≪ 2008 02   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2008 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【琴海】



◆情熱とんこつ 680円

◆えいけん的ランク:"B"



◆昔、週刊マガジンでやってたマンガに『石焼らーめん』てメニューがあったんやけど、まさか実際にはなかなかないやろなーて思てたら、意外と近くにありました。

ビビンバとらーめんを中心としたお店のよーで、ファミリー向けかと思ったらカウンターのみのスタイル。外観からテーブルまで、中国をイメージさせるような真っ赤な視界が特徴的です。



さて、らーめんメニューはとんこつと味噌の二つのスープで、『爆熱』『情熱』『ドン』と熱さにランクが付いてるみたいです。今回はスタンダードに『情熱とんこつ』てのに。ちなみに相方のオーダーした『ドン』は、石焼でないふつーのタイプのらーめんでした。

やってきた石焼き鍋はぐつぐつしてて、スープからは白い煙が…。いきなりやと火傷するかなとしばし眺めていたら、表面にアクのよーなものがぷくーっと浮いてきた。スープがなくなりそうやったので、意を決して一口。熱々やけど飲めないレベルではない。いわゆるスタンダードな豚骨スープで、この熱さでも塩分と旨みの強さを感じられます。熱で舌が感じにくいとはいえ、ちょい化学調味料入れすぎやないかな?

麺は熱にも負けずに伸びにくしたタイプで、半透明な黄色をしててむちっとした食感。ボリュームはかなり少なめなので、きっと大盛がオススメやな。トッピングはきくらげやチャーシュー、メンマ、ネギなど。紅ショウガは個人的には好きやけど、食べる頃にはスープの熱さで風味の失われた薬味になってしもてたので、これは別皿にした方がいいかも知れんな。



とまあ、気づいた点は多いながらも、手間もコストもかかってそうな割に値段はリーズナブルでいただけますな。何より石焼でらーめんを食べられるっちゅう個性は買い。ただ、非常に話題性のある商品やと思うけど、立地的にはあまり溶け込んだ感じではなかったなあ。ベースとなるスープはもちろん、トッピングとかもまだまだ改良の余地があると思います。頑張って欲しい!



◆駅北口をまっすぐ進んで右手に赤っぽい派手な建物が見えてきたらそれ。

住所:東京都東久留米市東本町1-12-102/最寄り駅:東久留米駅

スポンサーサイト
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。