≪ 2017 02   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2017 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆エリア:札幌国際スキー場(北海道)
◆訪問日:2017/3/19
◆ジャンル:スノーボーディング

すっかり春スキーの季節ですな。
明日は春分の日。今年度も12月以降、毎週にわたり挑戦し続けた2016-17シーズンも、いよいよ今回で終了の予感。
◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:5
施設充実性:4
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:7コース(初級30% 中級50% 上級20%)

(当日の状況)
3/19(日)…快晴
気温…-4℃
積雪…山頂400cm
路面状況…こしまり雪
降雪…0cm

国際の空は見事な快晴。風はほんのりで暑くもなく寒くもない、ちょうどいい天気。
三連休の中日だが、ゲレンデはなかなかの混み具合だ。初っ端はメルヘン→エコーのクワッド連絡で山頂へ。

スイングコースで足慣らしの後、ビギナーズストリートの2Wayキッカーへ。

うわわ…晴天だとこんなデカかったのか。左右ともに高さは同じだが、右側のほうがハングしてて高く跳べる構造。
最初は恐る恐るだったけど、不思議と経験は恐怖心を和らげていくもので、むしろ視界がいいぶん着地バランスが取りやすい。
やった!両方跳べたー!!
ただのストレートエアなのにすっげぇ気持ティー

昼頃からエコークワッドが混雑してきた。シングルならゴンドラでローテした方が全然効率的。ダウンヒルをメインでカービング。


いっいかん…いつものクセが。戻れ戻れ…汗

後は今年のおさらいとして、180とスイッチの練習。午後から少し雪質が変化したのか、はたまた体力消耗したのか、足を取られやすくなってきた。15時過ぎに無事クローズ。

<コスト編>
・リフト料金:5300円(バスパック)
・食事その他ロッカー代諸々:1700円
〆Total:7,000円位
<今日のゲレ食>

チーズと小海老のオムカレー1080円。
器デカくてびっくりしたが、いつもの国際カレーにエビと卵とチーズがのってるだけ…笑
これ女性全部食べられないと思う…てくらい多い。チーズは溶けてると嬉しかった。
今季初登場の炒飯は不人気だったのか単品のはなくなってた。
<総括>

今日の国際はパウダーと言うよかちょい硬だけど、ゲレンデをフリーランやカービングで滑る人にとっては、雪質はこのくらいの方がいいかも。気温も上がってくるので、グラトリも…上手な人には練習に良さそう。
逆にコース外は論外。雪質を語るまでもなく、この時期は沢や雪穴に落ちる危険性もあり、立入禁止エリアはもちろんのこと、進入はなるたけ避けた方がいいと思う。

<シーズン総括>
ニセコに倣い、近年北海道のコース外滑走と立入禁止エリアがスキー場でも明確に区分されるようになってきている。本州とかはこのあたりの規制どーなのだろう。
てもそのおかげで、富良野やルスツのような元々巨大な敷地面積をもつ雪山はコースバリエーションが無限に広がったため、個人的評価も色々見直した。
サイドカントリーが手軽になったぶん、死亡リスクも高まってるので、未来において、こーした事故からこのスポーツに過度な制約や制限が設けられない事を祈るばかりだ。
さて、今年度はドカ雪のイメージだったけど、結局積雪量は例年よか少なかったらしい。トマムやサホロ(特にサホロは折角新設コース作ったのに)はかなりダメージあったのでは。逆にレースイなんかは比較的降ったんだろね。
統計的にみて、今年は絶対土日の天候に恵まれなかったと思う。前日降雪なしとか、当日猛吹雪とか極端な日が多かった…
そんなこんなで、今年はパウダー機会が少なめで、ベストシーズンにルスツやニセコで組んでみたものの、終わってみれば、ピンポイントでは感動もあったけど、豊富な新雪を堪能した~ていう印象は弱かったな。
でも、終盤の超穴場スキー場のカムイ開拓や、国際でのキッカー体験はとても嬉しかった。そして俺の拙いスキルを支えてくれた新ギア[Nirvana]にも感謝。パウダー、カービング、ワンメイクでの機動性は最高だと思う。
そして今季のデータ。一応訪問回数は去年を上回ってるけど、泊りが去年よか2回少ないので、実質滞在日数は1日少ない。
□訪問回数:17回
□うち日帰り回数:10回/泊り回数:7回
□実質滞在日数:25日
□2016-17初訪問のスキー場
中山峠スキー場
カムイスキーリンクス
□2016-17のMVPスキー場
ルスツリゾート
□2016-17のMVPコース
超イゾラ(ルスツリゾート)
水野の沢(ニセコビレッジ)
カービングライン(マウントレースイ)

最後に来季2017-18見込について。
仕事上、トップを任される事になったので、札幌での2年の継続勤務が約束された。当初こんなに北海道に滞在できるとは思ってなかったので、雪山シーズンに限らず、四季通して目まぐるしい北海道ライフをこれからも続けていけるのは有り難い。
SBの来季プランは、も少し本格的なバックカントリー進出か、ワンメイク強化かのどちらかになると思う。体力低下が心配なので、余裕あればスポーツジムを復活したいんだけど、仕事は世間の風潮とはお構いなしにどんどん忙しくなってくので、うまく立ち回らねば。
でわ、また今年の冬にお会いしましょう。

スポンサーサイト
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。