≪ 2008 10   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2008 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【味一】(First Real)

味一081117
◆小田原味噌ラーメン+煮玉子  500円(期間限定価格)+50円

◆高田馬場は個性豊かならーめん屋さんが数多くあります。中でも特に激戦区域とも云える『純蓮』や『二郎』『じげん』等のある早稲田通り西側のいち店舗『味一』に初訪問してきました。
比較的早い時間に閉店するので心配してたんやけど、明かりがついててほっとひと安心。あれ?赤い看板に張り紙があって『全品500円』と記載が…。なんかあったんやろか?(後で調べてみたら、本店である小田原店45周年記念てことで、期間限定で基本のレギュラーメニューは500円均一だとか)まあ偶然とはいえ運のええ時に訪問したな~と、さっそく店内へ。
お店の中は狭いながらも店主さんが一人でお客さんに気を使いながらせっせと作ってる模様。接客レベルはかなり良さ気ですな。店内は何やろ、だしか麺かの昔懐かしい香りが充満してて、ちょっと幸せな気分に浸れます。
さてと…“限定”の小田原味噌ラーメンを注文。煮玉子も50円と安かったので追加オーダー。ちなみにおいらの次の次の人までで終了やったため、あと10分遅れてたら食いっぱぐれるとこやったかも。まだ閉店まで1時間半以上あるのに、キャンペーン中ということもあるんかかなり盛況のようです。

ラードが表面に浮いて香ばしさが鼻孔をくすぐります。レンゲで混ぜると分離されてたラードと味噌がきれいに混合され、濃い目の味噌スープに変化します。味噌は合わせ味噌のよーですが、それ以外にも何か色んな材料が入ってるようで、野菜が溶け込んだよーなうま味、ぴりっとした辛味など複雑に調和した多重層の美味しさが広がります。う~む、パンチのある味噌スープというのは結構出会うのが難しいので、これはHitの予感が。
麺は白っぽくて細いちぢれ麺で、スープをうまく絡めながらぷつぷつとした食感が楽しい。“味噌らーめん=平打ち麺”という方程式にとらわれず、オリジナリティが前面に出ててええね。
チャーシューは小ぶりなのが3枚、周りはじっくりと煮込まれて色づいた感じで、食べるとやっぱりジューシーなうまさ。煮玉子は黄身が固まってて、ほんのり甘さを感じます。あと、炒めもやしがたっぷりと乗っけられてますが、作り置きみたいで冷たく、しなっとなってたのが残念。まあスープにつければ復活するし、冷たくすることで香りが凝縮されてるという解釈もできるんかな。

味噌そのものはやや濃いめですが、食べた後のくどさはなく(喉は渇きますが)、むしろラードの風味がずっと心地よい余韻を残してくれます。これだけ香りのインパクトが強い味噌らーめんてのは、それこそ『純蓮』『すみれ』クラスでないと出会えんなあ。いやむしろ個人的好みですが、味噌らーめんのスタイルとしてはこっちのが上に感じました。とにかく食べ始めると箸が止まらん。無我夢中になってしまう、とてもハイレベルな逸品やったと思います。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・正油ラーメン           600円
・塩ラーメン             600円
・味噌ラーメン           650円
・小田原味噌ラーメン(限定)  650円
・もやしラーメン          650円

◆早稲田口から東西に延びてる早稲田通を中野方面に歩いて5分ほど進んだ左手。
住所:東京都新宿区高田馬場4-13‐13/最寄り駅:高田馬場駅
営業時間:平日11:00~16:00 17:00~20:00(スープ切れ次第終了)
       日祝日11:00~17:00
水曜休


スポンサーサイト
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード