≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【初代けいすけ】(First Real)

けいすけ120908
◆とんとろ炙りチャーシュー黒極み   930円

◆品川のラーメン&丼ぶりテーマパーク『品達』も他の店舗は一通り制覇したので、一番奥に構える『初代けいすけ』をオーラスに訪問。

『けいすけ』は二代目以降はあちこちで食べてたけど、初代は初めて。海老そばでも肉そばでもない、黒みそらーめんとのこと。なんかえらくてんこ盛りって感じの名前やけど、オススメメニューのやつにしてみた。

いきなり結論やけど、トッピングが豪華な他は特に印象に残らないらーめんって感じかな。

スープは真っ黒で竹炭が入ってるらしいけど、食べてみると札幌系によく見られる濃い合わせ味噌らーめんです。上品でとてもおいしいけど、インパクト系ではなく落ち着いて食べるタイプみたいやね。

麺はちぢれ弾力系で、これも北海道系味噌との定番組合せ。全体バランスは結構いいと思ったけど、強烈な魅力に欠けるのが残念。

一番だったのはとんとろで、これが柔らかくてうまかった。ただこれはトッピング単体の勝利。他にも半熟玉子や海苔とかもあるけど、こっちは特筆事項なし。

初代であること、テーマパークに代表として出店することから、店主のこのらーめんにかけるこだわりは伝わってくる。でもユーザーはシビアやと思う。好みもあるやろけど、おいらの中での“けいすけ”はやっぱり『肉そば』で、これが一番おいしい。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・スタミナ黒みそとろーり温玉のっけ 980円
・黒みそ味玉入り          880円
・ブラックカリー麺         880円
・烈黒担々麺            880円
・激烈担々麺            900円

◆駅から向かって左手(大崎方面)に線路沿いに1~2分程歩いたとこ。線路下でユニークな佇まい。
住所:東京都港区高輪3-26-20/最寄り駅:品川駅
営業時間:11:00~23:00
無休



スポンサーサイト

【旭川らーめん Saijo】(First Real)

Saijo101110
◆伝説塩らーめん   750円

◆『品達』に出店してるひとつで、塩らーめんが看板のお店。旭川では人気があるらしい。

じんわりコクと旨みのあるしっかりした塩スープ。にんにくも効いてるけど、ちょっと正体不明の顆粒のこの味は何やろ?鶏ガラそのもの?まさかな…。面白いのは、スープのしっかりしたうま味は、舌を通過するとさっと消えて、後味はすっきりする。う~む、スゴイ!それだけに、謎は深まる…。

ぶちっと若干の抵抗感がある麺は、おいら的に好きなタイプかな。スープとの絡みもなかなかいい。

しっかりとした食感で、食べ応えのあるチャーシュー。そして白赤が反転したなると。こーいうの、おいら的には何故かおいしく感じるんっすよ。

全体的に大人しめの仕上がりですが、独特の個性はしっかりある。塩らーめんの系統は一般的に、透明系(『ぜんや』『まるきゅう』など)と白濁系(『風来居』『香月』など)で大きく分かれますが、このお店は後者。“伝説”とゆうキャッチに思わず期待してもたけど、超えるものをたくさん知ってたから少し残念な感想。でもこーいう味って、ハマると結構固いファンが増えそーな気がする。あとここって、ランチ時にはミニご飯モノのセットが充実してます。『スープ茶漬け』『鮭マヨ丼』とか、確かにこの塩スープで食べたらきっとおいしいやろなと思いました。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・醤油らーめん  800円
・味噌らーめん  800円

◆駅から向かって左手(大崎方面)に線路沿いに1~2分程歩いたとこ。線路下でユニークな佇まい。
住所:東京都港区高輪3-26-20/最寄り駅:品川駅
営業時間:11:00~23:00
無休



【せたが屋】(First Real)

せたが屋100325
◆らーめん   700円

◆この日の夕方、品川に立ち寄る用事があったんで、『品達』によってみた。前回は『つけめんTETSU』に訪問しましたが、今回はこの『せたが屋』へ。三軒茶屋に本店をかまえる有名店ですな。

美しく透明感が残るオレンジ色の魚介+動物系のスープ。丁寧にブレンドされた煮干しはエゴさが全くなく、ごく自然に口の中を通り抜ける聡明な味。かつての昭和時代の中華そばを想起させてくれます。

中太のちぢれ麺は、あっさりスープとの絡みはやや弱いけど、これまた安心できるぷつっとした潔い食感がええね。

柔らかチャーシュー、絹ごしのよーなメンマ、スープに溶け込んだネギ、風味豊かな海苔など、トッピングも上品で隙がない。ただ、個人的にゆずは蛇足というか、せっかくのクリアなスープの妨げになる気がする。

ううむ、確かにらーめんとしての完成度はとても高い。このスタンスのらーめんでは非常に文句がつけにくい。ただ、サプライズを期待して食べてはあかんね。ここには、ただ誰もが遠い昔に食べた中華そばのリフレインがあるだけ。そして、ここのらーめんに求めるのはそこなんやろう。そういう意味では、ここまでストイックに突きつめたらーめんというのはめったにない気がしました。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・雲のらーめん(品川限定)   850円
・せたが屋らーめん        1000円
・黒豚魚ネギ餃子         500円

◆駅から向かって左手(大崎方面)に線路沿いに1~2分程歩いたとこ。線路下でユニークな佇まい。
住所:東京都港区高輪3-26-20/最寄り駅:品川駅
営業時間:11:00~23:00
無休



【つけめんTETSU】(First Real)

TESTU091026
◆つけめん   750円

◆品川駅高輪口にある、『品達らーめん(「麺達七人衆 品達)』『品達どんぶり(どんぶり五人衆 品達)』とゆう、らーめんと丼ものを集めたフードパークに行ってきました。出店舗のほうも『なんつっ亭』『せたが屋』など強豪がひしめく中、今回は『つけめんTETSU』に訪問。

店内のイメージは屋台みたい感じ。カウンター中心で、横断的で、ふたつに入り口を分断されたレイアウトも変わってて面白い。
券売機で『つけめん』を購入し、しばしの辛抱…。

つけ汁は、いわゆる“どろ魚粉豚骨”ってやつ。しっかり濃厚やのに、豚骨や魚粉は不思議と舌にまとわりつかず、まろやかで優しい味わい。
むにっとした保湿感のある麺は、スープの濃さに合わせた太めのストレートタイプで、ちょうどええ歯ごたえがうまいっす。
そしてつけ汁に入ってる乱切りとろチャーシューがこれまたうまい。おまけにメンマも香り豊かで、ボリュームたっぷりてのもうれしい。

麺にがっしりとからむので、最終的にスープはあまり残らないのは、おいらがつけめんに期待する役割としてはすごくうれしい。それに、スープ以外にも麺、トッピングとも、どれも想定以上のおいしさです。


TESTU091026_2

さてと、TETSUに来たらこれを試さんと。“スープが冷める”というつけめんの永遠のジレンマ(一流の人に言わせるとそーでもないらしーけど)を変わったアプローチで解消しようという、ここの名物『焼き石』投入サービス。

この日は普通盛りで七分程食べ終わってて、実はそれ程必要なかったんやけど、まあせっかくやしね。石は漆黒でつるっとしてて、別途用意されてたレンゲの上に直に乗せてくれる。

TESTU091026_3

じゅっと派手な音がする割には、スープ全体が沸騰した様子はなく、ちょっと時間をおいて食べて見たけど、う~む。。。むしろ卓上にあるスープ割りのほうがあっため効果あるよーな気もするけど、まあそれは言うだけ野暮かな。奇抜なアイデアとパフォーマンスに一票ずつってとこか。最後までおいしく頂きました。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・あつもり   750円
・煮干そば  700円
・特製     1000円

◆駅から向かって左手(大崎方面)に線路沿いに1~2分程歩いたとこ。線路下でユニークな佇まい。
住所:東京都港区高輪3-26-20/最寄り駅:品川駅
営業時間:11:00~23:00
無休



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。