≪ 2017 12   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2018 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆エリア:ルスツリゾート(北海道)
◆訪問日:2018/1/6
◆ジャンル:スノーボーディング
正月のレースイから2日しか空いてないけど、早朝からガサゴソ旅支度。北海道の冬は長いが、雪山シーズンは短いのだ。
2017-18シーズン初のルスツ。そいやバスツアーも今季初だな。

◆Eiken's Rank "AAA"
アクセス利便性:4
施設充実性:5
コース攻略性:5
コストパフォーマンス:5
付加価値:5

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:37コース(初級30% 中級40% 上級30%)

(当日の状況)*山頂
1/6(土)雪
[イゾラ/イースト/ウエスト]
気温…-6℃/-5℃/-5℃
積雪…189cm/167cm/167cm
路面状況…粉雪
降雪…0cm
札幌からルスツ号4号車へ。バス7台て言ってたけど行き帰りとも半分も埋まっておらず、快適。
10時ルスツ着。小雪が舞っててコンディションは良さげかも。イーストエリアへdash!

いきなし超スーパーイーストコースへ。
超上級のさらに上なのに、けっこ痕跡が…

そっか。去年はNirvanaでここ滑走したっけか…
う。いかん…何だか昔の恋人との想い出に触れたような、甘酸っぱい感覚がくる。

続いて超イゾラ。吹雪いてよう見えん…

スティームボートAからルスツNo1へ。


スティームボートB横の非圧雪ゾーン(いつものトコ)。今んとこ、ここが一番パウダー残ってるな。

より上位エリアから進入するなら、ヘブンリーキャニオンの入口を左に逸れて入る方法もあり。木々の雪化粧に見惚れながら優雅にスプレーを上げるともぉ極上。
気がつけば13時過ぎまで休みなし。
これがルスツの魅力なんだな。思わず時間を忘れてがしがし滑りたくなる。個性的なコースがあちこちにあり、本当に退屈しない。
個人的にスティームボートAB間のコース外に進入してみたいが、外すと登りがあるしな…あまりライバルがいないことからも、ちょっと攻略の必要性があるのかも。


イゾラA B間の沢ゾーン。安定した面白さ。
それからスーパーイーストとアクロス間のリフト脇が今回発見した穴場だった。まばらなツリーランながらシュプールが殆どない。
16時終了で約5.5時間満喫。今日もよかった…
次は2月に来るよ。
<コスト編>
・リフト料金:2950円(2回目半額CP)
・食事:2000円位
・その他:地下鉄&ロッカー600円
<今日のゲレ食>

ビーフカレー大盛 880円+100円
バラ肉なのか頰肉なのかゴロゴロしたどデカイ角肉がボリューミィな少しワイルド系なカレー。ルスツポークカレーは残念ながらなくなった模様。
<総括>
来週のあるイベントの前にどーしても来て足慣らしをしておきたかった。
今回はカービングもグラトリも二の次で、とにかく非圧雪パウダーの経験値を稼ぐことが目的だったのだ。

結果は上々。昨日まで降雪がなかった分、メインエリアはそれなりに荒れていたが、そこはルスツ。裏エリアは場所によってはシュプールなしのゾーンがそこかしこ。
今季は雪は安定的に降るが、気温が下がらないせいか、雪そのものがあまり軽く感じられないな。あと札幌市内に限っては異常に雪質と積雪量に恵まれている。何故だろう。
さて、来週はニセコだ。どーかな…果たして。


スポンサーサイト
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。