≪ 2012 08   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2012 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【越後維新】(First Real)

越後維新120923_3
◆こってり醤油   700円

◆湯沢はスキー&スノボでお世話になったり、会社の保養所があってもう10回近く足を運んだ土地ですが、とうぶん行かなくなりそうなので、最後に訪問。以前にマクドがあったとこにらーめん屋さんが出来てました。
しかし『維新』て…重厚な店名やな。しかもこんな時期に。東京にも支店があるらしいけど、どーやらここが本店らしいので、ネタに行ってみることにしました。

建物はひとつですが、つけ麺とらー麺は入口も店内も別々。ちなみに厨房は同じ。機会損失してないか?

やってきたらーめんは、小ぶりの器にぎっしり。スープはクリーミーとゆうよか油ぎっとり豚骨こてこて、おまけに魚粉まで入ってるぞ。さらに豚コマの片栗揚げみたいなものも沈んでるな…。味の効果はようわからんけど。
ちょっと時間をおくとスープに膜ができる。味もしょっぱく旨みが強いのであまり飲めない。

コシヒカリ麺とゆう自家製麺の食感は、むにっと抵抗感の薄い四角いストレート麺。コシは弱いけど、独特なみずみずしさがあってなかなかうまい。でも主役のはずやのに、トッピングが多いので全体的に埋もれがちな印象。もったいない。

トッピングはもやしにきくらげ、ネギ、チャーシュー、海苔、メンマとなかなか豪気。おいら的Hitはメンマ。ただこれはスープに馴染むのに時間かかる。チャーシューは残念な感じやったなあ。

最初はおいしく感じたんやけど、塩分と旨みが強すぎて、終わってみれば後半ちょっと胃がずっしり重くなってた。全体的にバランスは悪くなく、オーソドックスならーめんやな。でも最近ちょっと似たらーめん食べたな…と思ってたら、『風風ラーメン』だった。

越後維新120923_1
◆越後みそ  800円

◆越後味噌と呼ばれるスープは甘みがあるわりに味がまとわりつかず、意外に飲める。でも何故か飲み続けると味わいは単調に感じてしまう。

越後維新120923_2
◆中華そば  680円

◆中華そばのほうは、透明スープで魚と鶏ガラの他、貝が入ってそうな感じ。強い旨みが感じられるけど、すっと舌を抜けるおいしさ。こっちは麺が粉っぽく感じる。冒険しないならこれが一番おすすめかも。

まあ観光地のらーめん屋さんなので多くは望まないけど、たぶん次回訪問した時にはまたお店が変わってそうな予感を覚えました。


【おまけ】
由屋120922
◆中へぎそば(3人前)+野菜天ぷら  2630円+640円

◆新潟と云えば『へぎそば』。今回は十日町にある『由屋』さんで食べてきました。布海苔(海藻)が練りこまれた麺は、独特の弾力があってうまい。花(きざみのり)を乗せればよかったと後で後悔。ただ、かつて三国街道(17号線)に存在していた幻のお店にはやっぱり叶わない…へぎそばの幻影への追求は続く。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・コシヒカリ米  280円
・げんこつカレー 800円

◆関越湯沢インターを降りて、T字路を石内方面へ。コメリの手前の交差点右側。
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1705-1/最寄り駅:越後湯沢駅
営業時間:11:00~21:00
火(ラーメン店)・木(つけ麺店)曜日休み



スポンサーサイト
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。