≪ 2007 11   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2008 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【花月】



◆嵐げんこつらあめんみそ 620円

◆えいけん的ランク:"B"(RANK DOWN)



◆えー…残すとこ今年もあとわずかですな。おいら今年を振り返ってみると、“空回りの多い年”やったと締めくくりしてみました。とにかく色んなコトにがむしゃらになって挑んだってことでは、自分自身のスタンスを評価したいと思いますが、結局前のめりに倒れたという結果です。どっかの占いでは、2007年は転機の年とゆーことでしたが、現在のところそれが訪れた気配はありません。弁護した解釈をすれば、まだこれが転機やったと気づくには時間がかかるってことも考えられるので、今年はまあこれでええやろってな感じです。

あと、今年はらーめんレビューがやたら少なくなってしまいました。忙しいってゆうと言い訳ですが、来年はもっと新規開拓できる時間的&精神的余裕をもっていきたいなと思います。



さて、今年最後のレビューは『花月』です。訪問からちょい時間が経ってしもたけど、今年食べた感想は今年中にケリつけとかんとな。

久々に大好物の『げんこつみそ』をオーダー。しかしながら、数年ぶりに食した印象はなかなか無残なものになってしまいました。



味噌はひねりもインパクトもない平坦な味でしょっぱさだけが強調されてる。とゆーより、ちょい化学調味料入れすぎじゃね?昔はもっと薄味やと思ってたけど、チェーン形態が変化してこのへんも色々変わってきたんやろう…という結論にしとこかな。大いなる危機感をもって、次は『寅』で試してみねば。



それでわ、よい年を。



◆東口を出たら右(目白方面)に向かって歩く。無印良品の前の信号を東に渡ってまっすぐ進む。少し道が右に折れ曲がってる左側。

住所:東京都豊島区南池袋1-20-2/最寄り駅:池袋駅

スポンサーサイト

【野田家】



◆有機麺使用しょうゆラーメン 900円

◆えいけん的ランク:"C"



◆まるでカツオと醤油のみでダシを取ったよーなシンプルでストレートな味。何故か、昔実家で母ちゃんが作ってくれた『中華そば』を思い出しました。モロ直球ですが、とても日本的なアレンジを感じました。かといって、“そば”ほど和に偏ってないバランス感覚の良さもあります。

麺は固めでプリッとした上品な食感。きっとこれが適度に麺を寝かせた結果やろけど、いかんせんボリュームが少なすぎる。加えて、上に乗ってるねぎやカイワレの方が多くて辛味寄りなぶん、せっかくの麺そのものを楽しめません。おいら自身、それほどねぎマニアでもないし…。

食べた後のすっきり感はとてもらーめんが胃の中に入ってるとは思えんほど爽やかです。添加物とか入ってなさそうでとにかく体にはよさそうですが、上品だけにとどまっててもう一つ個性が欲しいところです。

あと、見事な色のすり鉢状の器が、よけいに先述のボリューム不足を視覚的にも強調して逆効果。レンゲの素材と角度も×。せっかくやからここまで気を配ってほしい。



◆東口向かいのみずほ銀行に向かって左二つ目の角を護国寺方面へ。ちょっと進むと右手に見えてきます。

住所:東京都豊島区東池袋1-3-7/最寄り駅:池袋駅

【いそじ】
いそじ071224

◆中華そば(中盛) 650円
◆えいけん的ランク:"B"

◆年末で色々走り回ってて、最近らーめん自体、殆ど食べ歩いていません。過去のストックか、近場のレビューになってますが、勘弁したってください。さて、今回は代々木の『いそじ』です。

油膜がうっすら張られた熱々スープで、魚だしがクリアさを演出し、同時に豚骨のくどさもまったく感じられません。仕込みの丁寧さがうかがえますな。以前食べたつけめんよりもゆずの風味が増した気がします。
麺はつけめんと違って熱いスープに使ってるせいか伸びやすいけど、この優しい歯ごたえはこれでうまいと思います。全体的に『青葉』へのインスパイア感がありますが、シンプルとはいえやや画一的で単調さがあり、後半になるとちょっと飽きてくるかな。
トッピングはメンマが×。食感も味も無個性なので、改良が必要かも。あとらーめんやと玉葱が入ってますが、おいら的にはこれも不要な気がしました。とはいえ、全体的にはつけめんよりもらーめんのほうが大衆的でオススメかな。

先日Rev232でコメントした要町通りの工事ですが、つい先日、中央環状線としてよーやく開通したらしいです。渋滞はどれ位解消されるんやろうね…

◆駅から向かって代々木ゼミナール左にある脇道を南へ。坂を下りてたらすぐ右手に見えてきます。
住所:東京渋谷区代々木1-15-4/最寄り駅:代々木駅

【古武士】



◆らーめん(中盛) 680円

◆えいけん的ランク:"B"



◆おいらが一年で最も心の躍る日。それは今日、冬至の日です。一年で一番昼間が短い“底辺”とも呼べる状態に位置するこの日は、これからは向上するのみの、大いなる希望だけは保証されているという真逆の論理があり、美学があると思います。



さて先日、西新宿の『古武士』に行ってきました。行列店ではありませんが、懐かしい気持ちにさせてくれるこのお店は、おいらにとっては貴重な隠れ家的らーめん屋さんです。

さて、看板の古武士らーめんで。もちろん中盛り300g(無料)です。丁寧に仕上がった魚だし風味に醤油の優しくて深い味わいが調和した、いくらでも飲みたくなるスープ。以前にも書きましたが、ここのらーめんほどビジュアルイメージと食べた感想がぴったりハマるところをおいらは知りません。

麺は中くらいのストレートで、水分がありスープとケンカせずに一体化した感触を受けます。食べ応えもあって300gでもあっちゅー間やな。

らーめんへの新味追及は古今活気があっていいですが、こーいう“昔ながら”の味は、新味の目線では決して到達することはできんような気がしました。それほど芯のブレない美味しさです。



もーひとつ、関係ない話を。

この季節になると巷には多くのサンタさんが現れます。その象徴的な姿をぼんやり見つめながら、子供のころ、欲しかったものがひとつだけ叶ったこの夢のようなイベントは、本当に純粋で魅力的なものやったと今更ながら感じました。仕事とかボランティアとか遊び心とか、みんな様々な事情があると思いますが、世界が幸せな気持ちになれるよう頑張ってくれている多くのサンタさん達に改めて感謝です。



◆新宿大ガードから小滝橋通りを北へ進む。『武蔵』を越え、『大島らーめん愛ちゃん』を越えたすぐ向こう。

住所:東京都新宿区西新宿7-4-5/最寄り駅:西武新宿駅

【神戸ラーメン第一旭】



◆別製Bラーメン(1.5玉)&味玉 900円

◆えいけん的ランク:"A"



◆週末の疲れを吹っ飛ばすとともに、頑張った自分にご褒美を出すなら、おいら的にはやっぱこのお店やろーて感じです。

今回もすっかりお気に入りになってしもうた『別製B』で。もうすぐ期限が切れるけど、会員証も使って味玉子をプラス。ううん、楽しみや。



こぼれそーな程たっぷり入った、聡明なスープ。これは何度飲んでも飽きひんねぇ。東京のシンプルな醤油らーめんとはまた違う、関西ならではの味です。

麺はやっぱり新しくなった特別麺ってやつでした。ちなみに後でHPを見てみたら、現在、別製ラーメンをオーダーすると、基本的に麺は“ハス粉平打”ってやつを使用するらしい。反対に、従来の“伝統ストレート”(と言うらしい)を食べたい場合は特製ラーメンをオーダーすればええみたいや。

そしてぶ厚い炙りチャーシューはぐぐっとくる味わいがやっぱ旨い!味玉子はまるごと入ってて、中は黄金色の半熟ですが、とろ~りとあふれない絶妙な具合です。これまた旨い!毎回少しずつ変化を感じるのは、日々消費者には想像もつかない試行錯誤がなされてるからなんやろな。



