≪ 2006 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2006 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【もちもちの木】
もちもちの木060802

◆つけ麺(小) 700円
◆えいけん的ランク:"B"

◆また『もちもち』へ行ってきました。そーとーお気に入りのよーです。今回はつけ麺についてレビューしたいと思います。
このお店独特の熱烈魚介スープは中華そばと同じく、器まで熱いです。しかも冷めたら暖めなおしてくれるっちゅー徹底ぶりなんはすごい。これに三つ葉がたっぷり乗ってて食欲をそそります。スープは最後そのまま飲めますが、中華そばと比べてやや味が濃いです。スープ割りしてもらえるのかな・・・?
麺は中華そばと違って中太麺ですが、コシのあるみずみずしい麺で後味スッキリ!これまた美味しいです。具は刻みチャーシューとナムルですが、特にナムルがんまいです。これはつけ汁に入れずに箸休めに食べると最高です。こういうこだわりがつけ麺としての完成度を確固たるモノにしてるんやね。
このお店、つけ麺のレベルも相当なもの(こっちのがファンな方も多いんでは?)やけど、穂先メンマが味わえないとゆーのが残念です。単純に好みの差かもしれんけど、つけ麺の評価はちょっと控えめにさせて頂きました。

全然関係ない話やけど、最近劇団ひとり氏の『陰日向に咲く』とゆー小説を読みました。ちょっと興味のある芸人さんやったので手に取ったんやけど、これがなかなか面白かったです。
自己の内面に向かってアイデアを絞り出す小説家とは対極なイメージやけど、芸人はエンタのプロなわけで、この作品からはそのダイレクトなサービス精神が気持ちいいほど伝わってきます。内容は未読の方の為にここではお話できませんが、文章力がある人なのでずんずん引き込まれてしまいました。(おいらも見習わねば・・・)
あ、決しておいら編集部の回し者でも、氏の親類とかでもないです。純粋におもろい作品に出会ったのは久しぶりやったのでちょこっと載っけてみました。続編とか出てほしーな・・・


◆アクセスは新宿から小滝橋通りを大久保方面へ。区役所通りよりちょい手前の左側にあります。
住所:東京都新宿区西新宿7-7-25/最寄り駅:西武新宿駅 or JR大久保駅

スポンサーサイト
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。