≪ 2007 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -  2007 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【山田屋】



◆豆腐そば 730円

◆えいけん的ランク:"A"



◆山田屋でジャンクな豆腐そばを食べてきました。これは以前レビューしてるので詳細は割愛しますが、昔ながらの中華そばに麻婆豆腐をあんかけ代わりにトッピングするという、シンプルながらも大きく食指を揺さぶられる素晴らしいらーめんです。餡でコーティングされた熱々の麺をガフガフとかっこみながら、今日一日の”終わり”を感じる至福の時間…ふっ、おいらてば詩人やな。



さて、関係ないけど以前外国人に街で道を聞かれた時のことを書きます。

相手のややオーバーとも言えるゼスチャーや節々聞き取れる地名から、何とか希望する行き先を判断し、こっちも必死でハンドアクションする。どうやら伝わったらしく、外人はさわやかに礼を言ってずんずん歩ってった。



例えば日本人はアメリカへ行くと、ネイティブ言語である英語を使う。これは文化の違う地域へ出かけた場合、その文化に合わせるという、日本人としては当然の発想です。郷に入っては…という諺もあるほどやし。

しかし!外国人は違う。アジア系の人々はともかく、英語圏の人は日本に来ても当然のように母国語である英語を、躊躇いもなく使う。例え相手がまったく国際的に見えない、外来語をどこか間違って使ってるよーな若者や、外人に目すら合わせよーとしないくたびれたサラリーマンのおいちゃんに対しても。

それだけ英語が全世界の共通語であるという思い込みがされてるんやろか。それとも日本人が変に真面目で、勤勉なんやろか。



…でも、それだけならまだええ。



もっとすごいのは、日本人はそんな外人の質問に対し、何故か英語であんすわぁ~しようとする。







ありえなくねぇ?!だってここ日本よ!?



おいら外国で外人に日本語で質問する勇気もないが、仮にしたとして、外人が日本語で回答してきたらどうよ?!!質問しといてこっちがびびってまうわ。絶対!



あの外国人、これからもあんな風にして、異国の地で言葉の壁をいとも容易に乗り越えていくんやろな。見事な度胸や。ちょっとうらやましくもあるが…



◆新宿駅東南口から地上へ降りて、パチスログリーンピースの奥の道を北へ。最初の角を右に曲がって歩くと左手に見えてきます。出入り口が二つある変わった佇まいです。

住所:東京都新宿区新宿3-34-3/最寄り駅:新宿駅

スポンサーサイト
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。