≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【どらえもん】(First Real)

どらえもん110618
◆どらえもんそば     800円

◆沖縄そばはらーめんとは違くて、内地でいう日本蕎麦みたいな位置づけかも知れませんが、当ブログではらーめんの延長としてレビューします。

国際通りは食べ物屋も飲み屋も観光客向けのテイストに調整されてて、よくいえば味付けが穏やかでクセがない。最終日、フライトまで時間があったので国際通りに再訪し、この街では有名などらえもんそば(てびち、三枚肉、ソーキが入ってる)を食べてみました。

和風だしのあっさりスープがとても飲みやすくておいしい。小麦100%の麺は沖縄そばにしては細めで、弾力も少しあり、らーめんに近い感覚で食べれます。

ここの主役は丼の中心に牛耳ってる三種類の肉。まずソーキ(つまりスペアリブね)は、骨にこびりついた肉がうまみ凝縮され、じんわりうまい。
テビチは豚足のことで、食べ慣れないと少しくせがあります。ここのテビチも同様ですが、付帯の紅しょうがと一緒に食べれば問題なし。
最後はラフテー。甘じょっぱく煮込まれた肉は、ゼラチンと締まった身が見事な一体感を出してて、まるでよくできたトンポーロ。特にこれが最高でした。

それから、やわらか弾力の沖縄かまぼこも忘れてはならないトッピング。

う~ん、うまい。ガイドブックでは色々なお店が紹介されてますが、ここの一杯で沖縄そばがまるごと楽しめると思います。全体的にボリュームもあって、今回の旅で食事した沖縄そばの中では圧倒的一番の味でした。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・三枚肉そば   650円
・大盛そば    650円
・宮古そば    500円

◆住所:沖縄県那覇市久茂地3-2-17/最寄り駅:県庁前駅
営業時間:11:00~23:00
無休



スポンサーサイト

【通堂】(First Real)

通堂110615
◆ランチセット   800円

◆沖縄レビュー2回目にして、純粋ならーめん体験記はこれで終了です(早っ!)。理由は後述。今回は口コミで人気の『通堂(とんどう)』へ。研修所の近くやったんで、ランチを食べに行ってきました。15分程歩いただけなのに、猛暑なんで汗だくです。うひー

ここはおとこ味とおんな味の二種類のスープがメイン。沖縄そば風のおんな味も捨てがたいけど、ここは看板であるおとこ味にしてみた。ランチセットがおとこ味+食事(今回は豚肉プルコギ)でお得な感じなのでこっちで。

やってきたセットをみてびっくり。小丼かと思ったら、がっつり定食スタイル。
ミョウガが入った冷や奴、ニンニクの芽たっぷりの焼肉、サラダ、そしてご飯。らぁめんはやや小ぶりですが、全体ボリュームは凄くあります。らぁめん単品が690円なことからも、これはかなりお得。

先にプルコギを食べてみた。一品としても十分うまいけど、味付けがインパクト系なので純粋にらーめんレビューがしにくいかな…。

らーめんのほうは、見た目は完全に博多系豚骨。固さは好みにより調節できるよーです。飲んでみると、背脂がまじった豚骨スープは煮込みが徹底されてるのか、クセは感じられない。野菜とかも入ってるみたいですね。唐辛子も散らされてて、ややアレンジされた感じ。

麺はふつっと頼りなくも特徴的な食感。固めのそうめんみたいな感じ。味はちょい弱いかな。らーめんを食べてるとゆう感じとも少し違う気がする。

トッピングの主役、二種類のチャーシューはうれしいっス。ただ想像に反して、薫製された見た目普通のチャーシューのほうがうまい。色のついた方は分厚いけど意外にタンパクな味。きくらげはしっかり味がついててうまい。卓上のもやしが食べ放題なのも箸安めにいい。

ここのらーめん、沖縄ではトップクラスにレベルが高いようですが、全国のらーめんをそれなりに試してきたおいらとしては、どうも個性が抜けきれず、もう一歩(エラソー…)。

現地での生活に長い友人に聞いてみると、沖縄でらーめんというジャンルはあまり開拓・洗練がされてないらしい。確かに以前来た時からも、らーめん店の絶対数も変化してない感じがする。まあ南国ではらーめんを年中通して食べるのはきついやろしね。地元食である沖縄そばともスタンスが違うみたいです。

そんなわけで、後半は純粋に沖縄の食べ物全般を紹介していこーと思います。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・おとこ味らぁめん  690円
・おんな味らぁめん  690円

◆ゆいレール小禄駅北側から金城公園方面へまっすぐ50m程歩いて右側。
住所:沖縄県那覇市金城5-4-6/最寄り駅:小禄駅
営業時間:11:00~25:00
無休



【天下一品 小禄店】(18th Real)

天一110613
◆こってりラーメン(大盛り)   650円+100円

◆日曜の昼下がりに那覇空港に到着。こっから土曜までの1週間、結論から言うと殆ど毎日飲み会やったため、なかなからーめん食べれませんでした。

そんな中、最初にらーめんを食べる機会がやってきたのは月曜の飲み会後。Webで地域No.1店とかチェックするも、今回は時間が時間だけに余裕がないので、まずは最寄りの奥武山公園駅にある『天下一品』から攻めてみる。沖縄一発目が京都発祥のらーめんてのもアレやけど、こんなとこに天一が…となんかほっとしました。

飲んだ後で満腹中枢がマヒってたのと、らーめん食べたいストレスで、迷わず大盛りで。にしても沖縄は天一すら価格安めでうれしい。

メニューには“こっさり”もあったけど、やっぱ定番の“こってり”で。にんにくも選択できるので、今回は抜きにしてみました。
飲みの後でも意外と味覚は残ってた。ただ…あれ?“こってり”にしたハズが、さらさらスープで粘度は弱いぞ。これは東京以上にあっさりしてる。

麺は細くて独特のかんすい?の味がない。とーぜんスープとの絡みもいまいち。あと九条ネギでないのは残念やった。

店内には、『三回食べると病みつきになる』というフレーズ(どっかで聞いたよーな…)ですが、このライト感だとなあ。あるいは、暑苦しい沖縄ではこれが丁度ええんかな?インパクトも弱かったんで、いっそにんにく入れればよかったかも。スープは天一らしくなく、熱々でした。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・こっさりラーメン  650円
・あっさりラーメン  650円

◆ゆいレール奥武山公園駅南側の通りを首里方面へ100mほど歩いた右側。
住所:沖縄県那覇市鏡原町10-2/最寄り駅:奥武山公園駅
営業時間:11:00~26:00
不定休



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。