≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Mountain:礼文岳(北海道)
LEVEL:1
標高:490m
登頂日:2017/8/22今年の夏休みは人生初の利尻&礼文の旅。とーぜん登山も視野に入れた旅になるわけで。
…が、利尻山はビギナーにはあまりにレベルが高過ぎるため、一気にレベルを落として日本一低い山と言われる礼文岳に挑戦。朝5時前に旅館を出て、北へ15分程で登山口へ。駐車場はおれらーの一台のみ…まあこんなもんかな。


え?ここ?って入口から山に入ってく。

前半はひたすら平坦な道。ずっとトドマツの森の中を抜けてくので、景色が分からず今自分がどの辺にいるか分かりにくい。

距離的にはこれで半分。後半のがずっとキツイんだけどね。

朝から曇ってたが、3/4程きたとこで、ここへきて雨音が!(森の中なので気づきにくい)
ムムム…どうする?とりあえず10分程雨足の様子を見て、それでも登ってく。

こっから第1見晴らしで視界が開けた。…何も見えん。

そしてめげずに進んでくと…偽頂上かよ💢でもその先にやっと礼文岳が見えた気がする。
ちょっと傾斜のある森の小道と開けた尾根を進む。さすがにこの標高なら森林限界知らずだな。

おおっ、あれは!!


なんだか、山頂て感じーて山頂。
晴れてたら360°パノラマなんだろな…悔しい。
おにぎりと魚肉ソーセージ食べてエネルギーチャージ。

さて帰りは徐々にガスが晴れてきて、偽山頂中腹付近で振り返ると晴れてるやん☀️
山頂はやはり霧で見通しは悪そうだが、麓や海がみえた。

帰りにやっと一組だけすれ違った。あの人達はきっと山頂の景色が楽しめるね。いいなー

麓に降りると、逆に小雨が降っていた。天気予報では雨は夜って言ってたけど、少し早まったらしい。

何はともあれ、おいら的には幻の礼文岳を体験できてよかった。
でも距離や高低差、消費カロリーは意外と大きく、なかなか登りごたえのある山でした。
まず次回の機会はなさそうだけど、万一あれば快晴の日に再チャレンジしたい。

フェリーターミナルにインフォメイションが。
なるほどーこういうコースになってたのか。
斜度はともかく、片道4kmとゆーのはかなり手応えがあった。行き、帰りとも約1.5時間ずつかかりました。

スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード