々に食した感想としては、かつての強烈な脂成分と化学調味料の印象は、多少おとなしくなったよーに思えた。でも相変わらずのガテン系らーめんで、肉食系の強い味方やね。今回たまたま小川店(小平)に立ち寄ってみたけど、『ラーメンショップ』巡りとかしてみるとオモロイかも。
ちなみに10年以上前ですが、埼玉県戸田市にある『ニューラーメンショップ ドモン』とゆうお店(当時は行列必至店でした)によくバイクで通ってました。今思うと、あそこも同系列やったんやろか…何気に“ニュー”が付いてるけど。

それにしても、このお店のコストパフォーマンスはもの凄い。ラーメン中盛・大盛は+50円であれだけのボリュームと満足感はありえん!しかも木曜やとサービスデーでラーメン300円とかになるらしい。

つー訳で、このお店にはスペシャルバリュー【お買い得度:5】を進呈したい。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ  
      麺  
 トッピング  
 お買い得度 (Special Value)

◆その他主なメニュー
・ラーメン        500円
・チャーシューメン  800円
・ネギラーメン     650円
・味噌ラーメン     550円
・餃子          350円

◆青梅街道沿い。新小平駅(武蔵野線)と青梅街道駅(西武線)の中間地点。
住所:東京都小平市小川町2-1290/最寄り駅:新小平駅
営業時間:8:00~19:00
日曜日休み


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。