≪ 2010 02   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2010 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【にぼぶら 鏡花】(First Real)

にぼぶら100328
◆にぼぶらスペシャル(大盛)   850円+50円

◆立川にある、おいら的お気に入りのオーガニックテイストならーめん屋さん『鏡花』の姉妹店が同じ立川の『らーめん たま館』のテナントのひとつにできました。駅から遠くはないんやけど、ちょい分かりにくい場所でした。店内には4つのらーめん屋さんがパーテーションなしで四方に展開しており、開放的な空間です。

カウンターに座ると、ぶわっと煮干しの強烈な香りが鼻孔を刺激します。やってきたらーめんは背油が乗った、少し薄色の醤油らーめんというイメージ。ただそのスープを飲んでみると、これだけ煮干し風味があるのに、不思議と特有のえぐみはなく、まろやかでこくのある醤油のうまみがしっとり口の中に広がってきます。脂もけっこう浮いてますが、口どけほんのり甘く上品で、まったくしつこさのない後味すっきりの洗練された感があります。ふうむ、さすがは『鏡花』…!

麺は少し平べったいストレートタイプで、食感は“つるっもちっ”とした、まさに鏡花の麺そのものの上等な小麦の味わい(麺は鏡花よりやや細め)。このスープにはちょっとあっさりめな組み合わせかも知れませんが、ひたすら食べやすい。

ちょっと残念やったのはチャーシュー。“らしからず”スジが入ってて固く、噛みきるのにちょっと苦労します。メンマも風味・味ともいまいち個性がない。ただ味玉は黄身が濃く、外は固ゆで&中は半液体状態とゆう職人技で、思わずうっとりするおいしさ。“スペシャル”やとチャーシュー増量・味玉付きとなりますが、これなら味玉だけでえーかな。

上品なだけに、波がなく大盛にすると後半になるに従い飽きてくる。カウンターの張り紙に書かれたお勧めの食べ方に則り、胡椒を二回半振りかけてみると、確かに味は変化するが…。
このタイプのらーめんは、いわゆる燕三条系になるんかもしれんが、素材がええのが逆にインパクトを弱め、がっつり食べたい人には向かないかも?意外に好みが分かれそーならーめんやな。おいら的には本家のほうが10倍好みでした。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・背脂煮干し濃口醤油ラーメン にぼぶら  700円
・背脂薄口醤油ラーメン ぶらぶら      650円
・背脂煮干し味噌ラーメン 味噌ぶら     750円

◆駅南口から左手にグランデュオづたいに国立方面へ。二差路を右側に歩いて、JRAが見えてきた頃、左手アーバンホテルの1Fが『らーめん たま館』です。中に入って左奥が『にぼぶら鏡花』となってます。
住所:東京都 立川市錦町1-2-16/最寄り駅:立川駅
営業時間:11:00~26:00
無休



スポンサーサイト
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。