≪ 2006 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2006 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ラーメン二郎】



◆ラーメン 600円

◆えいけん的ランク:"C"



◆今回は拡大に拡大を進めているオリジナルラーメンの二郎を紹介です。ラーメンファンの方にはご存知の通り、このお店のラーメンは非常にインパクトが強くて、これほど好き嫌いがはっきり分かれるラーメンはなかなかないんとちゃうやろか。いわゆる一般的なラーメンを期待して食べると大きく裏切られるかも知れんけど、はたまた二郎はラーメンとちゃう!という意見も多いらしく、”ジロリアン”とゆーマニアな愛称ができたりするのもきっとコアなファンが多いからやね。

たしかにこのラーメン、カテゴリとしては背脂醤油系ではあるけど、スープ・麺・具材がそれぞれ一直線な主張をしてて、かなりクセがあることは間違いないです。実をいうとおいらも学生時代に初めて食べたんやけど、第一印象としては『ま、まず~~・・・』でした。本当は今でも大好きという訳ではないんやけど、このラーメン、不思議な魅力があり、何故か時々食べたくなってしまいます。



二郎はお店によって味が結構違うらしいです。おいらは赤羽と歌舞伎町と今回紹介の小滝橋通り店しか経験したことがないんで、あまりえらそーな事は言えませんが、これから色々食べあるいて比較していくのもええかなと思てます。



注文時に野菜とか脂とかニンニクとか追加できるシステムですが、おいら二郎はまだまだビギナーなので、通常は何もなしでオーダーします。

スープは背脂と油の浮いた透明な中に醤油が沈殿してます。食べるときは混ぜて味を均一にするのがポイントで、こうすることにより醤油が結構強くなって、意外と脂分は気にならなくなります。麺は少し細いうどんといった小麦メインな感じで、ごつごつしてますが食べ応えは充分です。トッピングのモヤシと一緒に食べると歯ごたえが楽しいです。チャーシューはスライス型でややインパクトが弱いかな。他のお店のチャーシュー(豚)はブロック型でもっと甘みがあった気がしたので、このお店独自かも知れません。

二郎ってオリジナリティが強うて正直なところ評価がとても難しいんですよ。主観的な意見ですけど、良くも悪くもジャンクです。でも洗練されてないという訳ではなく、その人気はファンの多さが物語ってます。ずっと守られて欲しい味ですね。



◆アクセスは新宿から小滝橋通りを大久保方面へ。武蔵や大島ラーメンも越えてひたすら進むと右手に黄色い看板が見えてきます。

住所:東京都新宿区西新宿7-5-5/最寄り駅:西武新宿駅orJR新大久保駅

スポンサーサイト
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。