≪ 2008 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 -  2008 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【揚州商人】



◆濃厚フカヒレラーメン 1400円

◆えいけん的ランク:"B"



◆何かイイコトがあったらいつかきっと食べようと思てた、揚州商人の『フカヒレラーメン』。よう考えたら最近とてもはっぴーなので、この機会を逃さんよう慌てて食べることにしました。くう~楽しみやな。



出てきたのは、いかにも中国~てなイメージの白地に青い模様が施された、ファッチューチョンでも入ってそうな壺?のよーなどんぶりが。店員さんがその場で蓋を開けてくれ、そこからは密度の濃そうな醤油の香りが。

おや、この香りはどっかで体験したことがあるよーな…まてよ?大昔に大橋巨泉がCMやってたインスタントラーメン『本中華』に似てないか?いや、インスタントと比較しては悪いけど、いわゆる『本中華』というメニューは他のらーめん屋でも見かけることがある。このらーめんのコンセプトはもしかしてここにあるんかも?



さて、熱烈熱々スープは先述のとおり醤油の深い香りが漂い、見た目も表面の油の先は完全に不透明なオレンジ色。しかし、その味は予想以上にさっぱりしてて、後にほのかなコクが残像として残る。そして箸でたどると細麺と一緒にこれまたオレンジ色の透明感あるフカヒレが姿を現す。

フカヒレは意外にたっぷり入ってて、麺と絡めて食べてても一緒になくなるくらい。歯ごたえはぷっちりと心地よい抵抗感があって、味わいはタンパク。おいらのイメージでは一枚ヒレを期待してたんやけど、さすがにそれはずーずーしかったな。

生姜とチンゲン菜がアクセントとなって、コクのあるスープをバランスよくしてくれる。とはいえ、思わずスープは完飲してしまい、後でちょっとお腹にもたれました。意外と油が多かったんやろか。



フカヒレをらーめんで食べるというのはすごい発想で、完成度も高い一品やけど、“出会いのもの”にはなし得なかった、っちゅうのがおいらの感想でした。それにしても、おいらこんな高いらーめん頼んだのは初めてやわ。



◆JR西口から左手のバスロータリー沿いの道を要町方面へ。丸井のある道路にぶつかったら左へ進み、東京芸術劇場の向かいあたりまできたら右手にあります。

住所:東京都豊島区西池袋3-25-11/最寄り駅:池袋駅

スポンサーサイト
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード