≪ 2015 01   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2015 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆エリア:富良野スキー場(北海道)
◆訪問日:2015/2/11
◆天候:晴れ
◆ジャンル:スノーボーディング



◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:3
施設充実性:4
コース攻略性:4
コストパフォーマンス:4
付加価値:4


◆詳細レビュー:

<アクセス編>
北海道リゾートライナー(北海道アクセスネットワーク)のバスパックツアーで、日帰り富良野へ。ここもお初のスキー場。
札幌センチュリーロイヤルホテルに7:45発~北の峰ゴンドラ前まで正味2.5時間の旅。
帰りはバス30分遅延…ううむ、疲れた。

<施設編>
北の峰駐車場入ったらすぐロッカーエリア、チケット売り場、更衣室あり。
そのままゴンドラ駅と繋がってて便利。


ランチはゲレンデ内唯一?のレストハウス、ダウンヒルにて。ログハウスな感じの店内は、テーブル席ばかりだがガラガラ。外人多し。
白いカレーを食す。タイカレーとシチューを合わせた感じかな。コロッケはうまかった。


<コース編>
ゲレンデ:23コース(初級40% 中級45% 上級15%)

前日まで今年度最大の寒波が全国を襲い、リフト運休が方々のスキー場であったけど、富良野は風もなく天気もピーカン。

今回はニセコ程ではないが時間的猶予がない。6時間足らずで二つの山を網羅せねば。

最初(てか最後まで)の印象は、全然人がいない…


まずはゴンドラで北の峰山頂へ。
ここんとこ積雪なかったのかな。コースはいきなりカチカチでコブだらけ。
そのせいか、中級とはいえどのコースも比較的レベルは高めに感じる。


ざっくり説明すると、北の峰は絶壁コースと崖の周りをなぞる迂回コースに分かれる。難易度は様々だが、初級なのに小壁コースて…笑



2周ほど滑ってから富良野連絡コースへ。大雪山が美しい。リフト降りたら富良野の山々が一気に開けた。

富良野エリアど真ん中を縦断するザイラーコースは今回一番滑ったかな。適度な傾斜とねじれが面白い。
麓からロープウェイ乗って中腹へ。待ち5分位でタイミング良く座れたけど、リフトのが効率的かも。

ロープウェイ降りたらレストハウスでさくっとランチ。


さて、富良野山頂へ。
このカチカチバーンも徐々に慣れてきた。不必要にエッジをかけず、スムーズなカーブを心がける。さすがにこれでスイッチは怖いな…


各リフト降り場に設置されてるベンチが嬉しいですな。

てなわけで、またまた昼飯以外ノンストップで16時過ぎまで滑走。ただ気持ち余裕持って滑ったせいか、ニセコほどの疲労感はなし。

(当日の状況)*山頂
2/11(水)
気温…-10℃
積雪…180cm
路面状況…しまり雪

<コスト編>
・リフト料金:6800円(往復バス代含む)
・食事:ランチ1100円
・その他:ロッカー代等

〆Total:8,000円位


<総括>
個人的には、富良野エリアのが北の峰と比較して圧倒的に爽快感があって面白い。ザイラーコースは特にオススメ。
北の峰は絶壁の隣り合わせで細いコースが続くため、気を抜いたら落ちそうになるし、山頂に近いほどコースが狭い。

一通り滑ったけど、まずまず攻略性はありそう。今度は富良野パウダーの時に再訪したいな。

P.S.
今回からFC2アプリで作ってます。楽チンでええわー
てなわけで、サービスエリアで購入した水曜どうでしょうグッズを意味なくupしてみたり。



スポンサーサイト
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。