≪ 2006 11   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2007 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【博多一風堂】



◆赤丸新味+替え玉 750円+150円

◆えいけん的ランク:"B"



◆横浜ラーメン博物館にも出店した”博多らーめん”というカテゴリの中でもトップクラスの知名度を誇る『博多一風堂』がこのたび池袋店をオープンしたとか。これまで何故か全く食べる機会がなかったので早速行ってみることにしました。



メインメニューはどーも『白丸元味』と『赤丸新味』らしい。スタンダードでいくか、亜流でいくか・・・悩んだ末、せっかくなんでここでしか食べられなさそーな『赤丸新味』をChoice!

真っ赤なドンブリに、ベースとなる白濁豚骨スープ、中央にぴろっと添えられた辛味噌、そしてにんにく風味のする黒い香油がビジュアル的にええですな。まずは香油に触れないよう豚骨スープをひとすすり。マイルドでスッキリした、『九州じゃんがら』系のスープかな。『白丸・・・』やとこの味やったんやろか。くどさが全く感じられず、豚骨ビギナーや女性にも人気が高そうな味わいです。これに香油&辛味噌をブレンドしてみると、コクと辛みがプラスされて、さっきの豚骨スープとは全く違う性格に!やっぱり亜流やけどこれがうまい!!なかなかすごいアイデアかも。

麺は例によって博多系オーダーの時にはいつも固めで。極細ストレート麺は固めでもすぐにスープの熱でへなっとなってしまい、これはバリカタでオーダーすべきやったか。でもスープとの相性はグンバツで、思わず替え玉までしてしもた。トッピングは博多系基本のとろとろチャーシュー、きくらげ、万能ネギなど。でもこれに加えて、自由にトッピング追加できるテーブルの白ゴマとキムチもやしが最高です。特にキムチもやし・・・これうますぎ。これだけ大盛で注文できんやろかと思ったくらいです。まあらーめんの味は随分変わってしまうけどね。



さすが博多らーめんの代表格ともいえる『博多一風堂』、噂に違わずハイクオリティな出来ばえやと思いました。このタイプのらーめんは現在あちこちで見かけるけど、やっぱり基本が確立したお店とゆーのは、”格”が違うと思いました。難を言うなれば、池袋店の店内は広くてレイアウトが複雑なため、オーダーしてから割りと待ち時間が長い。替え玉はかなり早い段階で注文しとかんとマターリ時間が生じてしまうので注意。



◆西武口から目白方面へ向かう。最初の信号をサンシャイン方面へ渡って、ふたつめの交差点右手。歩いて3~4分てとこかな。

住所:東京都豊島区南池袋2-26-10/最寄り駅:池袋駅

スポンサーサイト

【麺や丸め】



◆丸め印(醤油) 850円

◆えいけん的ランク:"B"



◆東久留米に新しいらーめん屋さんがオープンしたよーで、早速行ってみました。

開店直後でしかも雨やったせいか、一番のりでした。お店に入って左手に食券販売機があるんやけど、これでもかっつーぐらいにボタンが大きい『丸め印』に目がいって、思わずオーダーしてしまいました。種類は他に塩味と、あとつけ麺が今度始まるらしいです。



ゆずの切れ端がアクセントに入っている。なんだかおいらお気に入りの『たけにぼ』にも一見似てなくもないけど、その中味はだいぶ違いました。麺は『たけにぼ』よりもやや太めのストレート、黄色がかってます。ちょっと柔らかめで歯ごたえは少々頼りないかも。

スープもスタンダードにほのかなダシの効いた醤油味でインパクトはやや弱めやけど、このタイプのらーめんで最後のひと口まで飲ませたのは結構すごいんやないかと。食べた後のスッキリ感もポイント高いな。”らーめん”というより、”中華そば”という形容がぴったりきます。

トッピングはなんこつの塊がみっつほど、そしてぶ厚くて濃い目な味付けのチャーシュー(これもたけにぼっぽい)、味玉、小松菜、海苔、メンマ、なるととあっさりスープとの相性もよい反面、麺に対してボリュームが多すぎて、普通盛りやとちょっとアンバランスかな。ま、贅沢ならーめんやと思えばえっか。

なんこつはふんわり柔らかで、くどさはなく美味しい。でもおいら的に特筆すべきは味付玉子で、中はひんやりで黄金色の絶妙な固形状。これは味付もかなりの至高レベルで、『武蔵』のそれにもちょっと似てる。



お店や商品名どおり、まあるい優しい味わいかな。店主さんも温和そうで好感度ええです。総合的なバランスが少し気になるものの、これからどんどん洗練されていくんとちゃうかな。そーそ、ちょっと変わった点としてカウンターの壁にまるい鏡がセットされてます。らーめん食べながら自分のその姿を見たのは初めてやも知れません。



◆久留米駅西口から小金井街道に向かってひたすら進み、ぶつかったら南(花小金井方面)へ。所沢街道との交差点に辿り着いたら後少し、靴屋さんの奥にある『竹屋』の更に二軒先です。

住所:東京都東久留米市前沢2-11-13/最寄り駅:東久留米駅

【べんてん】



◆つけめん+味付玉子 750円+50円

◆えいけん的ランク:"B"



◆ふうぅ~・・・仕事納めやら何やらで今年の年末はかつてない繁忙時期やった・・・。でもそれは既に過去形で、何はともあれ早い冬休みに突入やー!しかも:8連休とゆう、社会人になってから恐らく初めての年末年始大型連休かも。てなわけで高田馬場進出第2弾は、クオリティが高く評判のええ”べんてん”に足を運びました。地図上では遠いと思ったけど、実際に行ってみると5分もかからず到着しました。



さて、通常ならおいら迷わずらーめんを注文なんやけど、ここは有名なつけめんを試してみることに。並盛りでも350gという触れ込みで、ドンブリにどっかんと盛られたのを見たらちょっと圧倒されたけど、食べ終わったあとは意外にお腹すっきりで苦しさはありませんでした。何故・・・?

付け汁は魚系(カツオかな?)の風味がほのかに香る優しい味わいで、酸味も感じられますがキツさはなく奥ゆかしいところがまたええです。これに麺を浸すとあっさりと、でも旨味の広がる自然な美味しさがあります。麺は中太ストレートで、そのつるっ?ぬるっ?とした他にない不思議な食感は特筆すべきでしょう。見た目は『古武士』にちょっと似てるかな(特にらーめん)と思たけど、もっと家庭的な味です。

他には、つけめんにぴったりな手ごろな歯ごたえのメンマ、大き目でちょっと味が濃い目の細切りチャーシュー、スープにぴったりのネギ。そして味付玉子は固ゆでで、黄身の中までしょっぱいほどに味が付いてます。こーいう味付玉子って懐かしいな・・・どっかの駅でよく食べた気がする。そして小ぶりながらも50円とは今どきなんて良心的なんや・・・



総評としては、とても安定した何度も通いたくなるよーならーめんやと思いました。個性もあって最初の印象では”A”か?と思たんやけど、実は一つ大きな欠点を感じました。これはつけ麺全般に言えることかも知らんが、後半になると麺によってスープの温度が極端に下がってしまい、興ざめしてしまうのだ。このお店の温度低下は特に目立って感じてしまい、せっかくの前半における好印象が後半によってかき消されてしまいました。スープ割りも頼もうか悩んだんやけど、結局やめておきました。

まあそれでもさすがは学生街を代表するらーめん屋さんで、美味しくてボリューム、値段とも満足のいく出来栄えでした。次はやっぱりスタンダードにらーめんを注文して改めて評価をしてみたいと思います。ふっふっふ、ええ店を開発したぞ・・・



◆アクセスは駅から早稲田通りを早稲田方面へ歩いてエスパス手前の細い下り坂を降りる。白夜書房ビルを通り抜けてずんずん進むと神田川に出るので右に曲がって川沿いを歩くと角に赤いビニールに白地で”べんてん”と、昔風の佇まいを彷彿させる建物が見えてきます。

住所:東京都豊島区高田3-10-21/最寄り駅:高田馬場駅

【たけちゃんにぼしらーめん】



◆油麺(マヨネーズあり) 740円

◆えいけん的ランク:"B"



◆たまには”たけにぼ”で違うメニューを試してみるかなっつーわけで、前から気になってた油麺へのチャレンジいっとくか!



おいら油そばはめったに食べないんで何が基準でどこが美味しいのか全く知りません。そもそも油そばってゆーカテゴリ自体、東京で初めて知りました。

ここの油麺は味噌ベースらしく、底にあるごま油とタレを混ぜてひと口・・・おおぅ!コクのある味噌とマイルドなタレ、スッキリしたネギが合わさってこいつはンマイぞ!ちょっと味濃い目やけど、セットで付いてる玉子スープ(塩味ベース)で口直したり、麺に直接かけたりして舌をリセットできるのでどんどん箸が進みます。

基本の味に飽きてきたらマヨネーズを投入!ううむ、このマイルドな酸味が濃い目の味を上手にスポイルしてくれるのはええね。ちょっと味がぼけてしまうけど、マヨラーなおいらとしては全然アリやわ。そして食べ応えがある平打ち麺は、もしかしたらそもそも油麺向けに用意されたものやったんかもしれません。

ちょっと残念やったのは、チャーシューが通常のらーめんとかと同様、どんと乗っかってたこと。スープに浸せないんでちょっと冷たかったのと、油そばという食べ方の都合上、麺と完全に別物(付け合せ)として食べざるを得んというのがちょっとなぁ・・・相性は悪くないんやけどね。ともあれ、このお店の油麺はかなりのハイレベルやないかと思いました。期待通りの美味しさに感激です。



◆JR代々木駅西口から続いてる大通りを道沿いに5分位歩きます。

住所:東京都渋谷区代々木1-45-4/最寄り駅:代々木駅

【玄武】



◆ラーメン(豚骨醤油) 650円

◆えいけん的ランク:"C"



◆色々忙しくてまた更新が滞り気味です。年末まとめてレビューしますんで、堪忍したってや。



横浜家系の『玄武』に入ってみました。ベースはげんこつ味と豚骨醤油味から選択できるらしく、今回は家系の豚骨醤油味のラーメンを試してみることに。もちろん(麺)固め・(醤油)薄め・(脂)普通でオーダーや。

まずスープをひと口。脂と醤油が分離されてたせいか、脂の多さにびっくりしてしもうた。底をかき混ぜたらそーでもなくなりましたが、豚骨臭さはせんので”クリアな味”とも言えなくはないけど、単にコクがないだけでは・・・?という気がしないでもなかったよーな。麺は中太ちぢれタイプで可もなく不可もなく。トッピングはホウレン草、メンマ、チャーシュー、海苔とこれまた基本に忠実です。出されたときには海苔がフチに立ってたんですが、すぐにへなへな~とスープに浸かってしもたのが何か笑えた。

全体的にインパクトの薄いらーめんやと思います。う~む・・・おいら家系のらーめんはあまり経験値がないからやろけど、新宿の『町田家』をスタンダードとして評価すると、これに勝る(とゆーか張り合える)家系らーめん屋さんてなかなかないもんやなと思う。でもこの系列のらーめんの持つ潜在能力はまだまだあると信じたいので、これからも挑戦するで。



◆池袋西武側から出たら目の前の道路沿いに目白方面へ歩く。『無敵家』の角を右に曲がってちょっと歩いたとこ。ちなみに手前の角を入っても出口専用口に出てしまうので注意。

住所:東京都豊島区南池袋1-17/最寄り駅:池袋駅

【俺の空】



◆豚玉そば 900円

◆えいけん的ランク:"B"



◆らーめん激戦区の高田馬場へ進出や!まずはこの地で恐らく最もメジャーと思われる『俺の空』へ!何でもなんかのらーめん選手権で優勝したとかしないとか、また店名はかの有名漫画家『本宮ひろ志』先生の作品名から取ったとか取らないとか、色んな情報があるよーで。



で、豚そばをオーダーすることは決めてたんやけど、玉子を入れるか入れないかで迷ったわけで。

で、煮玉子と思ってたら温泉玉子で麺とうまく絡むけどスープとの相性はちょっと微妙なわけで。

で、スープは醤油豚骨に魚粉のWスープってやつで徳島らーめんの一歩先を行く発想なわけで。

で、麺は博多らーめんを連想させる細めのストレート麺で意外とあっさりスープとピターリなわけで。

で、角切りチャーシューと万能ネギ、海苔と潔いトッピングに加え、炒めた甘い玉葱も中々なわけで。

で、行列を覚悟してたものの、13時半頃のせいか意外に店内はがら空きでラッキーやったわけで。



総評としては、予想以上にまとまった味わいでオリジナリティよりも完成度が先に立った感じでした。もちろん、他の店にない味わいとは思いますが、口あたりはあっさりしてインパクトが大人しめな割にはやや重いスープ、そして相性としてはちょっと首を傾げざるを得ない温玉と、期待が大きかっただけに少し欠点が目立ってしまい、減点方式で”B”とさせて頂きました。もしも『ほんまや』より先に出会ってたら、果たしてその評価はどうなってたやろか・・・?



◆JR山手線戸山口から右へ出たら、線路沿いを新大久保方面へ。サンクスのある三叉路を左(線路)側へ直進するとすぐに右手に見えてきます。

住所:東京都新宿区高田馬場4-2-31/最寄り駅:高田馬場駅

【かけらーめん一番館】



◆かけ麺+餃子 290円+180円

◆えいけん的ランク:"C"



◆代々木の『かけらーめん一番館』に行ってきました。新規開拓のレビューは随分久しぶりやな。



『かけらーめん290円は安いかも・・・』と思い、メニューを見ると結構種類がありそうです。かといって塩らーめんとかチャーシュー麺とかにしたら結構な値段になりそうでしたが。てなわけで、シンプルにかけらーめんに餃子を付けてみました。

見た目のボリュームは結構あります。もやしとネギ、鶏挽肉のみのトッピングやけど、あっさり醤油味のスープに挽肉の旨味がしみて層のある味わいとなっててけっこう旨い。麺はてかっとした黄色い細めのちぢれ麺で、つるつる感があります。ちょっと強めの歯ごたえが反対に違和感を感じますが。

総評としては全体的に波のない、安定したらーめんでした。『日高屋』『福しん』系のリーズナブルチェーンのらーめん屋さんといった感じやけど、安価の割りにクオリティは悪くないです。定食類も結構あって、財布が風邪を引いてるときには重宝するかも。何よりこれだけのボリュームで470円は安い!ちなみに餃子もボリューム、味ともこの値段ならOKかな。



◆西口から新宿方面へ線路を平行してる道を北へ。二つ目の信号(三叉路)を左側へ進み、100Mほど歩いた右側。

住所:東京都渋谷区代々木1-55-2/最寄り駅:代々木駅

【ラーメン一番】



◆一番ラーメン(醤油) 850円

◆えいけん的ランク:"A"



◆環七沿いはかつてらーめん激戦区の一つと言われ、おいらも『土佐っ子』『味噌一』『野方ホープ』等、お気に入りのらーめん屋さんにあしげく通ったことがありました。中でもボリュームたっぷりで超魅力的ならーめん屋さんである『ラーメン一番』を今回レビューします。実に7~8年ぶり位でわくわくです。



当時はバイクで通ってたので、江古田から歩ってくのは今回初めてです。ただ地図上でイメージするより近かったんで一安心するも、看板とかないんで全体的にお店の外は薄暗く、『まっまさか臨時休業とかちゃうやろな・・・?』と一瞬どきっとしました。ちゃんとやってましたが。

店内はがら空きでちょっとびっくりした(当時は行列が当たり前やったので)けど、おいらが入った後でワラワラとお客さんが増え、いつの間にか満員に。店員さんはみんな若くなってて、世代交代があったんかもしれません。



さて、席に着くなり迷わず定番の『一番ラーメン醤油味』をオーダーしました。主張し過ぎないほんのりのっかった脂が、その後訪れる背脂ブームの前身であったように思え、なんや90年代にタイムスリップしたよーな不思議な気分でした。スープは半透明で重そうな雰囲気ながらも意外に口当たりはあっさりです。ただこのスープ、塩分が多いのか食後には異常に喉が乾くので要注意。

麺は断面が四角いストレート麺で、ポキポキした歯ごたえの残る硬さです。量も多めで、この麺に最もこのらーめん屋さんの個性が表れてるよーな気がします。そしてトッピングはもやし、コーン、煮玉子(1個)、チャーシュー(3枚)、ネギ、メンマと豪華なラインナップです。これだけあると、麺が逆に少なく感じてしまいますが、実は麺そのものも量は多めなので、大盛にすると大変かも。

全体的なバランスが非常に良く、それぞれの具も特に相性の良さを感じます。麺ともやしは互いの食感を引き立たせ、淡白なチャーシューに黄身まで味の染みた濃い煮玉子がメリハリを強調し、大量のコーンをすくうためにスープを思わず飲み干してしまう・・・といった具合です。ほんのりにんにくの風味が香る、一昔前の名品ですな。



数年ぶりに食べてみて、やっぱりこの時代で世間一般的には大きく受け入れられんらーめんやなと、改めて思いました。でも、おいら個人にとっては特に思い入れの深い”この味”と”江古田という街”が、遠い日の記憶をくすぐってくれます。またいつの日か、この記憶を思い起こすために訪れたいと思う。



◆北口を桜台方面に下りたら、江古田斎場の脇の道をひたすら進む。いつのまにか北西を向いてるので、環七にぶつかったら右に曲がって道沿いを進む。随分距離があるように思えるが、男の足なら駅から6分程度。有楽町線小竹向原からやとさらに近い。

住所:東京都練馬区小竹町2-74-8/最寄り駅:江古田駅

【揚州商人】



◆豚玉ラーメン(刀切麺) 780円

◆えいけん的ランク:"B"



◆ベースは塩らーめんですが、豚玉(かに玉の豚バージョンみたいなもんやけど、餡は入ってない)が丼いっぱいを覆うようにのっかってて、『さあどっからでも喰え』と言わんばかりに主張してます。

香ばしくもふんわりした絶妙な柔らかさの玉子焼(外はさくっ、中はふわっ)と、これに豚肉が旨味を引き出す。ありきたりでシンプルやけど、素晴らしくうまいです。塩味との相性も何をいわんや、これってば最高ですな。

ちなみに新サービスで麺を刀切麺(刀削麺やなくて)に無料変更できるらしく、今回はこれをオーダーしてみました。もしかすると塩らーめんには合わんかな?と思たけど、何だかきしめんのよーな麺は、アルデンテに仕上がってて食感も楽しく、不思議とスープとも違和感がありませんでした。それよりむしろ豚玉との相性が抜群で、一緒に食べるとなおベターです。まあおいらスタンダードな麺のがええと思いましたが。(そーいう訳もあって評価は控えめ”B”)



今回のメニューはちょっと邪道系と言われるかもしれんが、このお店はどのメニューもクオリティが高いです。家庭的なこの豚肉の旨味と感触が食べた後いつまでも残ってて、しばしの幸せでした・・・



◆JR西口から左手のバスロータリー沿いの道を要町方面へ。丸井のある道路にぶつかったら左へ進み、東京芸術劇場の向かいあたりまできたら右手にあります。

住所:東京都豊島区西池袋3-25-11/最寄り駅:池袋駅

【新宿源】



◆オロチョンラーメン 800円

◆えいけん的ランク:"C"



◆この頃急に寒くなりましたね。今年は暖冬とか言われてたけど、どこがやねん!・・・と突っ込みを入れてしまいたくなります。おいら雪は好きやけど、寒いこと自体は苦手なもんで。

さて、そんな寒い日は北海道系のあったか味噌らーめんを食べたくなります。てなわけで、新宿源に行ってきました!



・・・行ってきました!が、かなり桜塚やっくんばりに”がっかりだよーー!!”となる結果となりました。このお店のオロチョンラーメン(辛味噌)を久々に食してみたんやけど、何ががっかりて、あの豪快な炒め野菜と角切り肉が、一体何があったのかショボーンと非常にしょぼくなってます。

写真を見るとわかりますが、角切り肉がスープに沈んで見えん!一瞬『オーダー間違えたか?』と焦って箸で探してみると、底の方に細切れのチャーシューが申し訳程度に3~4個入ってるだけ・・・。炒め野菜はもやしメインで、まあもやしは好きやけど他の野菜が殆どなくてバランスがとても悪い。

ほんのり甘みのある味噌スープと黄色いちぢれ麺は及第点ながらも、このボリュームの劇的な変化においらは非常にショックを受けてしまい、かつてのイメージは一掃されてしまいました。



らーめんとしての完成度は決して低くないけど、期待していただけにかなり”がっかり”でした。そもそもこれでこの値段はないやろ・・・。かつて栄華を誇っていたあの源は一体どこに行ってしもたのか。謎は深まる・・・



◆新宿駅南口から甲州街道を笹塚方面へ。ファッキンの交差点を南に折れてマックの手前の道を右に曲がり、少し歩いた左側です。

住所:東京都渋谷区代々木2-5-5/最寄り駅:新宿駅

【神戸ラーメン第一旭】



◆特製Cラーメン(1.5玉)&特別麺への変更 890円

◆えいけん的ランク:"A"



◆立地的にはちょっと微妙やけど、つい食べたくなる第一旭ですわ。今回はスタンダードに特製Cラーメンを食べてきました。



たぷーりのスープに丼からこぼれんばかりのチャーシューが特徴ですが、リニューアルしたCラーメンは超ぶ厚い別製チャーシューが真ん中にズドンとのっかっててWで楽しめます。そのぶん普通のチャーシューは6枚ほどに減ってて(通常は10枚)、細切れ肉もなくなってたのが残念ですが、ボリューム的にはこっちも捨てがたいのでこれは賛否両論やろな。

チャーシューは赤身やロースなど、色んな部位がチョイスされてるほか、丁寧に煮込まれた別製もついてて肉好きにはたまらん光景です。この肉の旨味がスープに溶け込み、麺、胡椒のかかったネギ、もやし等との一体感も言う事なしや。

あと今回は会員証で『特別麺への変更』をオーダーしてみました。どうやら平打ち麺のことやったらしく、『あ・・・失敗したかな』と少し思ったんやけど、この平打ち麺がまた素晴らしかった。それ程平たくなくてぷりぷりしたその食感は、喜多方系に感じられるよーな口の中の妙な後味を残さず、まったく嫌味がありません。こーいう平打ち麺は第一旭みたいな薄めの醤油味にぴったりくるね。スープとの相性をよく考慮して作られてるなと思いました。

ちなみに今回こそは2玉にしよーか悩んでまた1.5玉にしてしまい後悔。そもそもこれなら別製Bと料金変わらんやんけ・・・ヘタレやな。



帰り際に今度は新メニュー『別製肉重』の割引クーポン券を頂きました。別製ちゃーしゅーがぎっしり乗った肉重で、大盛も無料らしい。いや~ここはえらいサービスがええですねぇ。今度はコレでいってみるかな?



◆要町交差点を池袋方面に向かって右側を歩いてすぐ。ファミマのとなり。

住所:東京都豊島区西池袋5-24-12/最寄り駅:要町駅

【たけちゃんにぼしらーめん】



◆塩らーめん(中細麺)+大盛 740円

◆えいけん的ランク:"A"



◆VIPクーポン(大盛無料)が送られてきたので、またまた足を運んでしもうた。これだけ飽きのこないらーめんは珍しい。で、今回は塩でいってみたんやけど、リニューアルしてからやたら塩が美味しくなった気がする。まぢで醤油とタメ張る位です。



全然関係ない話やけど、おいら子供の頃はらーめんよりも好きな食べ物がありました。その名も『カツカレー』。高級品とかやなくて、場末の食堂でもったりした日本風カレーにのっかった脂の多いカツカレーが好きやった・・・今ではめっきり食べる機会が減ってしもうたけど、心の想い出の味やのう。『カツカレーのブルース』てコトで、そのうちどっかの店のレビューしてみたいな。ちなみに犬井ヒロシ氏はおもろいね。エンタのとりを飾るにふさわしいわ。DVDとか出たら絶対買うんやけどな~。



◆JR代々木駅西口から続いてる大通りを道沿いに5分位歩きます。

住所:東京都渋谷区代々木1-45-4/最寄り駅:代々木駅

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。