≪ 2006 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2006 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【じゃんず】



◆梅塩汁そば(中太麺) 800円

◆えいけん的ランク:"A"



◆少しずつ寒くなってきてらーめんが美味しい季節ですな。まあおいらは年中食べてますが。冬のらーめんもいいですが、夏の暑い日に汗だくになってスープをすする喜びはこれまた至福で、冬では決して味わえませんね。



さて、今回はじゃんずの限定メニュー『梅塩汁そば』を試してみました。麺はもちろんビール酵母入りの中太で。やってきたらーめんからは、ほのかにお茶漬けをイメージしてしまうような香りが。見ると真ん中にでっかい南紅梅がのってるやん。そして白濁のスープをすすると、すっきりした、でもしっかり自然な旨みの鶏だしに加えて、煮魚の甘いだしが感じられて見事なベースが出来上がってました。これに白ゴマと南紅梅が合わさると、もはや塩らーめんというよりも、まるで極上の茶漬けみたいや!

麺は中太とはいえややごっつい印象で、ちょい硬めですががつがつ食べれていいです。それにこの麺、スープとの相性はもちろんですが、梅と一緒に食べてもこれまた美味しいです。あとは自家製のちょい歯ごたえ強めなメンマ、チャーシューが二切れ、カイワレ、白髪ネギ、海苔、焦がしネギといったとこです。ノーマルやとそれぞれボリュームがおとなしめ(特にチャーシュー・・・いい出来なだけに)なので、やっぱり特製にすればよかったかな?

それから最後にこのらーめんの最大の特徴である南紅梅。大きめで果肉もたっぷり。もちろん梅干としての主張はあるものの酸味が比較的穏やかなので単独でもんまいです。他店でも塩らーめんに小梅がのってるトコがあるけど、こういった”装飾”としての梅とは全く性質が違ってて、このじゃんずの梅塩汁そばに”なくてはならないもの”と言い切れるほど、おいら的に大いなる一体感を感じました。ちなみに梅は抜くこともできるよーですが、おいら的にはありえないです。



◆練馬駅から東にある警察署の通りを南へ進んで、目白通りにぶつかったら左手斜め向かいに見えるCoCo壱(カレー屋さん)右側の道を3分程進むと、左手角に見えてきます。

住所:東京都練馬区豊玉北4-21-3/最寄り駅:練馬駅

スポンサーサイト
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。