≪ 2008 03   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2008 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ホープ軒】



◆中華そば+味付玉子 600円+50円

◆えいけん的ランク:"A"



◆90年代を代表するらーめん屋さんといえば、まちがいなくあがってくるこのお店。まさか潰れてんやろなと行ってみたら、相変わらずの黄色一色のお店の前には行列が。さっさすがですな…。



中華そばに味付玉子をトッピング。値段も全く変わってへん。生玉子もうで玉子も味玉も全部50円て…。スープは不透明な豚骨+醤油で、背脂はなし。ほのかにんにくの風味。ビジュアルは横浜家系とよく似てますが、豚骨独特の匂いは丁寧にカットされてて、見た目とは裏腹に洗練された口あたりと、満足感のあるコクとうまみ、舌にまとわりつかない不思議な後味。“東京豚骨”とゆうのは、ちょうどこの時代から台頭してきたジャンルやったと記憶してますが、パイオニアとしてもクローズアップされ、10数年経った今も行列の絶えないこのお店、やっぱりスープだけでその王者たる“格”をまざまざと見せつけられました。

麺は細くて柔らかいちぢれ麺。横浜家系のよーな太麺とは真逆ですが、クリアなスープやとちょうどこれくらいのがバランスとしてええみたいです。ボリュームもけっこうあって、大盛が用意されてない理由がうかがえます。

トッピングは大量のもやし、海苔、薄いけどうまみをしっかり味わえるチャーシュー、そして追加オーダーである、かた茹でで程好いしょっぱさの味付玉子。どれも麺との相性はよく、らーめんとしての一体感があります。

券売機でもないのに前金制という、今では珍しくなったスタイルを貫く、丁寧な応対で気遣いも感じられる店員さん達。カップルでの来訪も多いみたいやけど、オペレーションや回転もええので待たされることがありません。



21世紀となり、今は振り返る“失われた10年”。『ホープ軒』はずっと変わらず、まさにあの頃の時代を切り取ったよーな感覚を呼び覚ましてくれます。



◆吉祥寺駅北側にあるアーケードに入ってすぐの脇道を右へ。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12/最寄り駅:吉祥寺駅

スポンサーサイト

【神戸ラーメン第一旭】
神戸第一旭080420

◆特製Cラーメン(2玉) 890円
◆えいけん的ランク:"A"

◆今日は舞台『空中ブランコ』の初日公演とゆーわけで、池袋の東京芸術劇場まで観に行ってきました。おいら以前にレビューしたかもしれませんが、TVドラマで3年ほど前にやってた阿部寛さん主演の同作品ですっかりファンになってしまいました。今回も舞台で、しかも、主演の伊良部があの雨上がり決死隊の宮迫氏とゆう、これまた大好きな芸人さん(木曜夜のアメトーークは週末の楽しみです)によるものとゆーことで、友人から情報Catchしてから、速攻でチケットGetしてひたすらこの日を待ち望んでいました。
劇場は中ホールながらえらい賑わいで、有名人からの花輪がたくさん…なんやパーティー会場みたいです。舞台は休憩を挟んで2時間15分にも及ぶ長編で、所狭しと宮迫氏やサトエリさん達のコミカルでウェットな演技、そして何より本格的なサーカスの演出にはただ感動モノです。カネもかかってそーです(笑)
そして、特にクライマックスの空中ブランコのシーンは、思わず魅入ってしまう技術もさながら、舞台ならではのあっと驚く見事な演出に思わず鳥肌が立ってしもうた。最初どーするんかと期待してたんやけど、びっくりした。あれはほんとーにスゴイ!!

非日常への扉は、しばし現実の自分を引き剥がし、気持ちで夢見ていた甘美な世界へと連れてってくれます。やっぱ舞台のお芝居ってのは、映画にはない実にリアルな感動があるねぇ。いやー、是非もう一度観たい作品やと思いました。何しろ宮迫さんのボケ、リアクション、劇場に響き渡る声質はホンマにサイコーです。今日眠れるやろか…?

なんやらーめんのレビューがおまけになってしもうたけど、帰りに要町の『神戸第一旭』へ行ってきました。とにかく腹が減ってたんで、特製Cの2玉(Wサイズ)にしてみました。流行りの"メガ"って触れ込みやけど、体調がよかったせいかボリュームは全く普通に感じました。こんなもんやったかな?
特製のチャーシューは白身と赤身、細切れ、そして一部別製の分厚い肉が皿からこぼれんばかりに盛られてますが、別製のジューシーで重いタイプの肉ではなく、いくらでも食べれるライトなタイプなので、量の割に胃に優しいのかも。
特製シリーズの麺はオーソドックスなストレートタイプで、おいらはこっちのがどこかほっとします。CLUBカードがリニューアルされたみたいで、またトッピングの一部がサービスしてもらえるよーになったみたいです。

◆要町交差点を池袋方面に向かって右側を歩いてすぐ。ファミマのとなり。
住所:東京都豊島区西池袋5-24-12/最寄り駅:要町駅

【たけちゃんにぼしらーめん】



◆蕎麦油そば 650円(キャンペーン価格)

◆えいけん的ランク:"B"



◆メルマガ会員限定で新作創作らーめんが300円引き?!やっすぅーい!てコトで、大雨にもめげずにさっそくGo!関係ないけど、このお店は女性ひとり客が多いですな~。それが自然なのもまたええなあ。



麺は茶色くて黒い斑点があり、蕎麦粉が入ってるのがビジュアルでわかりますが、蕎麦の風味も上品で美味しそうです。油そばとゆースタイルなんで、麺そのものののど越しが楽しめるところも、蕎麦本来の食べ方を意識して作られたのかも。

ではさっそく一口…表面感覚は少しざらっとしてて、らーめんよりも歯ごたえは弱い。完全な蕎麦とゆーより、味付けも加わって“焼きそば”の感覚に近いか?塩味スープにつけて食べても美味すぅいーけど、蕎麦らしさは少し弱まるので、これはスタンダードな食べ方のほうがオススメ。

ボリューム感も大人しめで、胃に優しそうなところも蕎麦ならでは。乾燥ニンニクがメリハリと深みをプラスしてて、インパクトも意外に強いです。何より蕎麦+油そばとゆー発想が面白かった。通常価格950円てのはちょい悩むところやけど…



◆JR代々木駅西口から続いてる大通りを道沿いに5分位歩きます。

住所:東京都渋谷区代々木1-45-4/最寄り駅:代々木駅

【麺屋 宗】



◆地鶏魚玉そば 880円

◆えいけん的ランク:"B"



◆和風ショットバーのような雰囲気のらーめん屋さん。いや、やっぱり和風ショットバーか?

オススメの『地鶏魚玉そば』をオーダーして、店内を見渡す。ううん、やっぱおしゃれや。畳仕様のカウンターもすごいし、トリッキー(?)な水差しやタンブラーからしておしゃれや。よく見ると女性客も多い。おしぼりも手渡しで出てくるし、券売機でないらーめん屋っちゅうのもよく考えたら最近少なくなってきたかも。



スープは塩かゆず塩を、麺は手もみボコボコ麺か中太麺を選べる。いずれも前者で。

なんや大層な岩塩を使ったらしい透明なスープはひと口すすると細めの塩味が広がって、すっと儚過ぎるほど余韻を残さず消えていきます。

揚げニンニクや糸唐辛子が風味やスパイスとしてうまくフィットしてて、食べてて飽きさせない演出を感じられます。麺は太麺というほどではなく、ライトでしつこさがない好印象な食感です。スープにも綺麗に絡んでくれるのはさすがや。

魚玉は別皿でやってきました。風味が抜群によくて、煮玉子の一つの究極形とも言えるかもしれません。魚のエキスなんで好き嫌いは分かれるかも知れんけど。炙りチャーシューも文字通り“焼豚”って感じのインパクトがあります。魚玉と並んでこのトッピングは素晴らしい。ちょっと残念やったのは穂先メンマ。浸かり過ぎて濃いめの味になってたのか、繊細なスープの印象が妨げられてた気がしました。



これで醤油味が出たらうれしいんやけどな。それから少し気になったのはスープ。最初はかなり繊細な印象やったけど、食べた後は強めの塩分の感触が舌にじっとりと残りました。あれって…???



◆早稲田口から早稲田通りを早稲田方面に歩いて、明治通りとの交差点を右に曲がってすぐ右です。

住所:東京都新宿区高田馬場1-4-2/最寄り駅:高田馬場駅

【めんりき】
めんりき080409

◆豚骨塩(大盛) 780円+100円
◆えいけん的ランク:"B"

◆今回は『めんりき』の豚骨塩らーめんにチャレンジ。前回ボリュームがいま一つやったんで、大盛券も忘れずに購入。

まず最初に印象を受けたのは、豚骨醤油と異なり、すりごまがチャーシューの上にざばっと振りかけられてること。すりつぶしてあるんで強い風味が器いっぱいに広がっており、ごま好きにはちょっと嬉しいかも。豚骨スープは、塩によってより引き締められたシャープさを持ちながら、本来のミルキーなまろやかさとうまく調和してて、なかなかイケてます。ただ、後半になるとちょい塩味の強さが口の中で気になってしまい、食べた後のクリア感も豚骨醤油より幾分弱く感じました。
麺は並盛の1.5倍の量やけど、食べやすいのでそれほど圧迫感はありません。ちなみに麺大盛でも相変わらず多いトッピングとの調整に加え、スープをつい口に運んでしまうせいか、おいらが食べると麺そのものは後回しになってしまう傾向となり、バランス感が難しいなと思いました。それから中太でやわらかな食感の麺は美味しいんやけど、このスープにはもう少し細い麺の方がおいら的には合うかな?という気がせんでもないかな。

どこか豚骨醤油のプチアレンジとゆー感が否めんけど、一品としてはなかなかまとまりのあるらーめんです。

◆駅南口からふれあいどーりに入って1分程進むと右手に派手な看板があります。
住所:東京都清瀬市松山1-15-3/最寄り駅:清瀬駅

【飛騨の高山らーめん】



◆味噌らーめん(大盛) 660円+100円

◆えいけん的ランク:"C"



◆新宿マインズタワー地下にあるらーめん屋さんです。たまに食べたくなるので行ってきました。



今回は味噌大盛りで。ゆうに30cmはありそーな、ごっつい器に入ってやってきた。麺1.5倍て書いてあったけど、これはお得感がありますな。

スープはすっきりまろやかな味噌味で、油は結構浮いてるけど不思議と飲めます。醤油味よりもこっちのがお勧め。麺はヤワヤワでちょっと安っぽいけど、この頼りない食感を口の中でがつがつかっこむのは、意外に乙かもしれん。ネギがいっぱい入ってて、麺との組み合わせはなかなか。ほうれん草トッピングというのは珍しいかなと思ったけど、味噌汁やと思えば普通にあるしね。



王道やないけど安心して食べられる、デパートやレストランの味ってとこか。…にしても今更ながら、“飛騨高山らーめん”とゆうブランドのコンセプトって何やろ?



◆マインズタワー地下1Fです。大江戸線からやと地上に出ることなく行けます。

住所:東京都渋谷区代々木2-1-1/最寄り駅:新宿駅

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。