≪ 2010 01   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - -  2010 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【○福大勝軒】(First Real)

○福大勝軒100205
◆和風もり(中)   780円

◆名前の通り大勝軒系のお店ですが、品質&オリジナリティが高いらしく、この系列の中でも特に人気の高いお店です(スープ切れが早く、いつも定時前に閉店の印象)。そしておいらも初訪問です。

巷で評判の『和風もり』を中盛で。和風といっても、単なる魚粉プラスとかではなく、うすく煮たかぶやキメ細やかな玉子豆腐、細切りされたしそなど、本当に和の上品なスタイルです。いっけん武骨なつけめんに対して、足りないピースがびたっとハマったような美しいビジュアルやねえ。特にかぶのGREENと、つけ汁のとき卵?のYELLOW。かつてこれほど視覚に訴えるつけめんがあったやろーか?いや、ないね~

そのスープは粘度も魚粉もバランス型やと思う。直でも飲めます。
そして麺は大勝軒そのものを回帰させる食感と小麦のおいしさが楽しめる。ここはオリジナル踏襲て感じやね。
そしてトッピングは見た目以上にとにかく豊富。つけ汁の底にもしめじやつくね団子、ゆず、ささみなど沢山入ってて、『まだ何か入ってるぞ、次は何やろ?』と、スープをすくうのも楽しいです。おっと、大勝軒のシンボルともいえる、なるとも忘れずに食べないと…。

麺は中盛りで300gだそーですが、さくっと食べれてしまいます。和風ならではの優しさ+後味の良さも◎やな。
『青葉』に対する『斑鳩』と同じく、メジャー銘柄の単なる暖簾分けでない、スピンオフの好例とも云える高レベルのお店です。淡白ながらもりだくさんな“和”のインパクトが強すぎて、本体があまり記憶に残らんかったので、次は『ラーメン』『もりそば』で冷静に比較してみたいな。

それから、お店の入り口には看板か?と思えるよーなおっちゃんがいます。いっけん難しそーな印象(失礼)ですが、お客さんの動向に応じて素早いオペレーションをされるので侮れません(笑)。ちなみにこのお店はカウンターの向こう側が極端に狭く、店員さんは大変そーでした。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・もりそば(小)  650円
・もりそば(中)  680円
・もりそば(大)  700円
・もりそば(特)  750円
・味噌もり(小)  700円
・ラーメン(小)  550円

◆駅南口から線路沿いに桜台方面に向かって歩く。ふたつめの角を左に曲がってちょっと歩いた右側。
住所:東京都練馬区栄町4-7/最寄り駅:江古田駅
営業時間:11:00~21:00
水曜日休み



スポンサーサイト
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。