≪ 2006 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2006 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【えるびす】



◆極みとんこつらーめん 700円

◆えいけん的ランク:"C"



◆う~ん、最近ネタがマンネリや。あまり新しいお店開拓する時間もちょっとないんで、既存のお店の新メニューでも漁ってみっかな。

てなわけで、噂のメニューがある『えるびす』東口店に行ってきました。こっちのお店はおいら初めてでちょっとドキドキやったけど、レイアウトやイメージは西口店の奥行きがちょっと広くなった感じで違和感ありませんでした。



さて、名称からとんこつ好きなおいらの心を弾ませてくれる、”極み”とはいかほどのもんやろか。この『極みとんこつ』は中盛サービスがなく、替え玉100円で提供してくれるらしい。ま、まずは食べてみてからや。

出てきたドンブリはスタンダードな醤油タイプのような底深な赤いヤツではなく、扇状に広がる白いドンブリで、九州らーめんぽく皿の上に乗っかってました。

スープはクリーム色で、熊本系によく見られるにんにくチップ片が浮いてます。このスープ、濃厚さよりもマイルドですっきりした優しい味わいで、特に女性に好まれるタイプかも知れません。しかしこのスープに浮いているにんにくチップ片に落とし穴が・・・。実はおいら何故かにんにくチップはやたらと安直で安っぽいとゆー偏見を持ってるんやけど、これって少量の割りにインパクトが強くてスープ本来の味が殺されてしまうものという印象があります。おまけに食後の後味の悪さを強調してしまうとゆーもので、やっぱり今回このらーめんにもにんにくチップは不要やなと思いました。

麺は絶妙な固さのストレート細麺で、食べ終わる頃には少し柔らかくなるものの、湯で加減は非常においら好みでした。トッピングも九州系スタンダードで、万能ネギ・メンマ・きくらげ・ちゃーしゅーとシンプルです。今回おいらが食べたとき、どデカいちゃーしゅーの下にまたちゃーしゅーがあって、これだけアンバランスにボリュームがありました。店員さんのオペレーションミスなのか、サービスなのかはもう一度このメニューをオーダーせねば判明しないやろね。ただし再度チャレンジするかどーかは微妙。替え玉のオーダーも踏みとどまりました。このメニューは残念ながらちょっと名前負けしてるよな・・・



◆池袋東口から左(北)に進む。豊島区役所手前の道を左に入ってすぐ。

住所:東京都豊島区東池袋1-39-6/最寄り駅:池袋駅

スポンサーサイト

【たいぞう】



◆節骨らーめん 680円

◆えいけん的ランク:"B"



◆池袋の名店『たいぞう』に行ってきました。今回はスタンダードな節骨らーめんで。

実はこのらーめん、随分久しぶりに食べたんやけど、昔の印象とずいぶん変わったよーな気がしました。魚粉がふんだんに使われた芳醇なしょうゆ味で、Wスープ系としても優等生的な味には変わりないんやけど、透き通るようなその味わいは反対にインパクトの弱さが印象的でした。ただ、もちろん薄味やからとゆー訳ではないと思う(おいら自身、薄味好みやし)。今回の感想としては、どこか得体の知れない”何か”が足りない気がしました・・・。

麺はやや太目で固めとゆー、独特な口当たりと歯ごたえです。これはこれで美味しいんやけど、個人的にはちょっとストライクゾーンから外れ気味かな。メンマは切り口も歯ごたえも豪快でうまい!



ちなみに節骨らーめんこってり味というメニューが増えてました。せっかくなんで今度これを試してみよう。



◆池袋北口から左に進んで、吉野家手前の道を右に入ってちょっと歩いたところ。

住所:東京都豊島区西池袋1-24-8/最寄り駅:池袋駅

【新高揚】
新高揚061125

◆らーめん(中盛) 682円
◆えいけん的ランク:"A"(RANK UP!)

◆えっと・・・色々と忙しくて更新がすっかり途絶えてました。見に来てくれてた皆さんには深くお詫びします。これからまた頑張りますのでどぞよろしくお願いします。

新高揚に行ってきました。このお店は新宿では比較的地味な存在やけど、その完成度の高さと他のお店にはないオリジナリティがあって、何年も新宿の一等地で経営されてることがその根強さを物語ってます。
らーめん中盛りを食べました。トッピングはチャーシュー、メンマ、さやいんげん、ネギとシンプルなもんですが、どれも箸休めどころからーめんを素晴らしく引き立てます。(あ、でもさやいんげんは微妙かな。個人的には好きやけど)あっさりコク旨なスープと、ちょい柔らかめやけどコシのある歯ごたえの麺はいつ食べに来てもそのクオリティは変わりません。改めて思ったんやけど、もしかしたら新宿で最も変わらないらーめんの一つかも知れませんね。いつまでも残っててほしいな・・・。

◆新宿駅南口から甲州街道を笹塚方面へ。ファッキンの交差点を北に折れて二つ目の角を西へ。地下にあるお店です。
住所:東京都新宿区西新宿1-16-13/最寄り駅:新宿駅

【花月】



◆ニンニクげんこつラーメン醤油 620円

◆えいけん的ランク:"A"



◆今回は花月のスタンダード、ニンニクげんこつラーメン醤油味の紹介です。てな訳で、西東京のお店(嵐)に行ってきました。

背脂のたっぷりのったスープは程よいインパクトで、こってり派でもあっさり派でも受け入れられるタイプやと思います。とは言っても、カロリーが気になる方にはお勧めできませんが。ただ食べてるときはそれ程キツく感じられんけど、食後はみそよりもニンニク感がどっしりと来ます。麺はちょい柔らかめの中太麺でこれまたほっとする味です。

トッピングはネギ、海苔、ゆで玉子、メンマとこの辺りは相変わらずでしたが、ちょっと気になったのがチャーシューの調理方法がアレンジされたんか、フチの歯ごたえが強くなってます。内側はこれまでと同じく、ニンニクの香ばしさが広がる柔らかい仕様のままやけどね。

・・・ふむ、醤油を食べたのは数年ぶりやったけど、やっぱりおいらはみそのが合ってるなと思いました。ただ商品としての安定度はグンバツで、やっぱりおいらにとっては学生時代を思い出すかけがえのないらーめんです。



◆今回は西原町店に行ってきました。駅北口から所沢街道にぶつかったら、東久留米方面(左折)に向かって進む。郊外店だけに、ふつーに歩っていくと結構距離あるかも・・・。

住所:東京都西東京市西原町3-9-14 /最寄り駅:田無駅

【揚州商人】



◆揚州ラーメン(醤油) 670円

◆えいけん的ランク:"A"



◆中国系ラーメン屋である揚州商人へ行ってきました。実はこのお店、ここ数年で一気に店舗が増えてきたらしく、池袋西口店の存在を知ったのも実はごく最近やったりします(オープンは約1年前らしい)。

さてそのお味ですが、スープは透明感があり、薄口なんやけどコクがあって、かつ後味もびっくりするぐらいすっきりしてます。麺は細くてちょっと頼りないそうめんのような食感ですが、これがまた醤油味に馴染んでてまさにスープ感覚です。がっつりした手ごたえはないけど、この抵抗のいらない軟弱な感覚はすばらしい発想やと思います。

次はトッピング。ピンクの縁どりがなされたハムのような風味のチャーシューはいわゆる日本でチャーシューの代表的存在である煮豚とは全く異なり、淡白なようで実はしっかり味が閉じ込められてて、これはこれなりのよさがあります。メンマは自家製っぽくて硬すぎず柔らかすぎない食感にはまさに脱帽。『もちもちの木』のメンマとは全く異質ですが、極上の出来やと思います。そして極めつけは、懐かしい想い出が蘇るよーな、少し塩辛い煮玉子。昭和時代を彷彿させ、思わず涙が出そうになります(大袈裟?)。これにホウレン草、ネギとスタンダードですが無駄のない組み合わせです。

それから中国っぽい細かな絵柄が施された底の深い大振りな器(の割りに量が少ないのは残念やけど)は、さながら『酔拳』でジャッキー・チェンが食べてるよーな拉麺を思い起こさせます。あれってすごい旨そうなんよな・・・。



全体的には鼎泰豊にも似たイメージを持ってますが、かなりいい感じに日本風アレンジが施されてて、これは通い詰めたくなりますな。お水がさりげなくジャスミン風味というのもいいね。当面の野望として、いつかは『ふかひれラーメン』を食べてやる!ゴゴゴ・・・。



◆JR西口から左手のバスロータリー沿いの道を要町方面へ。丸井のある道路にぶつかったら左へ進み、東京芸術劇場の向かいあたりまできたら右手にあります。

住所:東京都豊島区西池袋3-25-11/最寄り駅:池袋駅

背景をイースター島のモアイに変えてみました。ダークなイメージの前回のテクノデザイン系からちょっとほのぼのイメージになりました。これからもよろしく!





えーと、今回はらーめん日記ではなく、ある本を読んでて強く共鳴を受けてしもた箇所がありましたので、ここに残します。



現在おいらは曲がりなりにも社会人をやっていますが、年齢や仕事内容から、ちょっと岐路的な位置に辿り着いていることを自分で実感してます。転職するかどーかは現時点ではわかりませんが、既に今の自分がやれるべき事は今の自分を取り巻く環境ではやりつくしてしもうた・・・というとカッコつけすぎですが、じゃあこの先自分は何者になりたいのか、あまり時間はありませんが、できるだけじっくりと考えてみたいと思ってます。



そんな中、相方からとある本を薦められましたので、後学のために読んでみることにしました。タイトルは『会社の寿命10年時代の生き方』、著者は道幸武久さん。



今の日本における経済状況と自己啓発のための話題本で、著者の前作はベストセラーになったそうな。その内容は30代前半の書く文章とは思えないほど客観的な意見と自分なりの結論付けがなされていて、賛否はあると思いますが、とにかく起承転結でわかりやすく、読んでてすごくスッキリします。こんな人もいるんやなとちょっと驚きました。





さて、前置きが長くなってしまいましたが、おいらがこの本を読んで(まだ途中なんやけどね)非常に重要な物事(価値観)を再認識させられる箇所がありました。自己分析というテーマの中で明記されている「世の中でもっとも嬉しかったことと、辛かったこと。これらに対する自分なりの理由が、自分が本当に望んでいる人生のカギである」というくだりです。

自分の本音と対話するというコトはとても難しいことやと思います。世の中にはその方法すら示唆されておれへんし、その意味の深さも教えてくれません。でも著書の中で、その一つの解決策がこれほどシンプルかつ明確に提示している事に対して、おいらは非常に感嘆しました。これを発見しただけでもこの本を読んだことに対する大きな収穫やと思いました。



恐らく全ての人がそうであるように、おいらも人生の中で出会った大いなる喜びと悲しみは、その後の人生における自分の価値観の核となる部分を形成しています。そして、これこそが自分が将来どのように生きていけばいいのかという一つの道標となってくれるやろうという結論に辿り着けた気がします。

おいらの座右の銘のひとつに、『5年後の自分の視点で今の自分を振り返る』という考え方があります。行き詰った時に自分なりにシミュレーションする手法で、比較的に客観性のある結論を導くことができるんですが、今回はこれに匹敵する程においらの中で消化できた気がしました。





文章が下手なんで、イマイチぴんとこない話になってもたかも知れませんが、大学卒業間近の方や社会人で悩まれてる方はよければ一度この本を読んでいただけたらと思います。活字の説得力というのは、映画とかとは全く異質の重みがありますよ。・・・でも今回のコラムは別にこの本の紹介というテーマではなかったんやけど、まだまだ書きたいことがうまく文章に出来ず、自分の未熟さを感じますな。



それにしても、なんで相方はこの時期にこのような本を手に取ったのか・・・不思議な縁を感じます。

【光麺】



◆光麺(大盛) 680円(ランチサービス)

◆えいけん的ランク:"B"



◆このお店の原点である『光麺』を食べました。『熟成光麺』(とんこつ)や『塩光麺』のようなインパクト系とは全く趣が異なってて、スッキリした透明感のある醤油味です。

そのスープはどこか懐かしさを感じながらも、都会的なセンスがある醤油タイプ。クセになるタイプとも違うので、一度食べた程度やとちょっと物足りんかも知れません。麺はやや細めで、ぷっつり食感のあるしっかりした味わい。炙りチャーシュー、メンマ、青菜、ネギがトッピングされてて、隠しアクセントの焦がしタマネギも風味があって美味しいです。ちなみに代々木店(他のお店はどうか知りませんが)はランチサービスがあって、おいらはいつも麺大盛にしてもらうんですが、この大盛のボリュームが多すぎず少なすぎず8分目位で、おいら的には丁度いい量で気に入ってます。

おいらは『熟成光麺』から入ったんであまり馴染みがなかったんですが、この元祖『光麺』は非常に優等生的な商品で、ブレの少ない逸品です。あとこのお店はいつ来ても店員さんの印象がいいです。こういうのは意外に重要なポイントやね。



◆JR西口から左を向いて、線路(ガード)と交番の間の路地を入って3分ほど歩く。明治通りに出たらすぐ左手にあります。

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-3/最寄り駅:代々木駅

【ほんまや】



◆徳島らーめん(大盛)+生玉子 750円

◆えいけん的ランク:"A"



◆ううむ。つい連チャンで通ってしまいました。なんか最近このタイプのらーめんに出会ってなかったのかもしれませんが、懐かしさと新鮮さをやたらと感じます。

てなわけで、今回は50円増しで大盛にしてみました。食べてみると結構なボリュームで、1.5倍位はあったんとちゃうやろか。ただ、器の容量が合ってなくて、下のほうは麺が固まってしもてました。腹ペコヤング(!)な学生君ならまだしも、サービスでご飯もついてるこのお店では、『大盛』は特に必須トッピングではないと思いました。

それからもうひとつ、生玉子(無料)を付けてもらいました。てっきり別皿で出されるもんやと思てたのに、スープに混ぜてありました。まあそのつもりやったからええんやけどね。生玉子がスープに入ると、コクとマイルドさが広がります。その反面、生である特有の白身によるスープのスポイル感と、無駄なボリューム感が増します。単に好みなんやろけど、もともと味付けが程よいこのらーめんに生玉子(特に、黄身はともかく白身)は不要やないかな?というのがおいらの感想でした。

とはいえ、まだまだ色々試してみたいメニューがこのお店にはいっぱいあります。最近開拓したお店ではかなりのHitやな。



◆池袋東口から明治通りを王子方面へ向かって道沿いに歩く。豊島区役所が右手に、ファミマが左手に見えてきたら次の角を左に曲がってすぐ。いっぱいのノボリが目印です。

住所:東京都豊島区東池袋1-35-11/最寄り駅:池袋駅

【ほんまや】



◆徳島ラーメン 700円

◆えいけん的ランク:"A"



◆池袋の『ほんまや』に行ってきました~~~~~~。(某有名ブログのマネ。すいません)



今回は結論から述べます。このお店、かなり、んまいです。

徳島らーめんについては、数年前和歌山らーめんブレイクが落ち着いたときに次世代ブームの候補としてピックアップされました。あと尾道らーめんとかね。しかしながら、経緯はよく覚えてませんが東京ではそれほど話題にのぼることなく、おいらも実は『徳島らーめん』と銘打つらーめんを食べたのは今回が初めてで、本来の定義すら知りません。食べた印象としては、全体的に和歌山や京都のらーめんに近く、醤油よりもとろみが重点的に強く感じられました。

まあ徳島らーめん自体が現在の東京では貴重やし、ここのらーめん屋さんがもし正統な徳島らーめんでなくても非常に珍しいタイプの美味しさを持ってると思います。関西びいきのおいらでなくても気に入る方は大勢いらっしゃるんではないでしょーか?



そのスープは醤油豚骨(とんこつ醤油と呼ばないトコロがまたイイ!)ですが、京都ほど醤油の強さはなく、横浜家系のよーなとんこつ主体のものでもありません。色は和歌山系と同じく濃い茶色で旨み成分も程よく、とにかく後引く美味しさです。とはいえクセがないという訳でもありません。麺は細めのストレートでちょい柔らかめの関西によく見られるタイプです。スープの染み具合もばっちりで麺そのものの美味しさよりのスープとの絡みを楽しむタイプかもしれません。ちなみにこの麺、デフォで付いてくるごはんとも合うので最高です。

トッピングのもやし、半熟ゆで卵、万能ネギ、メンマ、煮込み豚肉(バラ)はどれもスープ・麺と相性が良く、よく考えられてるなーと感嘆してしまいました。ここの特色のひとつである豚肉はいわゆるチャーシューとは違って、醤油やタレで煮込まれてるので添付のごはんがやたら進みます。決してスマートではありませんが、前回ちょっと触れたらーめんとしての”上品さ”よりもこの飾らない”実質”の追求が気に入りました。

ちなみにオーダーすると生卵が無料でついてくるらしいです。これは徳島でも賛否両論だとか。スープに混ぜるんやろか?この次試してみよかな。



そーそ、この胡椒のかかったメンマを食べてて、何気に秋津の『ほらふき屋』を思い出してたんですが、なんと先月閉店してしまったそうです。がびーんです・・・



◆池袋東口から明治通りを王子方面へ向かって道沿いに歩く。豊島区役所が右手に、ファミマが左手に見えてきたら次の角を左に曲がってすぐ。いっぱいのノボリが目印です。

住所:東京都豊島区東池袋1-35-11/最寄り駅:池袋駅

【無敵家】



◆本丸めん(大盛) 750円

◆えいけん的ランク:"B"



◆今日こそはと、またもや列に並んで無敵家のスタンダード『本丸めん』を試してみることにしました。やっぱ看板メニューを食べて(自分的な)絶対的評価をしとかんとイマイチ中途半端やしね。



出てきたらーめんの香りと見た目で、ひと時期前にやたら流行った『背脂チャッチャ系』であることがわかる。でも流行ろーが流行るまいが、このどっしりした食べ応えのあるらーめんは新たなジャンルを確立したひとつのスタンダードやとおいらは思てます。前にもちょっと書きましたが、『ホープ軒』『らーめん一番』なぞは、例えジャンクと言われよーが、おいらの青春時代のお気に入りらーめんです。

さてスープは背脂の自然な甘みが全体に行き渡って、こってりしがちなこのテのらーめんにしては意外にマイルドです。奥の醤油味もエゴさがなくすっきりしてて後味もなかなか。麺は中太ちぢれ麺で柔らかめです。トッピングのメンマ、チャーシュー、菜の花、煮玉子はひとつひとつのクオリティが高く、反面どれも存在感が強めです(特に煮玉子は燻製の香りが強烈で病みつきになると思う)。全体的なまとまり感はあって、背脂系には対極の位置にある筈の”非常に上品”な印象が強く残りました。女性にも人気があるみたいですね。

ただ、なんや最初に食べてからずっと「この味、どっかで食べたことあるな・・・」と思ってたんやけど、『ニンニクげんこつラーメン花月』やと気がつきました。もちろんこのらーめんやチャーシューからはニンニク風味は感じられませんし、ひとつひとつの洗練された上品さはこっちのが上やと思います。が、上品さとらーめんとしての完成度は必ずしもイコールではないわけで、何故か池袋のらーめん屋さんは、この”上品さ”ばかりが目立つお店がやたらと多い気がします。まあ、好みなんやろけど、おいらにとって『無敵家』はやや上品すぎるという感触が強かったです。例えば、『げんこつ屋』とか『武蔵』のように、上品さだけでない”何か”があればまた評価も違ってきたと思いますが・・・



◆池袋西武側から出たら目の前の道路沿いに目白方面へ3分程歩く。光麺を過ぎて次の次くらいの角にハデに中華鍋を使って作られた看板が見えてきます。

住所:東京都豊島区南池袋1-17-1/最寄り駅:池袋駅

【山田屋】



◆半チャンラーメン 750円

◆えいけん的ランク:"A"



◆昔ながらのジャンクな東京ラーメンというイメージでは最も近い印象の山田屋です。あ、ちなみにこれ最高の賛辞ですよ。

今回はラーメン屋さんでは定番メニューの半チャンラーメン。ラーメンに半炒飯がセットになっててお腹いっぱいにしてくれるお得なメニューです。ラーメンは鶏・豚ブレンドのスタンダードなスープで、いわゆる魚介系風味はない。ラードが入ってるせいかほんのり膜が張っててスープが冷めずに熱々なんはええね。麺は黄色の輪郭が四角いストレート麺。これになると、チャーシュー、メンマ、小松菜等が入ってます。安さ故か見た目は貧相ですが、食べるとさらなる哀愁漂います。ふうぅ~・・・(いやマジで極上のほめ言葉ですよ)

おまけに炒飯レビューも。具は卵、なるとの他にチャーシューとベーコンがそれぞれ角切りで入ってるんやけど、これにごま油の風味が行き渡ってて香ばしくて最高です。紅生姜もちょっと俗っぽいけどもちっとした米によく合ってます。いっそ大盛で食いたいわ、これ。ラーメンも炒飯も全般的に結構しょっぱめの味付け(旨み調味料が強めなんか?)ですが、お酒の友やとこれ位が丁度ええんかも。いつも哀愁サラリーマンで賑わってます。うまい!



◆新宿駅東南口から地上へ降りて、パチスログリーンピースの奥の道を北へ。最初の角を右に曲がって歩くと左手に見えてきます。出入り口が二つある変わった佇まいです。

住所:東京都新宿区新宿3-34-3/最寄り駅:新宿駅

【無敵家】



◆極味太切りつけ麺しょうゆ味(温もり/大盛) 800円

◆えいけん的ランク:"C"



◆最近コテコテのうまい背脂系らーめんを食べてないな・・・てなわけで、前から一度行ってみたかった『無敵家』を訪れることにしました。最初はらーめんを注文する予定やったんやけど、急にあったかいつけ麺が食べたくなったんで、おいらにしては珍しくつけ麺をオーダーしてみました。

何でもつけ麺の麺は茹でるのに少し時間がかかるそーな。待つこと数分。盆に大量の麺がのった皿、漬け汁、スープ割りまでついてきました。おまけにアゴとカツオの粉末まで。なんか楽しそーやな。

さて、まずスープは見た目はシンプル(しょぼい・・・)で、これのみで飲んでみると魚臭さと甘さがツンと目立つ。おいら的にはちょっと苦手かも。でもこれにさっきのカツオ粉末を降りかけるとデフォルトの魚臭さは取り払われ、食欲がすっと増進される。逆にアゴの粉末は香り豊か(けっこー独特ですが)になるが、魚臭さは消えません。

麺は温もりやけど、お湯がちゃんと切られてなくて結構浸かってました。そして、太切りとゆーほどぶっとくはなく、ちょっと口の中で持て余す程度。みずみずしくて強めの歯ごたえは少し『やすべえ』に近いかな。ちなみに大盛(370g)も同値段とゆーのが嬉しいね。

しかし食べてから気づく。しもた・・・おいらそもそもつけめんんはあまり好きとちゃうから、他と比較するのが難しい・・・そーとー美味しいんやったら別やけど、結論はTVでやたら話題になったとゆー割にはそれほど個性的でもなく、病み付きにさせる”何か”を感じることもありませんでした。(と思って後で調べたらTVで出品されたのはみそ味の方でした)

ただチャーシュー、菜の花(意外に合う)、メンマにはどこか潜在的なものを感じました。今回はオーダーセレクトにミスがあったかも。今度はスタンダードな『本丸めん』か『つけそばみそ味』に挑戦や!



◆池袋西武側から出たら目の前の道路沿いに目白方面へ3分程歩く。光麺を過ぎて次の次くらいの角にハデに中華鍋を使って作られた看板が見えてきます。

住所:東京都豊島区南池袋1-17-1/最寄り駅:池袋駅

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。