ここ数年『神戸第一旭』を食べたい!とゆう理由以外で要町に来ることは殆どありません。この夜も、ほっと満足できる美味しさがありました。それにしても、要町通りの道路工事、いつまでやってんのやろ…



◆要町交差点を池袋方面に向かって右側を歩いてすぐ。ファミマのとなり。

住所:東京都豊島区西池袋5-24-12/最寄り駅:要町駅

【いそじ】



◆つけめん(中盛) 680円

◆えいけん的ランク:"B"



◆代々木は意外とらーめん屋さんが少ないですが、少ない割に個性的ではいくおりてぃなお店が多いように思います。てなわけで今回は代々木の『麺恋処 いそじ』に行ってきました。



お店の一押しがつけめんらしいので、これで。ちなみに中盛りまでは同価格です。つけめんはこーいうサービスが多いので、とことん麺を食べたい時はええですね。

ここの特徴は、うどんのよーにぶっとくて固い麺が特徴。食感もややうどん寄りでしこしこしてて、確かにらーめんよりも一押しのつけめんとして食べたほーが合うのかも。結構なボリュームに強い歯ごたえも手伝って、中盛りでも満腹感はかなりあります。

つけ汁は醤油がやや強い(といっても嫌味がある程でない)、魚粉も入ったWスープタイプ。脂分も強すぎずバランスもなかなかええけど、“これや!”ってゆう個性は弱いかも。とはいえ、つけめんのつけ汁ってのはもしかしてまだまだ発展途上で、らーめんと比較して極端にバリエーションが少ないから、みなさんスタンダードを重んじるものなのかも知れません。口で言うのは簡単ですが、もっと新しい味が生まれてこないかな~。

溶けないタイプの海苔はちょっと全体から浮いた感じで、個人的に違和感があるかな。他のトッピングも特段アピールポイントはなし。



全体的な印象として、基本に忠実で丁寧なつくりにオリジナリティの高い麺というのが気に入りました。ただしその麺によってつけ汁が冷めるのが早すぎることが大きなマイナスポイント。

このお店、最近オープンしたっぽい感じですが、早くも盛況なようでした。



◆駅から向かって代々木ゼミナール左にある脇道を南へ。坂を下りてたらすぐ右手に見えてきます。

住所:東京渋谷区代々木1-15-4/最寄り駅:代々木駅

えっと、今日は仕事で遅うなって帰り夕食(夜食?)にらーめんでも食べるかってことで、新宿東南口を通りかかった時のエピソードを書きます。



突然ですが、なんや思わず書かれずにおれんかったもんで。てなわけで、後述しますが今回はらーめんレビューはありません。





最初はトランプとかでマジックをやってたんで、珍しいな~と思いつつちょっとのぞいてみました。でも本番はストリートダンス。ここ半年ばかりやたらと忙しかったんで、路上のパフォーマンスを座り込んで見るなんてのはいつ振りやろか…。



白いマスクをかぶって音楽に合わせて踊るマリオネット。(陳腐な表現かもしれんが)ムーンウォークをイメージさせるきめ細かで流れるよーな足の動き、あたかもそこに空間や物体があるかのような抵抗感を表現した手の動き。うう~ん、上手いなあ。ライブで観てるせいか、迫力に押されてよけいに凄く思えた。



あくまで素人の感想やが、終わってみるとじーんと久しく味わってなかったさわやかな感動をもらいました。ストリートならでわの良さってありますよね。

何気に帰りにチラシをもらって見てみたら、えらく深みのある半生を生きてきた人のようや。後になって思い返すと、その本人の歴史の一部がダンスにあらわれてたようにも思えた。



こうしておいらの夕食にするつもりやった貴重ならーめん代はパフォーマーさんの電車賃に消えた。でも、それ以上に貴重な感動を分けてもらったんで、とても気分のいい一日の終わりを迎えられました。





空腹なんて芸術の敵やないね~。



興味のある方は画像をヒントに検索などしてみては?

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード