≪ 2014 02   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2014 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆エリア:キロロスノーワールド(北海道)
◆訪問日:2014/3/28
◆天候:快晴
◆ジャンル:スノーボーディング

Kiroro201403_1

Kiroro201403_2

2013年度のSki&SBの旅もいよいよ12回目となりました。今回は2年振りのキロロ。
北海道でも最も積雪の多いスキー場で、今年はなんと5月末まで営業してるらしい。すげーな。。。

Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:   
施設充実性:     
コース攻略性:    
コストパフォーマンス:
付加価値:       



◆詳細レビュー:

<アクセス編>
東西線バスセンター前から徒歩10分弱。中央バスターミナル総合窓口でパック購入し、いざキロロへ。
高速で約2時間の道程。

<施設編>
マウンテンセンターは色んな設備が充実。ロッカールームは広く、ロビーも落ち着いた雰囲気。バブル全盛期の優雅さがどこか残ってる感じ。

Kiroro201403_6

ランチはマウンテンセンターで味噌らーめん大盛を食べる。キロロは全般的に食事や飲み物のコストが高い割にクオリティは低いのが残念。
リフト乗り場の従業員の方々はとても親切で明るい。都度『いってらっしゃいませ』と云われると何だか照れるね。

<コース編>
ゲレンデ:21コース(初級37% 中級37% 上級26%)

Kiroro201403_3
▲長峰エリア

Kiroro201403_5
▲余市エリア

Kiroro201403_12
▲朝里エリア

Kiroro201403_11
▲これは2年前にも出会った朝里頂上の木


かつては広大なスキー場というイメージだったけど、北海道の他ゲレンデを知ってしまうと、意外と中規模レベルとゆーことに気づく。
全般的にコースは広めでビギナーに優しいけど、初中級者コースは真っ平らな箇所が散見され、これはボーダーにはキツイ。

長峰もいいけど、4000mにも及ぶと云われる朝里ダイナミックコースで山間や橋をすずしく抜けていくのが気持ちいい!

Kiroro201403_7

Kiroro201403_8
▲ゴンドラから見渡せる朝里ダイナミックコース


この日はなんか大会があるらしく、15時までセンターコースは使えなかったけど、他はすべてOK。各エリアともがら空きでした。
今回は2年前とは逆のルートで、長峰⇒余市⇒朝里の順に流してく。

しかし暑っつい。太陽もまぶしくてゴーグルないと目がちかちかする。

積雪量はあるものの、けっこびしゃっててエッジが切りにくい。おかげで中級でもそれなりに難しく感じられる。これは転ぶと痛いぞー。


(当日の状況)
3/28(土)
気温…-3℃
積雪…380cm
路面状況…ざらめ雪

<コスト編>
・リフト&バス料金:5300円(日帰りバスパック)
・食事:ランチ1000円

〆Total:7,000円位

<総括>

Kiroro201403_13

Kiroro201403_14
▲終盤の仕上げにセンターコース(A/B)を疾走!


周囲の山林は山肌がけっこ見えてきてた。これならレンタカーでも余裕で来られそう。ただこの時期からいっきにゲレンデの営業が終了し始める。今年は昨年よりずっと雪解けが早いみたいだ。
おいらもこのキロロが今シーズンのラストを飾ることになると思います。1シーズンに12回(例年の約4倍!)もの訪問ができたのは、北海道という素晴らしい環境と家族の温かい理解があってこそやね。感謝。

Kiroro201403_9

振りかえると、2010年末の冬、『白銀ジャック』の影響で雪山熱が再燃し、翌年は友達とのSB講義がそれを後押ししてギアを新調。
一転して失意の昨年を駆け抜け、2013年末は北海道に居を移し『疾風ロンド』を読みながら、すっかりスキーよかボード経験値がこれを超えた。
今年は土曜の夜が至福の時間として記憶に定着した。来年もこんなライフができるだろーか…?

でわまた来年のブログ更新までごきげんよゥー。

Kiroro201403_10


◆オフィシャルホームページ:キロロリゾート/株式会社キロロアソシエイツ

スポンサーサイト

◆エリア:札幌国際スキー場(北海道)
◆訪問日:2014/3/22
◆天候:晴れのち雪
◆ジャンル:スノーボーディング

Sapporokokusai201403_20

札幌国際はこれで8度目の訪問。さすがにちょっとマンネリ化してきたな。でも今回は、くるとくクラブで購入するとたまるポイントがよーやく5ptがたまった(カードをよく忘れたので今更だが)ので、リフト無料券ゲト。バスツアーも明日の3/23で最後なので、滑り納めに行っとくかな。

Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:   
施設充実性:     
コース攻略性:    
コストパフォーマンス:
付加価値:       


(当日の状況)
3/22(土)
気温…-3.4℃
積雪…440cm
路面状況…パウダー

Sapporokokusai201403_24

こんな時期でも積雪はかなりあって、表面もパウダーでした。が、その下はがりっとした水分多めの雪が隠れているところもあり、油断するとちょい危険かも。

Sapporokokusai201403_21

カレーラーメンは相変わらずお腹いっぱいになる。これチキンカツだけど、衣がけっこー重い。

Sapporokokusai201403_22

Sapporokokusai201403_23

なんだかんだで、北海道のSB生活のきっかけを担ってくれた札幌国際。リーズナブルやし、おいらの住処からのアクセスも最高にいいので、重宝させてもらいました。同じゲレンデにこんだけ(しかも1年で)通ったのは当然初めてで、来年もきっとお世話になると思います。

◆エリア:ルスツ リゾート(北海道)
◆訪問日:2014/3/15
◆天候:晴れのち雪
◆ジャンル:スノーボーディング
Rusutsu201403_6
今シーズンの雪山もついに目標の10回目に到達。節目とゆーことで、この日は夏にもお世話になったルスツなう
2年前に出張で北海道に来た時も行きたかった、おいら的には一つの夢がかなった感慨アリアリです。
Eiken's Rank "AAA"
アクセス利便性:   
施設充実性:     
コース攻略性:    
コストパフォーマンス:
付加価値:       
◆詳細レビュー:
<アクセス編>
バスで行くには前日までにバスツアー会社へ“ルスツ号”の予約(無料)が必要。地下鉄札幌駅から8番出口すぐのローソン前から出発。この時期でも満席だったのが人気の高さをうかがわせる。
<施設編>
Rusutsu201403_9
各麓など、至る所に休憩所やレストハウスがある。ゲレ食総選挙ってのをやってたが、おいらはカフェテリア(スティームボート)で定番の『カツカレー』を。カツは作り置きだったけど、カレーはちょい甘口まろやかで疲れた身体にはおいしい。
後になって発見したんやけど、イゾラの頂上から麓まで一気に駆け下りた先にあるゴンドラステーション1Fにあるイゾラ2000てのが人も少なめ(その時は)で意外に穴場かも?
<コース編>
ゲレンデ:37コース(初級30% 中級40% 上級30%)
ルスツリゾートのゲレンデは大きく3つの山で構成されてる。各リフトには地図と現在地が載ってるので、いちいちガイドを広げなくていいのはとても親切。
Rusutsu201403_1
Rusutsu201403_2
バスから降りて着替えたら、遊園地のあるウエストゾーンからまずウォーミングアップ。これでも一番小さい山なので、贅沢だけど足慣らしにすっと1度だけ降りたらそのままイースト側に渡るためのゴンドラへ。
Rusutsu201403_3
イーストは超ロングコースが2つ。ゴンドラで一気に頂上まで行ける。おいらは道路側に位置するビバルディコースが気に入った。おいら的に加速バランスが最適で取れる傾斜(24°)と心地よい滑走距離(2300m)が最高。
Rusutsu201403_7
Rusutsu201403_8
最後にルスツ標高最大のイゾラ。中上級の各ヘブンリーコースが景色も素晴らしく、難易度も手応えがあって面白い。上級はコブも傾斜も少し優しめなので、練習にはとてもいい。コースが血流のように自然で美しいレイアウトになってて、これを無遠慮に跨いでる鉄塔がまたどこか不穏なイメージで、何だかぞくぞくしてくる。何周滑ってても飽きがこないよなー。
(当日の状況)
3/15(土)
[イゾラ]
気温…-6℃
積雪…480cm
路面状況…粉雪
[イースト]
気温…-3℃
積雪…420cm
路面状況…粉雪
[ウエスト]
気温…-3℃
積雪…420cm
路面状況…粉雪
<コスト編>
・リフト料金:2700円(道民限定キャンペーンで、マウントレースイの1日券提示で5300円⇒半額!!)
・アシ:地下鉄200円×往復
・食事:ランチ1000円
〆Total:4,000円位
<総括>
ルスツ やばい。
楽しい…
楽しすぎる!!!
Rusutsu201403_10
人はそれなりにいるんだろーけど、超広大なゲレンデなのでばらけるんやろね。イゾラの端っことかで滑ってると、大自然の中で自分一人だけのよーな錯覚に陥る。そーいやこんだけスケールのでかいゲレンデは、おいら生涯初めてかも。
この時期はじゃっかん固めだけど、基本ほわほわの新雪で、ボーダー天国と云われる所以を実感したわ。
晴れ間が気持ちいい。滑るのに夢中で特に寒くはなかったけど、ゴンドラやフード付きのリフトが多いんはやっぱり暖かくて嬉しい。
Rusutsu201403_4
Rusutsu201403_5
午前は晴れてたので、イゾラ頂上から洞爺湖とか羊蹄山が綺麗に見えた。午後からはしんしんと雪が降ってゲレンデをリセットしてくれる。
帰りは17時のバスなので、実質7時間で19コースほど滑った。余裕持ってイゾラから戻ってきたつもりが、ホテル着いたら16時半過ぎてあわてて着替えた(笑)。帰り際、ホテルの従業員や支配人らしき方までバスに向かって手を振ってくれたのは何だかうれしかった。
ああ。。。日が長くなってきたなあ。冬が終わりに近づいてくる。
北海道は季節の変わり目と寂しさを肌で感じる事ができるトコロなんやね。
さすがわルスツ。おいら的に今までの雪山体験では文句なしのベスト1でした。
来年も絶対来るぞー
◆オフィシャルホームページ:ルスツリゾート/加森観光株式会社

◆エリア:さっぽろばんけいスキー場(北海道)
◆訪問日:2014/3/3
◆天候:晴れ時々雪
◆ジャンル:スノーボーディング

Bankei_1

雪まつりのイベント見てから来ようと思ってた、札幌市外から近いスキー場“ばんけい”。
ゴンドラやクワッドリフトはなく、シングルやペアリフトのみでコースも短くコンパクトやなと最初は思ったが、どうしてこれがオモロイゲレンデでした。

Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:   
施設充実性:     
コース攻略性:    
コストパフォーマンス:
付加価値:       


Bankei_2

Bankei_3

◆詳細レビュー:

<アクセス編>
円山公園駅からバスで20分位かな。街を抜けるとそこにはゲレンデが。これは便利な距離だわ。

<施設編>
中央にレストハウスがあるけど、ゲレンデの大きさの割に休憩エリアとしては小さく、この日はゲレンデすかすかだったのにレストハウスは満杯でした。ロッカーやレンタル、売店などすべてがコンパクト。
リフト券はコースの割に割高感があるけど、営業時間は朝9時からナイター22時までと、かなり腰を据えて滑れるのがうれしい。今年45周年で、行ってみたら何故か1日券が半額になってて超ラッキーでした。Webサイトに告知すればいいのに。。。

Bankei_7

今日もちょい早ランチはカツカレー。基本やね。
カツはともかくカレーはまったりしててなかなかうまかった。

<コース編>
ゲレンデ:13コース(初級30% 中級40% 上級30%)
Bankei_4

Bankei_5

Bankei_6

コースはいずれも狭く短い。でもつくりがトリッキーで、その意外性がボーダーにはまた違ったスリルがあって攻略がいがあってオモロイ。

Bankei_8

初級なのにぐっとハングしてたり、中級なのに林間で傾斜がすごかったり、つい何度も挑戦したくなる。でもさすがに超上級オフピスには挑めず。

(当日の状況)
3/8(土)
気温…-5℃
積雪…135cm
路面状況…圧雪


<コスト編>
・リフト料金:2500円(1日券半額!)
・アシ:地下鉄&バス400円×往復
・食事:ランチ900円

〆Total:4,000円位

<総括>
午前中はウエストコースメインで滑走。全体的にはスキーヤーばっか。でも上手い人多いなあ。チビッコスキーヤーがいっぱい。

Bankei_9

Bankei_10

おいら的には午後から場所を変えてみたイーストBコースが超楽しくて、何度も滑ってた。
前半はリフトすれすれで崖の細い道を抜け、後半はコブ半分の強めの傾斜が今のおいらにはちょうど手強い壁だった。
昼から3時間も続けて連続チャレンジしてたら疲れちった。

なので、ナイターはパスして早めの帰宅。でもここは見かけによらず味のあるゲレンデやわ。また来たいな。


◆オフィシャルホームページ:さっぽろばんけいスキー場/札幌ばんけい株式会社

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。