≪ 2009 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2009 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【三平】(First Real)

三平09326
◆あんかけチャンポン    730円

◆久しぶりに滋賀の実家に帰ってきました。せっかくなんでどっかのらーめんを食べようと思ったものの、街はずいぶん様変わりしてて新しいお店もちらほら…この日はちょうど夜中に時間が取れたんやけど、初訪問で失敗したくなかったんで、15年近くご無沙汰の『三平』というお店に行ってきました。昔ながらのお店で、さすがに夜中でも駐車場がけっこー埋まってます。

彦根のらーめん屋さんは、主にちゃんぽんのお店が多いんですが、このお店の看板は『あんかけチャンポン』。ふんわりした餡が麺を覆い尽くしてて、スープはありません。餡は長崎の皿うどんよりは柔らかく、そば屋のカレーそば程汁っぽくない。いわゆる“かき玉汁”みたいなイメージのらーめんやと思って下さい。この餡は醤油とだしの香りが強く、熱々で胡椒唐辛子が効いててピリッとした辛さもあります。食べる前は絶対無理やろと思ったけど、後引くうまさに加え、意外とすっきりな口あたりで、思わず完飲してしまってました。
麺はぶつっとした食感が餡にしっかり絡んでて、少々食べ辛いです。コシや伸び具合はしっかりしてるという程でないけど、スープにちょうどよくマッチしてて、皿うどんの固麺とはまた別の楽しさがあります。
具はざく切りキャベツと豚コマ肉が主。不透明なスープで最初は見えなかったけど、丼底にうずら卵が沈んでたのはちょっとうれしかったな。この豪快さとソウルフルな食べ応えは、どこか仙台で食べた『番丁らーめん』とも印象が少し似てる気がします。こっちは塩味っぽいけどね。

このご時世やのにどれもリーズナブルで、あれこれ頼みたくなるお店です。お店の雰囲気も、昔ながらの柔らかなイメージです。夜遅くまでやってて、地元の根強いファンが多いんやろね。
ちなみにチャーハンセット(+300円)てのがあったけど、これにあんかけチャンポンの餡をかけると、スープ炒飯風になるらしい。確かにうまそーやね。是非次回はチャレンジしたいな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャンポン       670円
・鍋焼きうどん      750円
・中華そば        550円
・チャーシュー麺    600円
・カツ丼          750円
・玉子丼         550円
・焼きそば        650円
・焼きうどん       650円

◆京町通りと巡礼街道を結ぶ、後三条町のメインストリート沿いとゆう、地元でないとちょっとピンとこない通りにあります。
住所:滋賀県彦根市後三条町593-10:彦根駅
営業時間:11:30~14:00  17:30~26:00
火曜日休み


スポンサーサイト
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード