≪ 2009 09   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2009 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【支那そばや 本店】(First Real)

支那そばや本店091018
◆醤油らあ麺+名古屋コーチン味付玉子   850円+150円

◆家族で横浜に行く用事があったんやけど、思わず道を間違えて横浜横須賀道路でなく横浜新道のほうから下道に降りてしまい、どーしよと地図を見た瞬間にぴきーんと閃いてしもうた。












戸塚ってあの“佐野 実”氏のお店があるとこやん!




てな訳で、奥さんに交渉してちょっと早いランチを『支那そばや』で食べることにしました。地図とか厳密に調べてなかったわりにはあっさり見つかってほっとひと安心。

開店直後ってのもあってまだお客さんもまばらでした。それにしても随分イメージ違ったなあ。店内はすっきりシックで、テーブル席まである。これならファミリーでもゆっくり食べれるわ。

醤油と塩をひとつずつ注文。さすがにどれも単価は高めやね…。

スープは“和”の原点とも云える、どこか懐かしさを感じさせる生醤油の香りと、鶏ガラのうまみがじんわり感じられます。ほかにも昆布とかほたてとか色々高級食材がブレンドされてるそーやけど、きちんとまとまったスープの味からは、ひとつひとつの素材が突出してないので正体はわかりません。ただちょっと化調が気になったな…これだけのらーめんには使わんでもえー気がするけどね。
少し柔わいが、細くてすっと喉を流れる絹のよーな麺。熟成されたうまみ感があります。
甘い脂身をのせたチャーシューは絶品。そして貴重な穂先メンマ。濃厚で凝縮された名古屋コーチン味玉。どれもこだわりの素材と見受けられ、ひとつひとつが文句なしにうまい。


支那そばや本店091018_2
◆塩らあ麺   850円

こっちはシャープな塩に玉葱の甘みがプラスされてバランスが取られた、まさに出会いのものと呼べる、イタリア系のよーなスタイル。
麺の相性としては、醤油より塩のほうが合ってるかな?と思いました。岩のりもうまいっす。

らーめんに真っ向から勝負を挑んできたという、長年の切磋琢磨が感じられるよーな一杯でした。佐野氏は『まだまだ完成ではなく、常に進化しつづける』と云われているが、確かに洗練された感がありながらも、(えらそーですが)もっと完成度が上がっていきそうな予感を思わせるらーめんでした。とにかくうまかったです。でもラ博で食べた『和伊麺』はなかったな…なんでやめたんやろ?
ちなみに後でネットで調べたところ、どーやら『支那そばや』は2004年にいったんこの戸塚本店を閉店し、横浜ラーメン博物館に移転したそーです。その後、昨年2008年11月に再度本店としてリターンしてきたとのこと。
ところで奥さんは奥の厨房(ガラス張り)で佐野氏を見かけたらしい。いーなー(ミーハーか!)

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・醤油らあ麺 大盛   1000円
・塩らあ麺 大盛     1000円
・竹の子らあ麺      900円

◆戸塚駅西口から線路沿いに北へ。1号線(踏切の通り)を左に曲がって最初の交差点を右へ曲がってすぐ右手。(両脇が駐車場になってます。車の方は手前のパーキングがお勧め)
住所:神奈川県横浜市戸塚区戸塚4081-1/最寄り駅:戸塚駅
営業時間:11:00~スープ切れ終了
無休



スポンサーサイト
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。