≪ 2007 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2007 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ラーメン藤】



◆チャーシューメン 820円

◆えいけん的ランク:"A"



◆帰省先らーめんレビュー第二弾です。前回同様、おいらのRootsとなったらーめん屋さんの一つ、『ラーメン藤』です。関西チェーンで有名なお店ですが、当時食堂のらーめん(前回レビューの『みつわ』)しか知らなかったおいらには衝撃的でした。こっこれがラーメン専門店か!!



このお店も数年ぶりですが、行ってみるとまさかの定休日…と思いきや、お盆の臨時営業らしい。ラッキーでした。

やたらとお腹が減ってたのでチャーシューメンにしてみました。後でメニューを見ると、ラーメン大盛と同値段…そっちの方が気になったわ。

さてこのらーめん、ぴしっと芯の通った醤油ベースのらーめんです。豚骨風味もありますが、あくまで主役はやや強めでとろみのある醤油スープ。コクと旨味がしっかり伝わってきますが、その印象は武骨なつくりで、オーダーしたのがチャーシューメンという事もあったけど、やたら肉々しい味わいのスープで『みつわ』とはまさに対極的です。

麺は角が四角いストレートタイプで、関西では多いタイプ。この麺もおいら的にちょっと柔らかいかな…という印象は否めませんが、理屈ぬきにがっつきたい歯ごたえと喉越しは、やはり幼い頃の懐かしい記憶が先行してたんでしょーか…。

大雑把に茹でてあるもやしはドカーンと乗ってて、これってば麺より多いんとちゃうか?というほどボリュームがあり、バランスよく食べるのは難しいです。チャーシューは濃い目の味付けで適度な抵抗感のある肉質は最高です。“煮豚”ではなく“チャーシュー”を食べてる気がします。ただネギはちょっとしなびててパサッとなってたのが残念でした。



久々に食べてみましたが、らーめんとしての質云々よりも、お店に入って出てきたスープを口にした途端、ソウルフルなノスタルジーに浸って遠い過去にトリップしてしまったことは、やっぱりずっと変わってない味やというコトかも。ジャンクさはやはりありますが、当時『みつわ』や『をかべ』には決してない、この肉々しさがたまらなく好きでした。そう、その数年後『京都第一旭』に出会うまでは…



◆名神高速彦根インター出口から道なりに駅方面への通りへ入るとすぐ。

住所:滋賀県彦根市里根町257-1/最寄り駅:彦根駅

スポンサーサイト
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。