≪ 2009 12   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【こてつ】(First Real)

こてつ100130
◆特製らーめん   850円

◆土曜の昼下がり、ちょっと足を延ばして新所沢へやってきました。この街も有名ならーめん屋さんが多いらしいけど、地理的にあまり訪れる機会がなく、殆どノーマークでした。『所沢大勝軒』とどっちにするか迷ったんやけど、今回は『こてつ』さんへ訪問することにしました。それにしてもすっきり日本晴れのええ天気や…




ここは日本 僕たちは生きている~ (by大泉洋)


さて、なんだか昭和の喫茶店をリニューアルして使ってる感じの、雰囲気ある店内ですなあ。お客さんは七分入り、カウンターにらーめん本があったんで読もうかと思てたら、はいっラーメン到着~。早っ!!

無化調のWスープですが、それぞれの天然風味が突出し過ぎない様うまく抑えてあり、深いのにすっきりさわやかというおいしさ。鶏独特なとろみも少ないので、食べる人や時を選ばないお店なんやろね。ただこの洗練されたおいしさは、むしろ巷に氾濫したこのタイプのらーめんに、『いささか食傷気味や…』てなヒトにオススメしたいな。

麺は細めで好みなんやけど、口あたりがソフトで弾力がちょっと心許なく、やや個性が弱い印象です。
ちなみに“特製”はチャーシュー2枚と味玉がつく。チャーシューは焼豚ーって感じで香ばしく、歯ごたえやうまみもしっかり。味玉はでっかくて中心がとろっとしててうまい。

とても丁寧なつくりで何だか安心できるうまさ。東大和市の『狼煙屋』もうまいけど、あそこをソフトにした感じ。がっつり食べたい時は『狼煙屋』、スマートに食べたい時はこっちて感じかな。それぞれの素材もよさそうやね。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・らーめん       650円
・しおらーめん     650円
・ちゃーしゅーめん  950円

◆駅西口を左へ。最初の角を右に、すぐ先を左に曲がった先。
住所:埼玉県所沢市緑町1-1-6/最寄り駅:新所沢駅
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00(土日祝は20:00迄)
月曜日休み



スポンサーサイト

【若月】(2nd Real)

若月100129
◆ラーメン   450円

◆ちょいと野暮用の帰りに新宿の老舗『若月』へ立ち寄り。思い出横丁全体、昔に比べてどこか静かな印象やな。

ラーメンを注文。鶏ガラがじんわり染み出た、うす味スープを飲みながら、昔の東京の街を想像してみる。今でこそ世界でも有数の近代都市となったこの街も、かつては現在の発展途上国や高度成長国と同様、がつがつしたところやったんやろうな。そしてそんな人々が食べてたらーめんを、時代を超えておいら達が食べて思いを馳せる…何とも不思議な気分やなあ。
平べったい多加水麺は喉をするりと抜けていく。ここの麺はじっくり噛みしめるんではなくて、ソバや讃岐うどんのよーな感覚で喉越しを楽しむものかも知れません。
チャーシューやメンマは全体的にパワー不足やけど、コストパフォーマンス的にはこんなもんやわな(いい意味で)。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・焼きそば   380円
・餃子(6ヶ)  350円

◆新宿思い出横丁の真ん中あたり西側のお店です。
住所:東京都新宿区西新宿1-2-7/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~25:00
日曜日休み



【味噌屋八郎商店】(First Real)

味噌屋八郎商店100122
◆味噌らーめん(大盛)   780円

◆2010年お初とともに、考えてみると一ヶ月以上ご無沙汰の久しぶりのらーめんなんで、気合い入ってます!この日は新宿に味噌専門第一号店をオープンした『なんつっ亭』グループの『味噌屋八郎商店』。ネーミングだけやと気づかんけど、店舗に書きたくられた“うまいぜベイベー”の文字を見ると、一発でわかります。

さてそのお味、スープはじわっとうまい濃いくち味噌とマー油がうまくフィットして、ガツンとくるけどまろやかで、ついついレンゲが進んでしまうおいしさです。脂もけっこう多いけど、本店の豚骨よりは食べやすいと思います。何でも秘密の隠し味があるらしい。

そして麺。なんつっ亭の九州系とんこつのイメージとは違って、意外や太めのむちむち麺が登場。食感はええんやけど、せっかくの濃密な味噌がちょっと分散気味になるのが残念。大盛無料てのはうれしいけどね。

トッピングのもやしはたっぷりでシャキシャキ感もいいです。チャーシューはスープの熱で引き締まって、歯ごたえがしっかりした質感に変化します。

トータルバランスはさすが『なんつっ亭』てとこです。まあしいて言えば、中太麺のがおいら的には好みやし、バランスもええ気がするけど。
他にもカレー味噌やトマト味噌など、食指を動かされるバリエーションなんで、是非試してみなければ。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・辛味噌らーめん     880円
・カレー味噌らーめん  880円
・トマト味噌らーめん   880円

◆小滝橋通りを新宿から大久保方面に歩いて、ラーメン二郎の角の隣にあります。
住所:東京都新宿区西新宿7-5-5/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~23:00
無休



【上海料理 梅蘭】 Eiken's Rank:"B"

梅蘭100120
◆梅蘭焼きそばセット(ランチメニュー)     1260円

◆もともとは横浜中華街にある有名なお店ですが、何年か前にのぞいてみたらものすごい行列だったんであきらめた記憶があります。その後、都内にも何店舗か出店してることを知り、この日はグランデュオ立川店に行ってきました。さて、噂の梅蘭焼きそばとは…?

◆最初は長崎のカタ焼きそばをイメージしてたんやけど、麺は中太で表面に卵が絡まってて、終始クリスプな食感かと思いきや、中はしっかり弾力のある焼きそばと、肉や野菜のあんかけが溢れてきます。ちょっと薄味ですが、一緒についてるわんたんスープとの相性も良く、交互に食べると美味しいです。

◆それにしても面白い発想やなあ。味付けは醤油ベースで日本人向けにアレンジしてるんやろね。食べやすくて女性客も多かったみたいです。ただベトナムでニョクマムに馴染んでしもうたおいらの舌には、いくぶん物足りない印象でした。ボリュームは意外にあって、食べた後は満腹になりました。

【まるきゅうらあめん】(3rd Real)

まるきゅう091216
◆塩そば 700円

◆日にちがバックデートしてしまうけど、去年日本を発つ直前に『まるきゅう』に立ち寄ってきました。ちょうど成田エクスプレスまで時間があったしね。なので、事実上2009年最後のらーめんはここの塩そばとゆーことになります。ちなみにお店はお昼時にもかかわらず、空いた席がちらほら。時代の流れか?

ここの塩スープは、すっきり透明なビジュアルとは反対に、岩塩特有のがつんとしたテイストとじんわりしたうまみが口の中に広がり、ひりっとした後味が残ります。
そんなわけで、極細麺やとちょっとスープに負けてしまう感もありますが、香り立つメンマと炙りチャーシューは秀逸で、スープのおいしさを段階的に向上していくのがいいね。

とんでもなくうまいらーめんという訳でもないけど、おいら的には安定感重視の代表的“B”ランクらーめんです。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・塩玉そば 800円

◆駅からサンシャイン通りへ入って、東急ハンズ手前の道を右折。最初の十字路を左折してすぐ右に看板が出てるので、右の路地に入ると見つかる。
住所:東京都豊島区東池袋1-27-5/最寄り駅:池袋駅
営業時間:11:00~16:00 17:00~22:00(スープ切れ次第終了) ※日曜は通し営業
無休


あけましておめでとうございます。
急な仕事の都合で、昨年中旬よりベトナムに行っておりました。
この日、無事帰国できましたので、またこれからもよろしくお願いします。

すっかり更新がご無沙汰してしまいましたが、先月からほとんどらーめんを食べておらず、感覚もずいぶん鈍ってしまった感じです。あと、今年は何かと忙しくなりそうで、もしかしたら更新が少し滞りがちになるやもしれません。
ま、それでもなるたけ新店舗を中心に紹介していきますので、時々は当サイトを訪れてもらえると幸いです。


さて、1ヶ月間ベトナムで生活したわけですが、めちゃめちゃゴハンのおいしい国です。
ニョクマム(魚醤)をベースにした料理が多く、日本の醤油の感覚に近くてさらに深いコクがあります。日本の味の素もけっこう好まれてるよーですが、そこはまあ愛嬌とゆーことで。あと、世界では珍しく箸を使う文化のある国なので、食事においてあまり違和感がないかも知れません。おいらが滞在してたのは首都ハノイですが、肉料理と野菜料理が中心ながらとてもヘルシーで、タイみたく辛くもないんでとてもお勧めです。たまにアヒルの卵(雛)とか、鶏の足そのものとか出てきますが、そーいうのもひっくるめてこの国は楽しいです。

せっかくなんで、いくつか紹介しましょう。といっても、おいらがお勧めするのは高級料理店ではなく、いわゆるベトナムの大衆食堂(コンビンザン)の食べ物です。あしからずご了承ください(笑)。



VN2009_01
▲ご存知、フォーです。ハノイではフォー・ボー(牛肉入り)とフォー・ガー(鶏肉入り)がメジャーで、もやしとか青野菜が乗っかってます。パクチーも入ってますが、熱を通してるのでくせもなく、特ににおいが気になる人でなければおいしく食べられると思います。
ちなみにこの国の人は、朝から晩までお店の前で粉塵まみれになりながらフォーを食ってる印象がある(笑)位、日常でよく見かける光景です。値段は20,000VND(約120円)ですが、スープもだしがしっかり出てておいしです。お店によっても結構味が違うので、色々試してみるのがお勧めです。


VN2009_02
▲これもフォーの仲間ですが、麺が違います。バインダーといい、春雨の生地を平打ち麺にしたもので、フォーよりずっと歯ごたえがあります。訪問したお店ではトマトの細切りがのってて、この酸味が食欲を増進させてくれました。
ベトナムでは鍋のシメにこういった麺を入れることが多いですが、フォーやバインダーの他にも、にゅうめんとか中華めんとか色々種類があります。


VN2009_03
▲ミーサオ(かた焼そば)です。中華めんが乾麺なので、どこかインスタントラーメンちっくですが、しゃきしゃきした野菜や、味の染みたしいたけとの相性がとてもよく、かなりうまいです。ニョクマムを垂らすとさらに味が引き締まり、激うまになります。
左上にあるのはちまき。笹の葉をこれでもかっちゅー位広げていくと、小さな鶏肉(やと思う)のミンチが入ってます。チリソースをつけて頂くのが基本のよーですな。



VN2009_04
▲コンビンザンのランチ弁当。これはもはや言葉不要の最強ごはんです。ちょっと濃いめの家庭的なおかずで、ゴハンが進みまくります。ボリュームも半端なく、ゆで(揚げ)玉子、フライドチキン、厚揚げ、揚げ春巻き、もやし、茹で(煮)豚、どでかきゅうり等、あらゆるベトナムフードがここには詰まってます。30,000VND(約180円)で心も体も満たされます。


ベトナムにも上品なレストランは数多くあり、他にもフランス、スペイン、イタリアン、中華、韓国、日本など色んな料理が楽しめますが、おいら的に最後に食べたくなるのはやっぱりコンビンザンでした。
ハノイはあまり観光向けではなく、ホーチミンが一般的かもしれませんが、帰国後に大泉洋の『水曜どうでしょう』をぼーっと観ながら、また行きたいなあ…とちょっぴりセンチメンタルになってしまう今日この頃です。

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード