≪ 2009 06   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2009 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【麺家 うえだ】(First Real)

麺家うえだ090719
◆特濃魚介豚骨らーめん(大盛)/ハード     700円+100円

◆埼玉でも最近特に話題性の高い、志木にある『麺家うえだ』です。今回、意を決して訪問してきました。とゆーのもこのお店、店の前をいつ通っても半端ない行列やからです。この日は12時前に来たんですが、前に30人位並んでました。う、うそやろー…と思てたら、12時と同時に3分の1位列が消えたので、もしかしたらこの日は12時開店やったんかも知れません。
と、その時はほっと一息やったんですが、このお店、回転率がやたらと悪く(色々と理由はありそうですが)、食べるまでトータル1時間半くらい待ちました。1時間以上らーめんの行列に並んだのは、恐らく生涯初やと思う…。(あの東池袋大勝軒でさえ、最大45分位)う~む…東京、いや埼玉おそるべし、や。

店内は10席分位のカウンターと、お子様連れ向けにテーブルが1卓。店主のみさえさん(有名!)ともう一人の方がオーダーごとに丁寧にらーめんを作ってます。

メニューはとーぜんながら、一番人気の『特濃魚介豚骨らーめん』を大盛で。食券引き渡し時に“ライト”か“ハード”か聞かれたので、“ハード”で。カップル客が多かったんですが、女性客含め、殆どみんなハードをチョイスしてました。

さてそのハードスープ、はっきり言ってハンパないです。まさに『特濃』の名にふさわしい超どろスープです。大袈裟でなく、あの『天下一品』以上の粘度をもった“箸の刺さる”和風スープで、豚骨も魚介もこれでもかって位ふんだんに使われてます。いやはや、これだけすごいとかえってすっきりしてしまうなぁ。でも食後の重さはそんなでもなく、胃がむかついたりもしません。きっと材料にはかなり気を使われてるんやろね。
麺はやや太めのストレートでその固さは適度な抵抗感を持つ、またスープの濃さに対して非常にバランスのよい組み合わせです。大盛にすると丼ぶりにぎゅうぎゅうに押し込まれ、さらにスープが減る…。
トッピングの茹でキャベツやざく切りネギ、もやし等の野菜は、どろスープで濃くなった口の中を爽やかにしてくれます。麺と一緒に食べてもうまい。分厚いチャーシューも食べ応え充分。ただ惜しむはつけ醤油がきつくて、唯一このらーめんのスープとバッティングしてしまうこと。チャーシュー以外は綺麗にまとまってるだけにちょっと残念。単品としてはうまいんやけどね。あとおいら的には豪快メンマがお気に入り。唐辛子などの香辛料アクセントもよく、食後に口の中でいい香りが残ります。女性ならではの視点やと思う。

それにしても驚いた…。麺も具ももちろん素晴らしいけど、おいら的にここまで徹底研究されたWスープとゆうのは過去出会ったことがない。そして何より感動したんは、このどえらい個性派らーめん、女性が創作したとゆうのも驚きですが、それ以上に女性中心に支持されてるっちゅうのがこれまたすごい。
ちょっと今更な感じですが、平成ニューウェーブ系のらーめんや。おいら的 “King of 2009” の予感、キタヨ~!!


◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・埼玉名物焦がし醤油らーめん  750円
・チャーシューメン          980円
・角煮らーめん            880円
・軍鶏らーめん            680円

◆東武東上線志木駅南口からまっすぐ続いてる通りを6~7分程歩いた左側のマンション1F部分にある、サファリな雰囲気のお店です。
住所:埼玉県新座市東北2-12-7/最寄り駅:志木駅
営業時間:11:30~16:00  18:00~23:00(土日祝は21:00迄)
月曜日休み


スポンサーサイト
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード