≪ 2008 03   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2008 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【ホープ軒】



◆中華そば+味付玉子 600円+50円

◆えいけん的ランク:"A"



◆90年代を代表するらーめん屋さんといえば、まちがいなくあがってくるこのお店。まさか潰れてんやろなと行ってみたら、相変わらずの黄色一色のお店の前には行列が。さっさすがですな…。



中華そばに味付玉子をトッピング。値段も全く変わってへん。生玉子もうで玉子も味玉も全部50円て…。スープは不透明な豚骨+醤油で、背脂はなし。ほのかにんにくの風味。ビジュアルは横浜家系とよく似てますが、豚骨独特の匂いは丁寧にカットされてて、見た目とは裏腹に洗練された口あたりと、満足感のあるコクとうまみ、舌にまとわりつかない不思議な後味。“東京豚骨”とゆうのは、ちょうどこの時代から台頭してきたジャンルやったと記憶してますが、パイオニアとしてもクローズアップされ、10数年経った今も行列の絶えないこのお店、やっぱりスープだけでその王者たる“格”をまざまざと見せつけられました。

麺は細くて柔らかいちぢれ麺。横浜家系のよーな太麺とは真逆ですが、クリアなスープやとちょうどこれくらいのがバランスとしてええみたいです。ボリュームもけっこうあって、大盛が用意されてない理由がうかがえます。

トッピングは大量のもやし、海苔、薄いけどうまみをしっかり味わえるチャーシュー、そして追加オーダーである、かた茹でで程好いしょっぱさの味付玉子。どれも麺との相性はよく、らーめんとしての一体感があります。

券売機でもないのに前金制という、今では珍しくなったスタイルを貫く、丁寧な応対で気遣いも感じられる店員さん達。カップルでの来訪も多いみたいやけど、オペレーションや回転もええので待たされることがありません。



21世紀となり、今は振り返る“失われた10年”。『ホープ軒』はずっと変わらず、まさにあの頃の時代を切り取ったよーな感覚を呼び覚ましてくれます。



◆吉祥寺駅北側にあるアーケードに入ってすぐの脇道を右へ。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12/最寄り駅:吉祥寺駅

スポンサーサイト
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード