≪ 2007 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -  2007 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【渡なべ】



◆味玉らーめん 900円

◆えいけん的ランク:"B"



◆古本屋さんで、とある少年仕向けの恋愛読み切りマンガを読みました。実はこれ、おいらが高校くらいの時に気に入ってた作品やったんやけど偶然見かけたので、10数年ぶりに手にとってみました。

ううむ…思春期の頃読んだマンガとゆーのは、何故か強烈なインパクトを心に残してて、時代を超えて久々に読んだあとは胸にどこかせつなさっちゅーか、寂しさっちゅーかやるせないものを感じました。決して皮肉ではなく、若い頃だけにもつことが出来た”純粋な恋愛感情”というのは、些細なことで壊れやすく、だからこそとても美しいもんやと。

まあその作品がとても秀逸で気持ちのいいものだったということもありますが。相当古い作品で、しかも新人賞作家のものなので、今では殆ど市場にないと思いますが、もし機会があればご一読ください。ジャンプKCの『恋のリトルリーグ』という作品です。(作者さん、無断で紹介してすみません)



さてと、この街に長く住んでても知らん人はまったく気づかんよーな場所にある『渡なべ』へ行きました。店名はさりげなく刻印されてて、遠くからはらーめん屋さんであることすら気づかない。中もバーカウンターのようなレイアウトが並び、洋楽バラードが耳障りにならん程度に流れてる。う~む、まさに隠れ家…いや、こんな環境で暗い照明の中、ひたすららーめんをすすってるお客さんを見てると何や異空間に紛れ込んだような錯覚に陥りそうや。



さて、味玉らーめんをオーダー。最初に置かれたお冷のグラスや、ラーメンの入ったドンブリは芸術的で、お店のこだわりとサービス精神を強く感じるね。そのスープはとろみのある控えめな魚粉タイプ。麺はストレートで、気持ち太めでもさっとした食感やが、その固体ぽさととろみスープがうまく絡んでて、どんどん箸が進む。

メンマはごっついのが何本も入ってて食べ応えがある。チャーシューも一枚バラ肉で、箸でほろりと崩れるのが嬉しい。そして白髪ネギと万能ネギが彩りよくセットされてて、後味をすっきりさせてくれます。味玉も黄身は気持ち液体寄りで完成度はかなり高い。全体的に自然な感じがいいです。



全体的に上品ながらも、夢中になって食べてしまう不思議ならーめん。『俺の空』とタイプは似てるけど、個人的にはこっちのがレベル高いと思いました。あと、サイドメニューのチャーシューごはんは直前にバーナーで炙るらしく、旨そうなんで次は頼んでみよーと思いました。





◆高田馬場駅から早稲田通りをひたすら東へ。明治通りと交差する直前の路地を北へ入るとさりげなく存在する。

住所:東京都新宿区高田馬場2-1-4/最寄り駅:高田馬場駅

スポンサーサイト
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード