≪ 2008 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 -  2008 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺屋 じげん】



◆らーめん(大盛) 700円

◆えいけん的ランク:"B"



◆馬場もらーめん屋が多く、その趣向は池袋や新宿とも違う、ある意味評価の厳しい学生に対する挑戦ともいえる方向性を感じます。そうした中のこだわりのお店『じげん』に行ってきました。ちなみに関係ないけど、おいら『ルパン三世』では、次元が一番好きやったなあ。ハードボイルドで。



さて、何にしようか券売機を見ると、『濃厚らーめん』てのが目に付いたんですが、人気があるのか売り切れで残念でした。気を取り直して、スタンダードに『らーめん』で。ここも大盛無料とうれしいサービスがありますな。

底の深い、気持ちちょい小ぶりな丼にはこげ茶色のスープが。周りには魚粉が浮いてましたが、追いうちをかけるよーに端にもどさっと魚粉が乗ってました。その味は、魚粉の量の割にはくどさの少ない、口当たりは濃厚ながらも後味はあっさりの豚骨醤油味です。豚骨は丁寧にこされたクリアなテイストで、やや強めの醤油がインパクトを出してるかな。魚粉を使った組み合わせとしてはかなりニュートラルな味に属する印象で、誰もが納得できる味かもしれません。

麺は中太でやや平打ち系の、むちっとした歯ごたえでコシもちょい強めな、この手のスープに対してちょっと珍しい組み合わせかも。喜多方系ほどやないけど、独特の抵抗感があるかなと感じました。

メンマは見た目の豪快な印象とは裏腹に、繊細でどの部分も柔らかい丁寧な仕上がり。これはうまい!後で気づいたんやけど、穂先メンマが150円でトッピングできるらしい。これだけクオリティの高いメンマやったら、さぞかし…。

それから、甘い脂身と肉の歯ごたえをしっかり残した、風味豊かな炙りチャーシューもなかなかうまい。



全体的にかなり高いレベルでまとまったらーめんやと思いました。ただ、これをレプリカしたよーならーめんは巷に溢れており、“魚粉”という手軽とも呼べる媒体のおかげでこれまたお店の個性を区別するのが難しくなってきてる気がします。『渡なべ』と比べると、わかりやすい美味しさを持ってるという意味では評価できるんですが…。



◆北口早稲田通りを中野方面に3分程歩く。郵便局を左の路地に入って出口付近まできたら左手にあります。

住所:東京都新宿区高田馬場4-17-17/最寄り駅:高田馬場駅

スポンサーサイト
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。