≪ 2011 09   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2011 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ラーメンショップ椿】(First Real)

ラーショ椿111030
◆ラーメン(中)   650円

◆新小金井ラーメン街道のひとつ。時間狙ったので空いてました。席が2フロアに分かれてます。ラーメン一筋のよーで、張り紙ではライスもギョーザもビールもないとのこと。

脂は意外に少なくあっさりのスープ。まさにラーメンショップのオーソドックスな味。醤油もあまり強調せず控え目。が、冷めてくると次第に過多な塩分のしょっぱさと壊れた化学調味料の味が襲ってくる。

麺はちょい固めの歯ごたえで、もごもごと粉っぽさが口の中で残る。おいら的にはも少し柔らかいほうがすっと喉を通過するので、薄味に仕上げたこのラーメンには合う気がする。

三枚のどでかチャーシューはとても柔らかく、ラーショ定番のネギにも合いそうです。メンマやわかめ、海苔と基本的なトッピングが揃ってる。

全体的にかなり丁寧やと思うけど、あの麺がなあ…。なんか昭和時代の場末のらーめん屋さんなんかで出されそうな、らーめん風の食事をした感覚。もっと下品でもいいからガツガツいきたくなる頑固な麺が欲しいところ。それがラーショの魅力やと思う。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・ラーメン(並)     530円
・ネギチャーシュー(並) 880円

◆駅西側を縦断する新小金井らーめん街道を北へ10分強位歩く。
住所:東京都小金井市貫井北町3-33-11/最寄り駅:武蔵小金井駅
営業時間:9:30~26:00


スポンサーサイト

【末廣ラーメン本舗】(2nd Real)

末廣111028
◆中華そば(特大)  680円

◆二年振り二度目の訪問。キャンペーン中なのか、中華そばが全サイズ(並・大盛・特盛)とも同料金らしいので、単品特盛りで。

店内は醤油の香ばしい香り。そして元気な店員さんの掛け声。

でかい器に分離した油と底に眠るすっきり醤油スープ。熱々なので知らないと舌をヤケドします。かなりギトギトなので、油はよけて返しのスープメインで飲むのがいいかも。喉の奥に残らないすっとしたおいしさ。

けっこ柔らかめな醤油を吸ったストレート麺は、おいら的にはかなりストライクな食感やけど、あっという間になくなった。これってスープは特盛で麺は普通盛りなんちゃう?ちなみに固めできるらしいので今度はそーしようかな。

チャーシューは薄切りで繊維感も楽しめるジューシーさ。かなり入ってますが、終盤はやっぱり大量に残ったスープからサルベージする作業になる。ネギはいれ放題だが引き立てる感じやないし。
末廣111028_2
▲ネギ入れた図。彩り的にはしっくりくるね。

基本スタイルは『新福菜館』ベースなのですごく好みやのに、オリジナリティがちょっと半端でとても残念。キャンペーン中だけかも知れんけど、コスパ考慮して今回のみランクアップ。出入口は足元に注意すべし。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B” <RANK UP!>
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば(並・大) 680円
・あさり醤油(並)  880円
・ヤキメシ      500円

◆早稲田通りを駅から早稲田方面へ5分ほど歩いた道沿い左手。白くてでかい暖簾が目印。
住所:東京都新宿区高田馬場2-8-3/最寄り駅:高田馬場駅
営業時間:11:00~26:00
火曜日休み


【大たこ】 Eiken's Rank "B"

なんば15

◆六個入り   360円

◆道頓堀川すぐ南の通りにある有名な屋台で、創業47年とか。さすがにカレーとらーめんの後では無茶かなと持ち帰りにしました。ホテルでのお楽しみや。

なんば14
◆ちょっと冷めてたので正当な評価ではない(てゆーか、やっぱたこ焼きはその場で食べるもんやね)が、大ぶりのたことまったりソースがおいしい。47年の歴史を噛み締めて食べると、これまたじーん(?)としますなあ。
ホテル最後の夜にしてはやたら地味な光景やけど、目的のお店は殆ど網羅できたので、おいら的には満足です。

※大たこのホームページ




◆そして…

【中之島ビーフサンド】 Eiken's Rank "A"

なんば16
◆中之島ビーフサンドとプレミアムモルツ   680円+270円

◆翌日夕方、予定より少し仕事を終わらせることができたので、帰りはゆっくりのぞみで帰京。車内は速度遅いけど、Wi-Fiも使えるので退屈しない。

◆ハースサイズの松阪牛カツレツと特製マヨ、ソースをばくっと食べる。これがうまくないワケがないね~!!
ビールで喉を潤し、ゆっくり寝不足を補填しながら東京へ連れてってもらうことにします。ありがとう大阪なんば!次こそなんばグランド花月で新喜劇みたいっす。

【河童ラーメン】(First Real)

なんば13
◆河童ラーメン    690円

『自由軒』のカレーを食べ終わり、そのまま連食です。千日前通りを渡って本店へ。それにしてもこの街は裏路地まで充実してるなあ。

店名の『河童ラーメン』をオーダー。店員さんが最初にキムチと無料替え玉券を持ってきてくれました。なるほど、平日は替え玉無料なんやね。カレーの後やけど、頂いたものを食わんと男じゃない!と覚悟を決める。
なんば12
さて、やってきたのは博多系豚骨らーめん?と思いきや、甘み醤油に背脂豚骨とやや変化球な味わいのスープ。麺は普通でも十分弾力があってうまい。これは博多らーめんにはなかった食感やな。替え玉は固めで。白ゴマと粗塩をかけてさくっと完食。

チャーシューは三枚あって嬉しい。でもちょっとパサッとしてて味気ないかな。このお店、大阪ならではの味とはちょっと違う気がしたけど、総合レベルは高いと思う。ごちそーさま。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・工場ラーメン   590円
・チャーシュー麺  890円

◆駅から北に向かって千日前通を渡ったら東に3区画ほど歩いた左側。
住所:大阪府大阪市中央区千日前1-9-12/最寄り駅:難波駅
営業時間:11:00~29:00
無休



【自由軒】 Eiken's Rank:"B"

◆なんば出張二日目の夜は、梅田での仕事を終えてから閉店時間ギリギリに滑り込んだ『自由軒』です。ここも大阪名物と云われるだけあって、外観から内装まで、これまた歴史がありそーなお店です。

なんば11
◆名物カレー   650円

◆スパイシーなドライカレーて感じです。米一粒一粒に味が付けられてて、食感はもっちりしてます。柔らか牛肉としゃきしゃきタマネギがたっぷり入ってる。卵でマイルドに、ソースで引き締まる。そしてぴりっと辛いスパイス感。

◆感動的とまではいかないが、大阪のソウルフードなんやろね。ノスタルジックな印象は大阪になじみの薄いおいらでもどこか感じるものがあった。でも何に一番歴史を感じたって、カウンターに座っておられた見事な髪形のお婆さん(失礼)でした。

◆意外に洋食屋さんのよーな様々なメニューがありました。殆ど皆さん名物カレーか、もうひとつの別カレーてのを食べてるよーでしたが…。サイドメニューにもちょっと惹かれたけど、出張滞在の夜は短いので、次のお店に向かうべさ!!ごちそーさま。

自由軒のホームページ

【金龍ラーメン】(First Real)

なんば10
◆ラーメン   600円

◆『福太郎』を堪能して23時過ぎまで街を眺めた後、シメのらーめん行くかってことで、なんばらーめんの代名詞『金龍ラーメン』へ。

座敷にセルフってのが逆に斬新さを感じておもろい。近くにも本店のほか支店もやたらあるみたいです。こんな時間でもちらほらお客さんがいる。靴を履いたまま、半分座敷に腰掛けて行儀悪く食べるとゆースタイルが、これまた味があっていいな。

さて、程なくして出来たらーめんをカウンターへ取りに行く。見た目からジャンクやなあ。昭和に逆戻りした感じ?白豚骨スープが妙に後引くうまみをもつ。名古屋の『すがきや』みたいな正体不明の魅力があるなあ。

そしてゆるゆるのストレート麺。安っちいのに意外にボリュームがあるチャーシュー。申し訳程度に入ってる細もやし。

なんてゆーか、上等なインスタントラーメンのような位置づけやった昭和時代の懐かしい関西味。今ではすごく貴重やね。ご飯やキムチ、ニラは無料なので深夜でもガンガン食べてる人いるし。でもなんかほっとする光景でした。食べれてよかった。ごちそーさま。

なんば8
※おまけ:千日前通りにある餃子の王将。アメトーークでブラマヨの吉田さんも云ってた、餃子弁当に焼飯変更技を使った“可愛いトリック”が通用するお店です。持ち帰りしたいな~とふらりと来てしまったけど、さすがに自粛しました。
◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン  900円

◆高島屋のある南海ビル北側の通りを東のアーケードに入って最初の十字路を右へ。左手にあるなんばグランド花月の手前。
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-20/最寄り駅:難波駅
営業時間:24時間
無休



【福太郎】 Eiken's Rank:"A"

なんば3
◆なんば編第二弾は、夕食代わりに大阪焼きをかっ喰らいに千日前の『福太郎』へ!
飾らないがふらっと気軽に入れそーな、シチュエーションを選ばない和やかなお店。入り口に向いたコの字型カウンターに店主さんが構え、もくもくと焼いている。豊富なメニュー。さあって何からいこっかな…

なんば4
◆生中    520円
まずはこれやろー。その後焼き物をオーダーして、店主さんが焼いてくれるのをじっくり拝見…

なんば5
◆すじねぎ焼き   980円
牛すじのはいったねぎ焼き。ソースはかかってないけど味はついてるのでそのまま食べる。

なんば6
◆外カリッ中ふわっ。時間経ってもぜんぜん大丈夫。ねぎがめっちゃうまい。すじは肉々しくて柔らかい。こんにゃくもいいアクセント。こんなうまいの、東京で食べれる??

なんば7
◆すじ肉の焼き飯(にんにく入り)  880円
2品目もすじ肉で。ビールお代わりしてガンガンいくぜ。
おたふくソースでこってりした味。神戸牛を使ったとゆうすじ肉もたっぷり入ってて脂ぽい。でも最高にうまいぞー。野菜も取れて口の中をさっぱりしてくれる。

◆さて、次は…あれ?早くも箸がフリーズしてしもた。空腹にビールとがばがばいき過ぎたかな。3品目いかずおいしくごちそーさま。それにしても、食べ物が主役の飲み屋っていいな~。帰りは道頓堀を散歩してみました。かつての文学小説なんかで語られる古いバラックなぞはなく、歌舞伎町のよーな雰囲気。おのぼりさん定番のグリコのライトアップされた看板を見ながら、酔いを醒ましてみたりして。
なんば9

◆この『福太郎』は絶対オススメです!一人でもカップルでも会社仲間でも楽しく頂けるお店やと思う。今度なんば来た時もぜったい寄る!次は一番人気の豚ねぎ焼きと、お好み焼きと、焼きそばと…全部食いたい!

※福太郎のホームページ



【中華そば ○丈】(First Real)

なんば1
◆○丈(まるじょう)そば   800円

◆大阪なんばへの出張が入ったので、滞在できる3日間のうちにどれだけ地域グルメを堪能できるか?!
とゆーわけで、しばらく大阪なんば編が続きます。やったるでー

飛行機が40分以上遅れてしまい、時間あるやろかと心配になりながらリムジンバスでなんばへ直行。中央から日本橋方面に歩いて不思議な裏通り空間へ。12時前に着いた時には5人待ちで、お目当ての限定メニューはまだあるかな…ドキドキ。ちなみに斜め前のお店も負けない繁盛ぶりでした。なんばって意外に並ぶ街なんやな。

席が空いたので数量限定の『○丈(まるじょう)そば』まだイケるか確認してみた…するとラスト1品だけ作れるって!やりぃ!!

さてこの○丈そばてのは、和歌山風中華そばらしい。スープはまさに醤油豚骨の茶色いビジュアルで、表面に豚骨の膜がうっすら張っている。飲んでみると、やや豚骨割合が高い醤油スープ。くどさはなく、後味もすっとしてておいしい。

つるっとした舌触りでぷちっと切れる、『鏡花』(立川)みたいなタイプの麺は、スマートにスープと絡み、滑るようにノドを抜ける元気の良さがある。

そしてトッピングは青々とした九条ねぎ!これはうれしいなー。しゃきっと爽やかで麺とばっちり合う。そして炙りロールバラチャーシューはたっぷり入ってて、単品でもかなりの逸品。赤いカマボコが入ってるのも和歌山ぽいね。

最後まで夢中になってすっきりおいしく頂いた。無化調なためか、豚骨のコクがやや強め。おいらの中での和歌山醤油とんこつは、もう少し醤油よりのイメージやったんで、どストライクとはいかなかったけど、レベルは噂通りかなり高い。結構最近では珍しくなってきてる、料金後払いシステムとゆーもいいね。
ちなみにもう一つの看板“東大阪高井田風”という『中華そば』もあった。機会あればこっちも食べてみたいかも。ホテルすぐ近くやし。。。

ともあれ、いきなり出だしであせったものの、まずは1stミッション無事クリア!次は夕飯or夜食に向けていくぞー!!

