≪ 2017 11   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2018 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


◆エリア:キロロリゾート(北海道)
◆訪問日:2017/12/9
◆ジャンル:スノーボーディング
◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:4
施設充実性:3
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

今年の札幌は雪が降りやすい天気が続いてて、過去50年でも記録的にハイペースな状況だそーです。しかし毎年なんらかの記録的現象やってんなー…
当然雪山も積雪量が多く、本日からのハイシーズンも文句なしのコンディション。

今回はキロロのバスパックを利用。乗客数は行きは6割、帰りはほぼ満席。
有栖川有栖の「双頭の悪魔」をポケットに、キリキリ出っ発でぃ!

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:21+αコース(初級37% 中級37% 上級26%)
(当日の状況)
12/9(土)…晴れのち雪
気温…-13℃
積雪…山頂240cm
路面状況…パウダー
降雪…30cm

キロロは今日から全てのリフト/ゴンドラとコースが稼働。
2年振りに行ってみると、キロロカードなるものを発行された。ICチャージタイプで札幌国際同様、個人情報も記憶される。

いつも灰色のキロロにしては珍しく快晴、おまけにかつてない位ゲレンデが空いてるー

スキーセンター着が10時過ぎてたので直ぐに滑りたくて長峰エクスプレスへ。


スタートは長峰第2Aから。

非圧雪の長峰第2Bもコースが拡がって自由度が高くなった。


雪質もふかふかで上質。
しかし、久々のキロロなので一通りコースを滑っておきたいので、4本程で山麓に降り、キロロゴンドラで朝里山頂へ。

朝里エリアはかなり気温が低く、電池パックを換えたiPhoneでも落ちやすい。

こっちは一部雪不足のコースも。

そうそ。パノラマからエキスパートコースに入ると、パウダーライドなるエリアが現れた。

完全非圧雪で広域、ツリーも少ないのでダイナミックに滑走できる。ここって新しく出来たのかな?インフォではキロロリンク(センターエリアへの連絡コース)が新しくOPENて書いてたけど、長峰エリアといいパウダーライドといい、今年のキロロはなんか違うぞ!

パウダーライドいいじゃん!
ただ都度ゴンドラ乗る手間と、エリアへのアプローチが平坦で面倒いけど。

午後からは雪になった。この景色はキロロらしい。

個人的お気に入りの余市第2B。あっちゅう間に終わるコース。
朝里経由はアクセス悪いので、山麓から余市第1エクスプレスで。その前に間違えてファミリーリフト乗ってもた…

そして15時過ぎるとライトアップされ、優しい時間が始まるとともに、昼の短さを実感させられる。
経営が変わった事も影響したのか、以前より全体的に好印象でした。
あとどーでもいいが、インフォメーションのお姉さんが凄い美人だった…ハーフの人って間近で見ると凄い。しかも話しかけたら日本語ペラペラだし(当たり前や)。
<コスト編>
・リフト料金(日帰りバスパック):6100円
・その他食事/ロッカー代など:3000円
<今日のゲレ食>

ツナクリームパスタ 1100円
山頂Cafeにて。まあインスタント感アリアリ。

ザンギカレー 1280円
昼パスタでお腹すいてきたので、山麓レストランにて。ザンギは微妙だがカレーが意外にかなりスパイシーで、後から旨さがくる。中国人好みのテイストのよーな気がする。
<総括>


NEVER SUMMER SWIFT2016-17を解禁。カッコ良過ぎ!

春の試乗会とは違い、バインディングがFORCEで重く、トーションも固い気がする。
従い、
オーリーはフレックスに少々違和感があるも、自然に跳べた。Nirvanaと同じWキャンバーだが、キャンバーのピークがバインの外側にあるせいだろう。キッカーは試してないが、グラウンドではジャンプしやすかった。
トリックもディレクショナルのイメージとは裏腹に意外としやすい。もともとギアが軽いせいか180もトーションに頼らずともOK。
スイッチも問題なし。バインディングのアングル(角度)をむしろもっと平行にしてもいー位だと思った。
カービングはNirvanaに少し及ばずとも安定感あり。157cmという長さとバインディングの重量によるものかも。

そしてパウダーは凄い。ただ凄い。
ディレクショナルで長く広めのノーズが浮く浮く。パウダーを切り裂くビジュアルもあまりに美しく、つい足元を見てしまう…笑
総合的に、超オールラウンドボードでありながら、最終的には完全にパウダー寄りのスペックだ。カービングもかなり高速でもバタつかないし、トリックもクセはあるものの制御しやすいが、やはりスワローテイルは新雪フリークのためのギアなのだ。

個人的には、今の自分に最もしっくり来る、「出逢いのギア」だと感じた。
この冬もっともっと使いこんで、がっつり使いこなせるようになるぞー!


スポンサーサイト
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード