≪ 2009 01   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2009 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【利久】 Eiken's Rank:"A"

利久_牛たん定食090221
牛たん定食   1200円

◆仙台ライフで最初に牛タンを食べたのが、ここ『利久』でした。出張初日の夜に連れてってもらったんやけど、そのうまさにびっくり!ランチやと手軽に食べれるんで、再度行ってきました!

◆前回は中央通り店ていうトコやったんやけど、今日は北を横断する広瀬通をはさんだ向こう側にある本町店にしてみました。大通りから一本入ったトコにあるんで、もしかして穴場かも…と思てたんやけど、11:30開店同時に一斉にお客さんが。しかも帰りにはお店の前に列ができてました。すごい人気やな。

◆仙台の牛たんに初めて出会うと、噂に違わないそのスケールの大きさに思わず感動すると思います。とにかく牛たんの分厚さがすごい!大げさやなくて1cm位あるんで、最初見たら『これ噛み切れるんか?』と思ってしまうほどです。でも、ちゃんと切り込み入ってて肉はミディアムレアの最高の状態で焼きあがってて、多少手ごわい部位もあるものの、見た目から想像つかない程、さくっと噛み切れます。そしてこの適度な抵抗感がくせになってしまう。う~む、これこそが牛たんの醍醐味や。味付けは塩メインでジューシーな肉汁がタプーリ。牛たん本来の味が楽しめます。仙台に来ていくつかお店で食べたけど、これだけボリューミィで牛たんの個性を真っ向からアピールしたお店はないなと思った。

◆大量のおしんこと、後半に本領を発揮してくる辛味噌の漬物(利久のは刻んであります)。そしてごろごろ肉の入ったテールスープがすっきりうまい。

◆住所:宮城県仙台市青葉区本町2-6-13(本町店)
営業時間:11:30~14:00 17:00~23:00
無休


<どーでもええ話>

◆『仙台ライフ』で何度も明言してますが、この街は本当に雰囲気も住み心地もいいです。人はとても奥ゆかしく、温かみがあります。最初においらが関西から東京に来たときは、『東京の人間ってクールで関西とは違うな』と感じましたが、今の目線で考えると、東京は多くの地方出身者が混在しているせいか、その統一感や協調性のないカラーが、10代の自分の目にそう映ってただけかも知れません。
田舎を離れ、東京に住みついて17年になりますが、こうしてまた地方で暮らしてみるととても不思議な感慨を受けます。この仙台という都市としての凛とした表情を持ちながら、地方ならではの溶け込んだ街の一体感という居心地のよさにふと感動することがあります。他の街に行っても同じ印象を受けるもんなのかな・・・

◆ちょっと話を寄り道させますが、最近仕事や身のまわりで、この年ならではの課題やトラブルに囲まれている自分がいます。10代や20代の頃は、無謀な挑戦と無責任な逃避で駆け抜けてきたこともありましたが、後になって気づかされるのは、『人生の中で自分が直面した問題からはどうしても逃げられない』ということです。
どんな形であれ、その場で問題に背を向けても必ず後々ツケとして自分に降りかかってくる。また仮に自分が逃げとおせたつもりでも、それを解決しないまま同じ問題を自分の子供に引き継がせてしまうということもあるんやないでしょうか。
でも、この“逃げられない人生”は必ずしもマイナスに捉えることはないな、と感じることもあります。世の中が少しだけ見えてきて、自分の生き方に多少の余裕が持てる年代になりつつあるんかな。

◆何歳になっても人生を理解したつもりにならんよーに、自分の甘い性格に対し、たまにはムチを入れて直面してみました。
ナマイキですが、周りに人生を楽しませてもらうんではなく、あくまで自分自身の力でありたい。


スポンサーサイト
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード