≪ 2011 04   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2011 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【びっくりドンキー】 Eiken's Rank:"B"

びくドン110528

◆150gチーズバーグステーキセット(ランチメニュー)   732円

◆ハンバーグを看板(の一つ)として出すレストランには『BIG BOY]』『ココス』『サイゼリヤ』などが思い浮かぶ。最近ここらでは『ハンバーグ大魔王』なんてのも聞くかな。その中でも『びっくりドンキー』はほぼ“ハンバーグ専門レストラン”と云えます。ディッシュタイプやステーキタイプごとにトッピング組み合わせは色々ありますが、ここへきてハンバーグ食べずして何を注文する?てほど、ほんとにハンバーグしかありません。

◆びっくりドンキーのハンバーグは、かなりスパイシーで、肉々しい味わいです。ポーク寄りの配合やろか?ジャンクな印象がありますが、おいら的には、魂が求めるよーなハンバーグ像にイメージが非常に近く、たぶん一般的にも、男性や子供が好きな味と云えるかも。

◆ランチで食べるのは初めてですが、本格的なハンバーグステーキがこの価格で食べれるのはうれしい。チーズバーグてのも初めてでしたが、かなりこってりしたチーズの濃厚さがよりハンバーグをジャンクに仕立て上げ、ご飯が進む。これはおいしいな。150gでも充分満腹になりました。とゆーか、食べ慣れてないと後でもたれるかも。

ここはとにかくハンバーグが主役なので、ぶっちゃけライスなしで食べるのが一番おいしいんやないやろか。みそスープも、ハンバーグとのバランスを考えてかかなり薄味になってますが、あまり相性がいいとは感じませんでした。
ちなみにおいら的おすすめメニューは、ぴりりとスパイシーで挽肉たっぷりのカレーバーグです。あと四川風マーボーバーグもちょっと邪道かもしれませんがいけます(四川にこだわるとダメですが)。まあどっちも、ご飯をススめるための媒体効果があるからかもしれませんが…。

◆全国チェーンのファミレスやファストフードは、HPを見ても『地域により価格が異なります』と書かれてることが多い。ブログとか書いてると、そーいやいくら位やったかな?と思い返した時に忘れてたりするんやけど、びっくりドンキーは店舗ごとの価格が確認できる!これって地味やけどすごい大事やと思う。

スポンサーサイト

【麺武 虎龍】(First Real)

虎龍110527
◆味噌ラーメン   850円

◆先日に引き続き、歌舞伎町へ。この界隈は意外にも、高品質かつ特色の強いらーめん屋さんが多いですね。夜遅い時はちょっと立ち寄りたくなります。
この日のおいらの胃袋は“味噌”。『味七』とどっちにするか迷ったけど、初訪問を優先して『虎龍』へ。

『味噌ラーメン』を購入。やってきたスープは札幌系で見られる、油と味噌が分離した美しいビジュアル。軽くまぜて一口…おおっこれは熱さも重さもなく、まろやかなお味ですな。生姜が乗ってますが、なくても全然優しい。むしろ入れると風味が変化します。そうか…『神保町けいすけ』はひょっとしてここをヒントにしたのかも?

黄色くて透明感のあるぷりぷり麺は、札幌ぽさを感じさせてくれます。味噌の調和感も非常によく、普通盛りでもけっこうボリュームあります。

二種類のたっぷりチャーシュー、炒めてくたっとしたネギ、もやし、そぼろとおいらの嬉しいトッピングで埋め尽くされてます。甘い味付けのメンマは個人的には微妙やったけど。

期待以上のうまさと満足感を見事に五感に残してくれました。味噌らーめんとしての完成度は、そーとー高いと思います。『純蓮』の味噌よりこっちのが好みやな。今度は醤油を試してみたいぞ。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・醤油らーめん  800円
・名物味玉    100円

◆新宿区役所西側の通りを抜けて最初の左手角。
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-8-5/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~29:00
日曜日休み



【だるまのめ】(2nd Real)

だるまのめ110525
◆たるまらぁ麺    680円

◆新宿に新しくできたらーめん屋さん。どっかで聞いたことある名前やと思ったら、2年近く前に同池袋店に行ってました。

一見博多系と思いきや、オレンジ色した豚骨醤油スープ。豚骨臭はわりとするけど、実際飲んでみると気になりません。豚骨に対して醤油がかなり強く、まろやかな口あたりやけど、ちょっと舌にまとわり感が残る。

麺は極細やけど伸びにくいのか、最後まで固さは安定してました。ぶつっとした歯ごたえはまさしく博多系を思わせる。大っきいチャーシュー。そしてこのタイプでは珍しく存在感のあるメンマ。

正統派ではなく、アレンジを目指した九州系ベース豚骨らーめんといった位置づけやろか。でも半端な感は否めず、味も単調気味なので替え玉には手が届きにくい。

らーめんそのものも、オペレーションも、接客も前回訪問した池袋店とだいぶ違う気がしました。それとデフォルトでは考えにくい強気な価格設定。余計に期待してしまうだけに、落胆も激しかったかな…。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C” <RANK DOWN>
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・黒だるまらぁ麺  780円

◆西口ヨドバシエリアの時計館の近く。
場所:東京都新宿区西新宿1-14-5/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~27:30
無休



【地雷源】(First Real)

地雷源110522
◆旨味我流ソバ   750円

◆黒基調でジャズとかが流れる、おっされーなSHOT BARみたいなお店。ついお酒飲みたくなる雰囲気やな。方南町時代から行きたくて仕方なかったんやけど、立地がおいらの生活圏外やったもんで。でもこの間『お願い!ランキング』で見て、とうとう決意。

開店直後でFirst客でした。入口に食券てのはイメージからちょっと意外でした。他にも興味引くメニューあったけど、初回なんで看板の『我流旨味ソバ』で。チャーシュー炙られてる音が聞こえてきます。

小ぶりな丼に、とても上品に敷き詰められたらーめん。無化調らしいです。
まずニュートラルながら深いスープの味に感嘆!尖ったり張り詰めた感じの雰囲気は一切ない“計算された優しさ”。家庭的とも違って、いい意味で媚びてない。だしは魚とか貝中心のWスープやと思うが、素人のおいらには正体が全然わかりません。純水のような気品を持った醤油はあくまで“かえし”の役割で、出しゃばらない。これは超高完成度のスープやと思う…。揚げネギがアクセント&深み増しで散らされてますが、なくても充分なおいしさです。

麺は細くてぷつぷつっと心地よい歯ごたえ。長くてややもつれやすいけど、レンゲにすくって食べてくと、その奥底にはほんのり“甘み”が感じられる。これはおいら今まで味わったことのないテイスト。

炙られて旨みが引きしめられたチャーシューは不味いわけがなく、厚みもあって噛むと肉汁が伝わる。大きなメンマも繊維感はしっかりあるのに優しい味わい。これが穂先メンマやったら最高ランクにしてたかも。(デフォではなくなったよーです)

それにしても、らーめんそして無化調に徹底した追及が伺え、その職人技には思わず頭が下がります。らーめん食べるのになんか申し訳ない感じ。さすが噂に違わない、とゆーか噂を大きく凌駕する、“大きくまとまった”素晴らしいらーめんでした。ごちそーさま。


◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・塩の旨味らーめん        750円
・肉ソバ(醤油or塩)        880円
・フランキー中華ソバ(醤油or塩) 700円

◆南口から中野通りを南下し、大久保通りとの交差点を左にぐるっと回った先左手。行きつくまでに有名な『中野大勝軒』『武道家』などが見れます。
住所:東京都中野区中野2-28-8/最寄り駅:中野駅
営業時間:11:00~17:30  18:00~23:00(金土は25:00迄)
無休



【北大塚ラーメン】(2nd Real)

北大塚らーめん110519
◆チャーシューめん激辛    750円

◆今日は財布の中が心許無い…。でもがっつり肉を喰らいたい。こんな時は北大塚ラーメンで決まりや。
てな訳で、今回はチャーシューめん激辛に挑戦。餃子セットやライスは控えようかな。

大量の唐辛子入りの肉そぼろが丼の1/3位を埋めつくしてまる。単独ですくってみると、かなり辛い。加えて薄味の醤油スープはそぼろが浸かってたラー油まみれに。喜多方ぽさはなくなるけど、これもぴりっとしててなかなかうまい。

ゆる~い中麺はするする胃に収まっていき、今回はチャーシューとのボリュームバランスもよく感じました。

こんもり盛られたトロトロのチャーシューはもぉ説明不要。これだけ食べても胃もたれとか起こさないのもさすが。さくっとゴチです。

こっちもおいしかったけど、おいら的にはノーマルのチャーシューめんのが好みかなあ。辛味もアクセントとしてはいいけどね。或いは、ご飯と一緒に食べればよかったか?


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・ラーメン         550円
・激辛ラーメン       550円
・チャーシューめん     750円
・大盛(2玉)        100円
・ゆで玉子         50円

◆駅北口から路面電車を跨いだ巣鴨方面へ向かう路地へ入ってすぐ左手にあります。
住所:東京都豊島区北大塚1-14-1/最寄り駅:大塚駅
営業時間:11:30~14:30  17:30~23:00
無休



【餃子の王将】 Eiken's Rank:"B"

王将110518
キムチ焼きめし+餃子    472円+231円

◆ここは平日だけ27時までやってます。さすがにアメトーーク効果は去ったか、23時頃やとほとんどお客さんいないなあ。

◆餃子は外せんけど、メインをどーしようかなと思って、キムチ焼めしに初挑戦。シャキシャキしたキムチがたっぷりで楽しい。具は玉子とネギ、白菜のみで、なんか家でも作れそーやけど、やっぱうまい。

◆そして芸術的な餃子。外はぱりっ&さくっ、中はむちっ&じゅわ。うーむ、このバランスは計算し尽くされてるなあ。表面の焦げ具合は適度で、前回食べた時よりうまく感じる。そして、最後に飲む水…。めっちゃうまないですか?

◆メニュー(店舗によりけっこー異なります)
・東京ラーメンセット  882円
・王将ラーメンセット  872円
・ニラレバ定食     882円
・すぶた定食      945円
・おこさまセット     682円

◆JR新秋津駅出口から南に伸びた道路(線路を真ん中に両脇に沿って続いてる道)を所沢街道にぶつかるまで歩く。
住所:東京都東村山市久米川町1-37-7/最寄り駅:新秋津駅

【屯ちん】(4th Real)

屯ちん110517
◆ラーメン(大盛)     650円

◆屯ちんといえば東口本店が有名ですが、新しく西口店ができてたので行ってみました。

背脂は多いけど見た目ほどしょっぱくない、昭和から進化した東京系背脂らーめん。あれ…スープこんな甘かたっけ?

大盛のちぢれ平打ち麺は、屯ちんでは珍しくちょい固めの仕上がりで、中心はぶつん、外側はくたっとした二重奏の食感。意図的なものかどーかはわからんけど。

辛味のついたメンマはスープの味を変えてしまう。デフォのほうがええかな。チャーシューは妙に固くてちょっと口の中に残った。

相変わらずリーズナブルで、さくっと食べやすい味。西口店限定メニューで『肉醤ラーメン』(肉そば?)てのがあったので、今度はこっちを試してみたいな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・魚豚らーめん    680円
・肉醤ラーメン    850円

◆西口出たらロータリー沿いに右へ。最初の道路渡ったら右に向かってすぐ。
住所:東京都豊島区西池袋1-27-1/最寄り駅:池袋駅
営業時間:11:00~28:00
無休



【マクドナルド】 Eiken's Rank:"B"
マクド110516
メガマック(期間限定)    390円

◆おいらこれまで食べたマクドで何が一番好きか?と云われたら、たぶんこの『メガマック』やと思う。ダブルバーガーやクォーターパウンダーもハンバーガーとしてはうまいけど、メガマックはビッグマックをベースとしてるんで、ソースが決定的に違う。そして大量のレタス、ピクルス、ゴマのバンズ、ペッパーが多めにかかった4枚のビーフパティと、バランスは悪くてもその豪快な仕上がりが、ジャンクフードやのに食べる前からわくわくさせてくれる。

◆一時はレギュラーメニューになったものの、クォーターパウンダーへの順次移行が進められ、2年前の仙台で食べたのが最後でした。それが期間限定でついに復活!メガてりやきも先行で復活したけど、やっぱメガマックのが最高です。単品で775kcalとゆうとんでもないカロリーで、これひとつでも充分な満腹感。

◆余談ですが、以前『スーパー・サイズ・ミー』というドキュメント映画を見て、ファストフードを長期間食べ続けると人間は死ぬ(?!)とゆう仮説検証が行われました。結果は是非映画を見て頂きたいですが、アメリカでやたらと話題になるファストフード問題。女性2名による訴訟、ロナルド引退要請、なぜマックサラダが生まれたのか、スーパーサイズが消えた理由など、さまざまな事象はひとつに繋がっていた?しかしそんな中、世界一ビッグマックを食べ続けているとゆう、ギネス認定(最近2万5千個を突破)もされてるドン・ゴースクさんという人がいます。一度見たら忘れられないビジュアルの方ですが、そのすっきり細い体を見ると、悪いのはハンバーガーではないのかも知れません。

◆ファストフードは世界から消える日はあるのか?




▼P. S.  …後日、同店にて食べたメガマック。
包装が改善され、バンズとパティが崩れず美しいまま食べれるよーになりました。
マクド110524


【武蔵村山大勝軒】(First Real)

武蔵村山大勝軒110504
◆中華そば+味付玉子   650円+100円

◆この日は快晴やったんで、狭山湖畔を散歩してみました。2時間程やったけどへとへとになってもた…ご飯を先に済ますべきやったと後悔しつつ、そいや近くに大勝軒のお店があったなと、エネルギーすっ空かんの状態で行ってみる。

14時という半端な時間帯のせいか、店内は4割程度の入り。店内にいきなり券売機があったんでびっくりした。かなり空腹感強かったけど、すぐ近くに張り紙があって『並盛でも300g』とあったんで、ここは無難に中華そばに味玉トッピングにしとく。店内は中華料理屋を改装した感じで、家族向きにテーブル席のほうが多いのは落ち着いてていいね。

太めの多加水麺は、芯はしっかりあるけどもちっしてて、口の中で大量の麺が踊る。これぞ大勝軒の麺やね。量もたっぷり、てゆうかかなり多いけど、おいしいので途中であきたりせず食べれる。

モモチャーシューは、大きな丼の約半分を覆うほどで、しかも分厚い。噛むとじっとり旨みが伝わってきてとてもおいしい。大きめのメンマも繊維感があって歯ごたえがあり、もちもち麺との相性はいい。トッピングの味玉はちょい固めで白身もぷちっとした抵抗感あり。ただ卵独特の臭みが消えてないのはちょっとマイナス。

先日、新宿の『大勝軒まるいち』を食べた後のせいか、こっちはスープが極めてシンプルです。ちょい強めの魚ダシと鶏、豚系のWスープとはいえ、伝わってくる旨みはとても平面的な構成です。魚粉や酸味といったひねりもなく、よくいえば純粋。でもここが大勝軒とすれば、やはり何か“深み”が足りないと思う。しかも味付けはしょっぱい。

らーめんとしてはまずまずの味やと思うけど、大勝軒の看板背負ってるという立場上、たぶん世間の評価は厳しくなってしまうやろな。極めてスタンダードな味とも云えるかな。ちなみにこの後、翌日の昼まで全くお腹がすきませんでした…恐るべし!

武蔵村山大勝軒110504_2

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・もりそば   700円
・特製中華そば 850円

◆新青梅街道の上北台を越えた先で、ダイヤモンドシティの手前。新宿方面からだと入りにくいので、北の青梅街道から回ってくるのがベター。
住所:東京都武蔵村山市中央2-128-2/最寄り駅:上北台駅
営業時間:11:00~21:00
無休



【北の大地】(2nd Real)

北の大地110502
◆醤油らーめん   730円

◆新宿の東口そばにあるらーめん屋さん。3年ほど前に訪問したことがあったけど、健在でした。平日ランチタイムなんで、トッピングひとつ(今回は味玉)とライスがサービスされます。

『醤油らーめん』をオーダー。これでもかっつー程の大量のすり白胡麻がちりばめられてて、とてもまろやかな醤油味。
透明感のある麺はちょうどいい弾力を持った歯ごたえで、北海道系とゆー感じ。
もやしの絶妙な炒め具合、熟成チャーシュー、半熟味玉もやわらかでおいしい。

どこか懐かしくもあり、丁寧な仕上がりです。…なのに惹きつけるものが弱い気がする。まあウリは味噌なんやろけどね。あと『とんかつらーめん』てのもあるけど、ランチで食べるにはちょっと重そうやしね。
ちなみにこの醤油らーめんはライスと相性よくないかも。単品のほうがオススメです。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・白味噌らーめん      730円
・大地らーめん(味噌)   850円
・辛味とんかつ味噌らーめん 930円

◆新宿東南口から甲州街道の一本北を並行してる路地を明治通りに向かって歩く。マクドを越えたちょい先左手ですが、ちょっと奥まってて地味なんで気づかずに通り過ぎてしまうかも…。
住所:東京都新宿区新宿3-28-2/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~16:00  17:00~23:00(日祝は11:00~21:00)
無休


04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード