≪ 2008 09   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2008 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【吉村家】(First Real)

吉村家081013
◆ラーメン(中盛)+味付玉子 740円+80円

◆横浜に行く用事があったので、折角なんでどっかうまいらーめん屋さんに…と思ったのはええんですが、おいら横浜のらーめん屋さんは全く詳しくないんで適当にネットで調べてみたら、聞いたことのあるお店がちらほら…その中でも特に有名(らしい)横浜家系総本山と銘打たれた『吉村家』が気になって、駅からも近そうなので行ってきました。

日曜の11時頃に到着。もう開店してたみたいで、約10人待ち位でしたが、10分程で座敷に通してもらえました。すごい行列とゆー噂やったんでちょっと覚悟してただけにうれしい。

さて、メニューは当然ながら家系“豚骨醤油”で、ラーメンまたはチャーシューメンのみ(プラス何種類かトッピングがあり)。今回はラーメン中盛に味玉を付けてみました。好みを聞かれたので、(麺)固め・(味)薄めのおいら的スタンダードで。
程なくしてやってきました。ちょい大きめの黒い器にたっぷりのスープが盛られてます。まるまる一個入った味玉が80円とお安いのもうれしいな。スープはおいらの“家系イメージ”やった白濁豚骨って感じやなくて、醤油寄りな感じの茶色っぽい色合い。うっすら膜を張ったそのお味は、鶏ガラと丸みのある醤油が前面で、あくまでサイドからの旨味に徹した感じの豚骨が主張し過ぎないことで、重すぎず軽すぎずぴーんとバランスが張られた、どこからーめんの“原点”を思わせる美味しさがあります。薄めでオーダーした醤油は、それでもしょっぱさを感じるものの、尖った印象はなく後味にも嫌味がない。食後ちょっぴり残る程度かな。
ちなみににんにくや酢等の薬味がいっぱい卓上に置いてあり、で味を好みにカスタマイズできるようでしたが、もったいなくて入れられませんでした。

麺は太めで少し抵抗感がある、家系ではお馴染みの歯ごたえ。そして『煮豚』の台頭により今ではあまり見かけなくなった『チャーシュー』ですが、このお店のそれは風味、歯ごたえ、味全てにおいて極みレベルやと言えるでしょう。うまみの全てを閉じ込めた、強い存在感を主張するよーな肉々しい香り、あと柔らかい脂身とのバランスの取れたロースとしての完成度も素晴らしい。そして定番のホウレン草と三枚のでっかい海苔は言うまでもなく相性ばっちりの組み合わせ。味付玉子は見た目から期待してた通り、黄身カタカタで塩っ辛く懐かしい味でした。もしかしたら今の子ども達には受けんのかもしれませんが、こーいうゆで玉子って、今でも食べれるとこゆうたら一部のらーめん屋さん位とちゃうやろか。

今回の訪問はすごい収穫でした。おいら的に家系らーめんにおいて、過去最高ランクやった町田家(新宿)の数段上を行く領域で、広く支持される家系らーめんの底力に触れた気がしました。店員さんやおばちゃんの接客も丁寧で、食べた後も満足感でいっぱいでした。どぉもごちそうさまでした。


(おまけ画像)
吉村家081013_2
座敷の壁際には認定証と無数のカップめんサンプル(これがまたすごい種類)が厳かにまつられてます。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・ラーメン(普通)        630円
・チャーシューメン(普通)  740円

◆駅西口から向かって左斜め前の通り(高島屋を左手に)をまっすぐ進んで、大通り交差点に突き当ったら左手に赤い看板と行列の空間が見えます。
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-12-6/最寄り駅:横浜駅



スポンサーサイト
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。