なんば2
お店のすぐ北にある有名な『なんばグランド花月』。ライブなんてなかなか観る機会ないので行ってみたいな~。でも昼間やし無理やろな~。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば     650円
・中華そば(大)  750円
・肉増し      150円
・ネギブタ丼    300円
・ブタマヨ丼    300円
・早寿司和歌山名産 150円

◆駅南側ガードの通りを東へ。途中の路地を北に入って少し歩いた右側。
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前6-16/最寄り駅:難波駅
営業時間:11:00~15:00  18:00~21:00
水曜日休み



【花月】(15th Real)

花月111017
◆黒武者   720円

◆人気No.1限定商品の『花月ブラック』と同時期発売キャンペーンらしい。今回は食べたことない『黒武者』にしてみた。

ちなみに『ブラック』はありていに云うと、にんにくが濃いげんこつ醤油のイメージ。『黒武者』はちょっと茶色いスープやけど、似たタイプかなと思って飲んでみたら…何やろ?最初ふわっと昔懐かしい醤油の香ばしい香りがして、かすかに甘口の醤油味。普段何気なくパラリと振られてる胡椒が、このらーめんにはぴたりとはまり、センスの切れを感じた。

しっとりスープに馴染んだ中太麺(オリジナルと同じ)。万能ねぎが彩り綺麗です。でも背脂もたっぷり。これって、もしかして“富山ブラック”じゃないの?最近興味あるジャンルなのでちょっとうれしい。

香ばしい三枚のチャーシューと、普段花月ではめったに食べない固めの半熟卵。こっちは普通かな。

総合的には甘さも濃さも控え目で、実は食べやすい仕上がり。花月の限定商品は基本的に大盛できないので、ちょっとボリューム不足。でも久々に高いレベルのらーめんでした。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・嵐げんこつらあめん       620円
・嵐げんこつらあめん味噌     620円 オススメ!
・嵐げんこつらあめん塩      620円 オススメ!
その他多数メニューあり

◆南口から甲州街道を西新宿方面へ歩いて、ファッキンの交差点を渡ったら北へ曲がり、一本目の路地を西へ。50Mほど歩くと見えてきます。
住所:東京都新宿区西新宿1-16-5/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~27:30
無休


【珍来】 Eiken's Rank:"B"

珍来111010

珍来111010
玉子炒飯+餃子   550円+200円

◆滝山団地の奥にある、知る人ぞ知る街の中華飯店。昼過ぎやったけど、昼間からほろ酔い常連客でとても盛況のよーです。裏口側の路地から発見したので、思わず勝手口から入りそうになってもた(暖簾やのぼりがあったので…)。

◆噂の玉子炒飯は、もっちり日本風焼き飯ながら、塩胡椒が効いててレンゲがとまらん。炒飯特有の油のしつこさはなく、流れるように胃に収まる。化調がけっこう入ってるけど、玉子とグリンピースとチャーシューの具材でこんなにうまくできるんやな。そのチャーシューもごろごろでかく、満足感たっぷり。

備え付けのスープは昔ながらのよくある味ですが、すっと清涼感あって、ベースとして使われてるであろうラーメンの質の高さが伺い知れる。

◆そして名物の餃子。大きめのサイズが10個も!アメトーークみたいに2個いっきに食べたりしてみたり。野菜の餡はシャキシャキしてるけど、もっちり皮がジューシーであり得ない食感。うますぎる。本当にこれ200円で?

◆一見、どこの街にでもありそーな店名と佇まい、そして味わいです。でもおいらはとても好きになりました。しょっちゅうとはいかんけど、また来ます。

◆メニュー
・サッポロラーメン  550円
・もやしそば     500円
・ラーメン      450円
・サービスランチ
  麻婆豆腐定食   500円
  トリカラアゲ定食 650円

◆所沢街道と新青梅街道の間を平行に横断する滝山団地のメインストリートがあります。中央交差点を少し西に進み、本屋手前のバス停から奥(南)に入ったところ。
住所:東京都東久留米市滝山5-12-23/最寄り駅:小平駅

【ちりめん亭】(First Real)

ちりめん亭111007
◆極みらーめん   730円

◆懐かしいな~。かつて光が丘にあった店舗に通ってた頃からなので、10年以上ご無沙汰。モスグループになったんやっけ?

店内はまさにファストフードっぽいつくり。『中華そば』を食べよーと思ったんやけど、創業20年集大成と書かれた『極みらーめん』てのに挑戦してみることにした。
オーダーして一息すると…くるの早っ!券売機と連動してたのかな?

魚のだしもきいた、浅めの豚骨醤油か。良くも悪くも無理に冒険しない、等身大の優しい味。これなら女の子とのデートでも選択可能かも。かえしの醤油はちょっと濃いめですが、これがちりめんの味やと思う。

麺は妙にグニャグニャしてるちぢれ麺。う~ん、これは何とかならんかったんやろか。絡んで引き立てるスープでもないしなあ。

チャーシュー、味玉、海苔、メンマ、ネギとトッピングは豊富で、どれも独自性はあまり感じられないけど、隙もない。スープを飲んでくとけっこうな量のゆずが沈んでて、終盤爽やかに飲めるのはいいかも。

ちりめん亭111007_2
値段に対して品質のばらつきが低いと思われ、かなり安定感はありそう。モスグループだけあって、味もファミレスレベルほど単調でもない。ただ、また向こう10年はいいや…と思いました。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば     500円
・鶏トマトらーめん 690円

◆駅北口ロータリーをまっすぐ北に歩く。富士街道に突き当る手前左手。
住所:東京都練馬区石神井町4-1-12/最寄り駅:石神井公園駅
営業時間:11:00~24:00(土日祝は23:00迄)
無休



【麺匠 竹虎】(2nd Real)

竹虎111006
◆虎ダレ醤油ラーメン(大盛)  800円

『虎龍』を食べにいこーと思ったら、営業してなかった。(確か通し営業やったはず…と気になったんやけど、どーも閉店したらしい。ショック!!)なのでもう一つの歌舞伎町実力店『竹虎』へ。時間帯を狙ったので空いてました。カウンター奥へ。

今回は基本と思われる、メニュートップの『虎ダレ醤油』を。
いきなりですが、結論は“潔い”らーめん。透明ながらほんのり甘さが香る醤油スープは日本蕎麦に通ずるものあり。白い湯気の美しさに見惚れ、舌ヤケドしてもた。その味は上品で儚く、喉をすっと抜ける。ちなみに中盤で別添のにんにくだれを入れるとガラリ、“らーめん”に変身するも、上品さは崩さないのが流石。

半透明のもそっとした歯ごたえの麺は、大盛同額で(225g)なかなかのボリューム。単独のうまさはもちろん、スープにもぴしっと絡む。

繊維感のある極太メンマ。醤油漬けがしっかりなされた柔らか味玉。くどさのないさっぱり角煮。ただ溶けない海苔だけは全体の一体感が少し弱まってるかな。

コスパも歌舞伎町ではかなり“すっきり”してて、満足感の高い一品です。しかし、おいら的には『裏竹虎』のほうが好みかな。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・塩豚ラーメン    900円
・魚介豚骨ラーメン  800円
・裏竹虎       900円

◆歌舞伎町のど真ん中。コマ劇場の真裏に黒を基調としたシックなお店がここです。さりげないけど、待ち客も多いのでわかると思います。
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-36-3/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~33:00(翌9時)
無休



【風来居】(3rd Real)

風来居111006
◆限定しおらーめん 750円

◆同じ新宿にいるのに何年ぶりやね?もう5年以上ご無沙汰でした。ちょうど近くに来たので、開店を狙って訪問したら一番乗りでした。

ここの麺は固めなので出てくるのが早い。
久々に食べてみると、かつての記憶と違って思ったほど麺はポキポキしてない。水分が少ないのは相変わらずで、こーいうタイプの麺でかめばかむほどおいしくなってくるとゆーのはかなり珍しいと思う。

そして秀逸のトッピング。まずきくらげですが、塩スープに綺麗に溶け込んでます。歯ごたえもしっかり。そして美しい切り口で彩られた4枚のチャーシュー。ひと口目は漬け醤油だれの味が強いけど、次第に舌になじんでくる。もー最高ですわ、このお肉。

風来居は塩らーめんが看板ですが、これも久々に飲んでみると、甘みやミネラル感が減ったかなと最初思った。でも後々違うことに気づく。バランスがより整ったのだ。スープに残留物もなく、よりすっきり平らげられるよーになりました。クリーミーやのにしつこさなんてまったくない。

さすがに5年来てないと思い出は美化されてましたが、いい意味で今回の再訪はこの記憶を壊してくれました。さすがは風来居さん。なかなか来れんけど、おいら的には常に進化し続けるこのお店をずっと応援していきたい。そーそ、おばちゃん店員さんはいなくなったけど、お店出るときの『行ってらっさい』掛け声は健在で、ちょっとうれしかった。


◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・しょうゆらーめん    750円 オススメ!
・みそらーめん      750円 オススメ!
・玉子かけごはん     200円

◆アクセスは西新宿警察署近くの交差点を北へ行って、どこかで一本東の通りに入る。迷わなければ、西武新宿駅からやと5分位が目安です。
住所:東京都新宿区西新宿7-19-18/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~23:00
無休



09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。