≪ 2008 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 -  2008 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺屋 翔】



◆中華そば(大盛) 750円

◆えいけん的ランク:"C"



◆近くに用事があったんで、前回かなり印象のよかった『麺屋 翔』を訪ねることにしました。このお店は確か『塩そば』が看板メニューやったと記憶してるんやけど、折角なんで他の種類はないかなーと券売機を見てたら、『中華そば』のボタンが!ほほう、こっちは醤油味っつーわけやな。てなわけで、これ!



何やろ?らーめんが出てくると、なんや説明のし辛い昔懐かしい香りがする。これはこのお店に限らず時々体験するんやけど、魚とか肉のダシとかではなく、もっとシンプルで画一的な…。麺から発する香りやろか?うーん、わからん。

細くてぷつっと歯に心地良い抵抗感は、飾り気のない素直な味を演出してて美味しい。かと思えば、スープはやや甘みのある魚粉入りという、麺とは対照的に流行りを意識したアレンジがなされてて不思議な印象を受ける。魚粉は東久留米にある『くにがみ屋』ばりに器の底に残ってましたが、全然魚臭さや嫌味のない、まる~い味わいでした。うーむ、こういうタイプのらーめんてあるんか。

大盛無料は相変わらずでうれしいな。チャーシューも注文を受けてから都度炙るという手間のかけよう。ただ残念やったのは、穂先メンマが仕込みの問題なのか固さが残ってて、かつ水煮のような匂いが抜けてなくて風味も今一つ…。おいら的には、今回決定的に『もちもちの木』に水をあけられたな~と感じました。



全体的には、手間に加えて工夫を凝らした面白いらーめんやと思います。ただ個人的好みで、昔風なのか現代風なのかどっちつかずな部分が、おいら的には中途半端に映ってしまいました。『塩そば』のが断然オススメかも。



◆小滝橋通りを大久保方面へ進み、『ラーメン二郎』のある五叉路を左向こう側へ。3~4つ程角を過ぎたら新宿警察署に向かう長い路地に出るので、ここを左に曲がって少し歩いた右側。

住所:東京都新宿区西新宿7-22-34/最寄り駅:新宿駅

スポンサーサイト
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。