≪ 2010 09   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【無鉄砲】(First Real)

無鉄砲101031
◆とんこつラーメン(大盛)   750円+100円

◆大阪で有名らしいお店の東京進出で、色んならーめん本で1位になったりメディアで紹介されたりと、今年8月の開店から数カ月でたちまち名前だけはやたら耳にするよーになりました。これはさらに知名度が上がる前に一度行っとく?てな訳で、土曜の夜に車をかっ飛ばしてきました。こんな時間でも店外2人程の待ち。回転率はええらしく、5分もせんうちにカウンターへ。

券売機でスタンダードのとんこつラーメンで。替玉もできるけど、食べる気満々やったんで大盛に。らーめんは好みのアレンジができ、麺かため+ネギ多めにしました。

程なく登場。丼の淵まで背脂がどっぷり…。スープを一口、おーっと、かなり純度も濃度も高いこってりスープ。これはジャンクやが、乾いた感覚の豚骨スープは、臭みなくずしーんと口の中から胃に届く。でも化調的ないやな重みはなく、素直においしい。

固めの麺は平打ちタイプ(替玉すると細麺もできるらしいが)。こーいうスープにぼそっとした食感の麺は意外やった。おいしいんやけど、関西ストレート系の麺のほうが合う気もするかも。

チャーシュー最高!関西人が大好きな味やなあ。薄味やけどじっくりうまみが伝わる。海苔やメンマ、九条ネギも濃いらーめんで疲労した舌の回復にちょうどいい。

途中で卓上のにんにくしょうゆとすりごまを追加してみる。実はこれもクチコミで知ったんやけどね。風味とコクが加速して落ち着いたおいしさになる。とはいえ、二つともそんなに入れんかったせいか、変化の度合いは割と想定内かな…。


さて、こっからが無鉄砲の真のオリジナリティ。
らーめん食べてて重くなってきたんで、サービスの“追いスープ”を依頼。あっさり豚骨もあったけど、ここは魚介をチョイス。店員さんが最初適量を注いでくれました。
まず魚介スープだけを単品で飲んでみると、すっと上品なだしの香り。次にとんこつとブレンドしたスープを飲んでみると、さっきまでの重いスープはがらりと形を変え、あっさりしたWスープに。ううむ、暖かくておいしい。シメは間違いなくこっちやな。

飽きずに大盛でもさくっと完食。らーめん一つでこれだけ色々変化を楽しめるトコは他に思いつかない。オペレーションもテキパキしてて、サービスもええし。さすがは評判のお店、階段登る早さが違う。それでも食後暫くは食べ物見たくなかったけど、とってもおいしかったです。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・とんこつチャーシューメン  1000円
・ギョーザ(6コ)         400円
・替玉               100円
・ライスおかわり自由      250円
・ライス(中)           150円

◆新青梅街道沿いで、環七と中野通りの中間地点。すぐ近くに同資本つけ麺専門店『無極』もある。
住所:東京都中野区江古田4-5-1/最寄り駅:新江古田駅 or 沼袋駅
営業時間:11:00~15:00  18:00~23:00
月曜日休み



スポンサーサイト

【蝦夷】(First Real)

蝦夷101027
◆カレーラーメン   700円

◆初訪問。清瀬駅に昔からある?らーめん屋さん。21時頃に入店したんやけど、なかなか繁盛のよーでした。いつでもやってると思たら24時間営業とのこと。すっすげーな…。でも時間や曜日によって作り手が変わるってことなんで、クオリティが気になるところ。

クチコミで人気のカレーラーメンてのにしてみました。最初の印象はカップヌードルカレー味かと思ったが、じんわり辛さと甘さ、炒め野菜の香ばしさがやってきて、ついレンゲが進む。時間が経つと表面に膜ができて、これもジャンクなのは間違いないんやけど、思っきしベタだけに、ならでは感のうまさがある。

平たく柔いちぢれ麺は、ますますカップヌードルカレー味を思い起こさせるぞ。でも意外にボリュームたっぷりで、メニューに大盛がないのもうなづける。

野菜も肉もすごい特徴はないけどボリュームだけは多く、らーめんと絡めてがつがつ食べれます。気がつくとスープ最後まで飲み干してた。

ふーむ。これはファンになるとつい帰りに立ち寄ってしまいそうな後味と和やかさがあるな。まあこの次はオーソドックスなやつで試してみよっかな。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・醤油ラーメン     650円
・塩ラーメン       650円
・味噌ラーメン     650円
・焼豚ラーメン     950円
・ジャンボラーメン   950円
・カレーライス     600円

◆南口ロータリーに出てすぐ左側。つい先日(11月ですが)に24年間の歴史に幕を閉じたマクドの隣…つーても地元の人以外はわからんわな~。
住所:東京都清瀬市松山1-4-3/最寄り駅:清瀬駅
営業時間:24時間
無休



【SPASSO】Eiken's Rank "B"

スパッソ101014
◆チキンとなすの和風ジェノバソース(LL)   680円

◆ちょっと半端な時間にランチ出ることになったんで、通常やと混んでてまず入れないお店に行ってみよーと思いました。小田急ハルクのパスタ屋さん『PASTA CAFE SPASSO』です。

◆ここのウリは同一料金でサイズをM(120g)・L(180g)・LL(240g)の中から選択できること。乾麺の状態で240gて、そーとーボリュームありそうやけど、せっかくやし頼んでみるか。ソースは軽めのほうがええやろと、ジェノバソースのパスタにしました。ちなみにカロリーは約1,212kcal。

◆細めのスパゲッティーニに、バジル×オリーブオイルのジェノバソースが絡まり、和風の食材と青じそで風味付けされた、日本向けアレンジな一品。チキン・なす・さやえんどうは麺に対してはやや大人しめの量ですが、ごろごろと大きくカットされてて食べごたえあります。パスタは熱くて茹で加減も少し固めと、おいら好み。最初はちょっとびっくりした大皿でしたが、割とすんなりクリア。とはいえ、後でずしーんと胃が重くなってしまいました…。もう若くはないな~

◆物凄い高級食材とか技術があるわけではないけど、この立地でこのテイストでこの価格はまさに驚きです。お昼真っ最中は行列になるそーですが、わかる気がしました。クリーム系もおいしそーやったけど、食べきれるやろか…いつか試してみたいところ。


◆住所:東京都新宿区西新宿1-5-1 小田急ハルク B1/最寄駅:新宿駅
営業時間:10:00~20:30
不定休(小田急ハルクの休館日に準ずる)

【味噌屋八郎商店】(3rd Real)

味噌屋八郎商店101007
◆カレー味噌らーめん(大盛)   880円

◆このお店は味噌味をベースに、4種の個性的ならーめんを提供している。今回は第三のらーめん『カレー味噌』でいってみた。

最初、スパイシーな香りが鼻をくすぐるも、味は意外とソフトで食べやすい。この抑えた辛みが味噌にうまく乗っかり、どっしりしたスープになる。さらにマー油がガツンと来て、何とも男らしい仕上がりやな。
カレー味噌ゆうても、主にはカレーひき肉がトッピングされてるて感じです。が、これがうまい。+100円でこれだけテイストが変わるっちゅーのはすごい。

麺は中太でサイコロみたいな断面。歯ごたえはむちむちしてて、口の中で勢いよく踊ります。

チャーシューにもマー油がたっぷり。大量のもやしと一緒に麺と絡めて食べる。ひき肉も相当ボリューム感があるんで、最後まで飽きさせずに、爽やかに感食!

食べる前はカレーと味噌が喧嘩せんやろかと心配でしたが、うまくまとまってます。個人的にはトマト味噌のがおいしいと思うけど、こっちも捨てがたいっす。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・味噌らーめん      780円
・辛味噌らーめん     880円
・トマト味噌らーめん   880円

◆小滝橋通りを新宿から大久保方面に歩いて、ラーメン二郎の角の隣にあります。
住所:東京都新宿区西新宿7-5-5/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~23:00
無休



【下北沢どんぶり】Eiken's Rank"B"

下北沢どんぶり101006
◆醤油にんにく丼      600円

◆すた丼のお店で、黄色と赤の派手な看板がひときわ印象的な『吉祥寺どんぶり』系列のお店らしい。せっかく下北に来たんはええが、お目当ての『餃子の王将』が行列(お目当てなんかいっ!てツッコミはナシで)やったんでこっちに寄ってみました。小田急沿線の駅前どーりは狭くて庶民的で、でも色んなジャンルのお店が点在してて、楽しーなー。

◆すた丼は比較的リーズナブルながら、牛丼とかよりずっと手が込んでてさらにボリューミィという、ジャンク&低コストなだけのファストフードからひとつ抜けたい若者をターゲットにした、見事なブルーオーシャン戦略ですな。

◆まあそんなことはえーか。底の深いどんぶりにこんもりと盛られた豚バラ肉とネギの山。にんにくダレがええ感じにご飯にしみてて、その素敵な風味と相まって、とにかくソッコーで山が減っていきます。

◆豚バラ肉は甘みがあって柔らかい。けっこうええ肉使ってるんかも。ちょっとネギが強調され過ぎてることと、1合以上ある大盛ご飯とのバランスが悪いのは気になりました。生卵で味を変化させながら、なんなく完食。女性もちらほら来店してて、けっこー意外な感じでした。

◆派手な看板で惹きつけられたはいいけど、食べてみると『伝説のすた丼』に比べて、ちょっと完成度もボリューム感も落ちるかな。ただすた丼としての個性はさておき、ここはサイドメニューがあれこれあって、ちょっと興味を引かれました。今度期間限定でオムライスとかもやるらしい。ちょっと食べたいなと思いつつも、今回はやってきた時間も遅かったんで致し方なかったけど、次に下北に来る時は話題のらーめん屋さんをめぐりたいなと思う。


◆住所:東京都世田谷区北沢2-17-13/最寄駅:下北沢駅
営業時間:11:00~25:00
無休

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。