≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【天下一品】(17th Real)

天下一品101126
◆ラーメン(大盛)   700円+130円(クーポン使用で100円引き)

◆この間、新宿で久々に食べたら、全店で使えるクーポンもらったやん。なら江古田店か。てなわけで、仕事で疲れた体を癒しに江古田へ。
ここはセットものが色々あるけど、クーポンはラーメンしか使えんのでこってり大盛で。

前回新宿西口店(ソフト路線)+前々回は高田馬場店(こてこて路線)で初めて食べたせいか?江古田店のこってりは随分大人しくなった印象。あれ…こんなやったっけ?

エッジの立った固めストレート麺、淡泊なチャーシューやメンマ。これらもスープのどっしり構えた力強さなくしては、随分弱々しく感じてしまう。あらためて、天一を支えてるんはスープやなと思った。


ちょっとうなだれて帰路へ。次に来る時はかつての江古田店に戻っててほしいな…。









【後日談】

この直後、アメトーークで『天一芸人』やってました。『餃子の王将芸人』の二匹目のドジョウぽい内容でしたが、翌日は新宿西口店で店外まで行列になってて、びっくり。すごいな…

まあ、そーいうおいらも早速“新しい情報”を得たんで行ってみたんやけどね。そして実際に試してみると…

















唐揚げめっちゃレベル高い!




天一に20年近く通ってて知らんかった…



新宿西口店では唐揚げ定食(990円)として食べたんやけど、ご飯もギュウギュウに入ってて、満腹になります。

唐揚げの皮はパリパリ、中はジューシーで、最初から味付いててそのままでもうまい!らーめんのチャーシューがかすむおいしさです。江古田店の失意があっただけに、天一の新しいステータスにちょっとうれしく感じた冬の夜でございますねー。


◆えいけん的ランク(総合評価)“A” (RANK DOWN)
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン   900円
・餃子定食       950円
・チャーハン定食   950円
・日替わりセット    810円

◆駅南口から右手のマクド路地に入り、すぐ突き当るので左に折れる。『福しん』の角に突き当ったら右。最初の角を左に曲がって(BOOK OFFがあれば正解)千川通りへ。武蔵大方面に向かって歩いた左手に。江古田はかなり道が斜めに入り組んでるので、最短距離を歩くのは難しい!
住所:東京都練馬区豊玉上1-20-1/最寄り駅:江古田駅
営業時間:11:00~27:00
水曜日休み


スポンサーサイト

【無鉄砲】(First Real)

無鉄砲101031
◆とんこつラーメン(大盛)   750円+100円

◆大阪で有名らしいお店の東京進出で、色んならーめん本で1位になったりメディアで紹介されたりと、今年8月の開店から数カ月でたちまち名前だけはやたら耳にするよーになりました。これはさらに知名度が上がる前に一度行っとく?てな訳で、土曜の夜に車をかっ飛ばしてきました。こんな時間でも店外2人程の待ち。回転率はええらしく、5分もせんうちにカウンターへ。

券売機でスタンダードのとんこつラーメンで。替玉もできるけど、食べる気満々やったんで大盛に。らーめんは好みのアレンジができ、麺かため+ネギ多めにしました。

程なく登場。丼の淵まで背脂がどっぷり…。スープを一口、おーっと、かなり純度も濃度も高いこってりスープ。これはジャンクやが、乾いた感覚の豚骨スープは、臭みなくずしーんと口の中から胃に届く。でも化調的ないやな重みはなく、素直においしい。

固めの麺は平打ちタイプ(替玉すると細麺もできるらしいが)。こーいうスープにぼそっとした食感の麺は意外やった。おいしいんやけど、関西ストレート系の麺のほうが合う気もするかも。

チャーシュー最高!関西人が大好きな味やなあ。薄味やけどじっくりうまみが伝わる。海苔やメンマ、九条ネギも濃いらーめんで疲労した舌の回復にちょうどいい。

途中で卓上のにんにくしょうゆとすりごまを追加してみる。実はこれもクチコミで知ったんやけどね。風味とコクが加速して落ち着いたおいしさになる。とはいえ、二つともそんなに入れんかったせいか、変化の度合いは割と想定内かな…。


さて、こっからが無鉄砲の真のオリジナリティ。
らーめん食べてて重くなってきたんで、サービスの“追いスープ”を依頼。あっさり豚骨もあったけど、ここは魚介をチョイス。店員さんが最初適量を注いでくれました。
まず魚介スープだけを単品で飲んでみると、すっと上品なだしの香り。次にとんこつとブレンドしたスープを飲んでみると、さっきまでの重いスープはがらりと形を変え、あっさりしたWスープに。ううむ、暖かくておいしい。シメは間違いなくこっちやな。

飽きずに大盛でもさくっと完食。らーめん一つでこれだけ色々変化を楽しめるトコは他に思いつかない。オペレーションもテキパキしてて、サービスもええし。さすがは評判のお店、階段登る早さが違う。それでも食後暫くは食べ物見たくなかったけど、とってもおいしかったです。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・とんこつチャーシューメン  1000円
・ギョーザ(6コ)         400円
・替玉               100円
・ライスおかわり自由      250円
・ライス(中)           150円

◆新青梅街道沿いで、環七と中野通りの中間地点。すぐ近くに同資本つけ麺専門店『無極』もある。
住所:東京都中野区江古田4-5-1/最寄り駅:新江古田駅 or 沼袋駅
営業時間:11:00~15:00  18:00~23:00
月曜日休み



【ラーメン一番】(3rd Real)

ラーメン一番100528
◆一番ラーメン(塩)   950円

◆疲れ果てた金曜の夜…このままでは土曜も出社やけど、週末になると仕事のペースも乗ってきて、ホントは効率的なんやけどね。まあ今日も遅くまで頑張ったし、せっかくの週末とゆーことで、どっからーめん屋さんに寄っていこかな…。

ところで『カイジ』という漫画がありますが、この中に出てくるキャラクターのセリフは本当に重い。作者が脳に必死に汗をかいて創り上げた“テーゼ”が、読者にも強烈に伝わってきます。そんな『カイジ』の第三部で登場する地下強制労働場の班長(こいつがまたなかなかの悪党)のセリフ…













『カイジくん…。








自分へのご褒美というのは、
小出しじゃダメ なんだ…』




















何やの?コイツ!!なんでこんな哲学者がこんな地獄のよーなトコで地味に働いてんの?!!



いやあ~素晴らしい。
この男の名言は、日常の色んなシーンでおいらに囁き、脳の奥を揺さぶってくれます。





…とまあ、大した意味もなく前置きが長くなりましたが、こーいうときは大好きならーめん屋さんに行こうってことで、少し歩くけど江古田の『ラーメン一番』に行ってきました。途中この沿線から引っ越してから随分ご無沙汰になってしもた時期がありましたが、かれこれもう10年以上のお付き合いです。

この日は入るとちょうど一席空いてました。ここは正油・塩・味噌と揃ってますが、今回はすごい久々に塩をオーダーしました。前回食べたのはもう7~8年以上前だったと思いますが、確か味はおいしかったけど、食後に半端ない喉の渇きに襲われた遠い記憶があったもんで。


しかし出来上がったこのらーめん、食べる前にその香りで“強い予感”がした。
そしてスープを一口…





えっ、なにこれ?


思わず取り乱してしもうた。
さらっとした脂身はすっと喉を抜ける。そして同時にさざ波のように押し寄せる激しい旨さ。塩は尖ってないのに脳に刺さる強いインパクト。細かく刻んだ葱のとろみと、胡椒がアクセントになって焼き鳥のネギ塩みたいな風味もある。夢中になってスープばっか飲んでしまう。

すごいな…。『ぜんや』みたいな洗練さはないけど、これはまさに一つの塩らーめんの完成型やと実感した。

そして細く固めのストレート麺は、あらゆる具材と相性がよく、まとめて胃袋へ放り込んでいく。そのぶつっとした心地よい歯ごたえに、思わずほころんでしまう至福のひと時。

好みはあるやろーけど、昔ながらの固ゆで味玉に、ぱさっとした3枚のでっかいチャーシューが一番ラーメンの特徴。他にもやしやコーン、メンマも入ってます。


駅からも遠く、ちょっと半端な場所柄しょっちゅうは来れないんであまり覚えてないけど、3つの中で『塩』が一番個性的なテイストなのは確か。つまり好みも分かれるっちゅーことやね(バランスやと『正油』かな…)。
そして食後も思ったほど血液中塩分濃度が高まる様子はなく、意外にスマートな満足感。おいら的には週末のご褒美には満足すぎる、とても素晴らしいらーめんでした。『塩』は思い切って“AAA”にしてしまおーかな。

そーそ、営業時間が30分早く開店になったよーです。あと水曜は定休ではなくなったらしい。ローテーション的には次は『正油』か…。


◆えいけん的ランク(総合評価)“AAA”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・一番ラーメン(醤油)     950円 オススメ!
・一番ラーメン(味噌)     950円 オススメ!
・ラーメン(各種)        750円
・チャーシューメン(各種)  1000円
・オロチョン            50円~
・各大盛             200円

◆北口から桜台方面へ向かって最初のT字路を右、浅間神社の脇の道をひたすら進む。いつのまにか北西を向いてるので、環七にぶつかったら右に曲がって道沿いを進む。随分距離があるように思えるが、男の足なら駅から6分程度。有楽町線小竹向原or新桜台駅からやとさらに近い。
住所:東京都練馬区小竹町2-74-8/最寄り駅:江古田駅
営業時間:18:30~27:00
日・祝日休み


【天下一品】(15th Real)

天一100319
◆ラーメン(大盛)   700円+130円

◆う…美しすぎるで、このビジュアル!そして、うまっ!!江古田の天一は相変わらず東京随一ですな。九条ネギとベジポタスープの相性はこれ以上のもんないんとちゃうかと思うくらい出会いのものです。

麺は相変わらずエッジの立った粋なストレートで、ちょっと麺同士でもつれてるけど、どろスープにびっちり絡まっておいしい。そして肉本来のうまみがしっかり閉じ込められたチャーシューは、数ある天一の中でも特に秀逸の出来。
大盛にしたけど、この日は腹ペコやったんでまだ物足りなかった。天一のらーめんはごはんが一緒に欲しくなるしね。この店はオリジナルのセットメニューが豊富なんで、今度は試してみよーかな。おばちゃんのフレンドリーな接客も相変わらずほっとします。

◆えいけん的ランク(総合評価)“AAA”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン   900円
・餃子定食       950円
・チャーハン定食   950円
・日替わりセット    810円

◆駅南口から右手のマクド路地に入り、すぐ突き当るので左に折れる。『福しん』の角に突き当ったら右。最初の角を左に曲がって(BOOK OFFがあれば正解)千川通りへ。武蔵大方面に向かって歩いた左手に。江古田はかなり道が斜めに入り組んでるので、最短距離を歩くのは難しい!
住所:東京都練馬区豊玉上1-20-1/最寄り駅:江古田駅
営業時間:11:00~27:00
水曜日休み


【○福大勝軒】(First Real)

○福大勝軒100205
◆和風もり(中)   780円

◆名前の通り大勝軒系のお店ですが、品質&オリジナリティが高いらしく、この系列の中でも特に人気の高いお店です(スープ切れが早く、いつも定時前に閉店の印象)。そしておいらも初訪問です。

巷で評判の『和風もり』を中盛で。和風といっても、単なる魚粉プラスとかではなく、うすく煮たかぶやキメ細やかな玉子豆腐、細切りされたしそなど、本当に和の上品なスタイルです。いっけん武骨なつけめんに対して、足りないピースがびたっとハマったような美しいビジュアルやねえ。特にかぶのGREENと、つけ汁のとき卵?のYELLOW。かつてこれほど視覚に訴えるつけめんがあったやろーか?いや、ないね~

そのスープは粘度も魚粉もバランス型やと思う。直でも飲めます。
そして麺は大勝軒そのものを回帰させる食感と小麦のおいしさが楽しめる。ここはオリジナル踏襲て感じやね。
そしてトッピングは見た目以上にとにかく豊富。つけ汁の底にもしめじやつくね団子、ゆず、ささみなど沢山入ってて、『まだ何か入ってるぞ、次は何やろ?』と、スープをすくうのも楽しいです。おっと、大勝軒のシンボルともいえる、なるとも忘れずに食べないと…。

麺は中盛りで300gだそーですが、さくっと食べれてしまいます。和風ならではの優しさ+後味の良さも◎やな。
『青葉』に対する『斑鳩』と同じく、メジャー銘柄の単なる暖簾分けでない、スピンオフの好例とも云える高レベルのお店です。淡白ながらもりだくさんな“和”のインパクトが強すぎて、本体があまり記憶に残らんかったので、次は『ラーメン』『もりそば』で冷静に比較してみたいな。

それから、お店の入り口には看板か?と思えるよーなおっちゃんがいます。いっけん難しそーな印象(失礼)ですが、お客さんの動向に応じて素早いオペレーションをされるので侮れません(笑)。ちなみにこのお店はカウンターの向こう側が極端に狭く、店員さんは大変そーでした。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・もりそば(小)  650円
・もりそば(中)  680円
・もりそば(大)  700円
・もりそば(特)  750円
・味噌もり(小)  700円
・ラーメン(小)  550円

◆駅南口から線路沿いに桜台方面に向かって歩く。ふたつめの角を左に曲がってちょっと歩いた右側。
住所:東京都練馬区栄町4-7/最寄り駅:江古田駅
営業時間:11:00~21:00
水曜日休み



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。