≪ 2008 11   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2009 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ぜんや】(2nd Real)

ぜんや081220
◆チャーシューメン(大盛) 900円+100円

◆2008年東京らーめん食べ納めの最後を飾るのは、おいら的にひとつの人生岐路となった今年初めの時期に出会い、とても感動した埼玉県新座市の『ぜんや』です。この時から今年の“King of Ramen”となり得る予感はあったんですが、その感動を塗り替えるらーめんに他にも出会うかも知れん…という淡い期待をもって今年を駆け抜けたつもりが、気がつけばもう年末…早いもんやね。てな訳で、も一度ここのらーめんを食べておかんことには2008年を締めくくれんという結論となり、行列覚悟で訪問してきました。

この日は比較的暖かい風が吹く、冬ならではの快晴やったんですが、昼過ぎとはいえ意外にも6人待ちとゆー幸運で、10分ちょいで入店できてしまいました。このお店って、お店は狭いけどオペレーションはびっくりする位早いんよなあ。

さて、はるばるやってくるとどーしても頼んでしまう『チャーシューメン』を大盛で。スポーツジムの直後やったんでがっつり食うでぇ。
ほのかに醤油のよーな色づきがあるスープは、見た目以上に透明感のある清涼な口あたりで、さらさらやのに折り重なった深い味わいが後から追っかけてきて、最後に本当にかすかな甘さが舌をくすぐるとゆう、とても複雑な塩味です。まさに昔ながらの中華そばが進化を遂げて完成されたよーなイメージで、表現としてはちょっと矛盾するかも知れんけど、家庭的とゆーよりは芸術的で隙のない印象があります。
麺は気持ち太めの黄色ちぢれタイプで、前回の柔らかい印象と比べて、やや固めのごわっとした感触でした。麺そのものにうまみが感じられ、最後まで飽きさせずに食べれるけど、個人的にはも少し細い方がスープにより合うかな?って気もしました。ちなみに大盛にすると結構ボリューミィです。
チャーシューはやや小ぶりのものが表面を覆ってて、前回も書いたけど、喜多方チャーシューっぽいけど煮崩れせず適度な状態で保存されてて、きゅっとした旨味を閉じ込めた技術と、肉の繊維を楽しめる絶妙な歯ごたえはさすがです。まさに“完璧”と言える煮豚やと思う。

それにしても気になったんは、シャープな塩スープをさらにバックアップする存在が今回も見え隠れしたこと。…レモン?醸造酒?たまり醤油?味覚にはあまり自信がないんでその正体はイマイチわからんけど、何やろ?何やろ?とつい気になってしまい、今回も丼たっぷりに注がれたスープを全部飲んでしもた。印象としては、都立家政の『七彩』とか、神戸にある“伝説”の『元町ラーメン』のイメージがよぎる、塩らーめんとしては相当高い完成度を誇る出来栄えで、特段らーめん好きでなくとも一度は訪問してみて頂きたいお店です。


さて、再訪してやっぱり前回の感激にブレがないことを確認できたので、晴れて『ぜんや』をおいら的“King of Ramen 2008”に認定しよーと思います。
『ぜんや』さん、大いなる感動をありがとーございます!これからも応援してますわ!!


【歴代記録】
“King of Ramen 2007” -該当なし-
“King of Ramen 2006” 代々木『たけちゃんにぼしらーめん』
“King of Ramen 2005” 新宿『もちもちの木』
“King of Ramen 2000” 経堂『英』
                   横浜ラーメン博物館『支那そばや』 絹腰和伊麺
“King of Ramen 1992” 京都『天下一品』
“King of Ramen 1991” 京都『第一旭』
“King of Ramen 198X” 滋賀『をかべ』 『みつわ食堂』 『ラーメン藤』


◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・ぜんやラーメン   700円
・メンマラーメン   850円
・餃子         370円

◆新座駅南側を通る254(川越街道)に沿ってちょい池袋方面へ。志木街道の交差点を清瀬方面に南下して学校を越えたらすごい行列の一帯があります。
住所:埼玉県新座市野火止4-9-8/最寄り駅:新座駅
営業時間:11:00~スープなくなり次第終了(15:00~16:00が目安)
火・水曜日休み



スポンサーサイト
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。