≪ 2017 12   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2018 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆エリア:ニセコユナイテッド(北海道)
◆訪問日:2018/1/14-15
◆ジャンル:スノーボーディング
とうとうやって来た。
2017-18メインイベントの1つ。
ニセコは毎年行ってるのでメインて何?って今回は公式のバックカントリーツアーにエントリーしました。
HANAZONOパウダーガイドのファーストトラックを含むモーニンググループツアー。
さて頑張るぞー
…まあ結論から言うと天候不良と人数不足で中止になったんだけどね。
やっぱ長期滞在しないとタイミングも難しいです。ま、天気には勝てんので、今回もひとりサイドカントリーツアーとなりました。
◆Eiken's Rank "AAA"
アクセス利便性:4
施設充実性:5
コース攻略性:6
コストパフォーマンス:5
付加価値:5
◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:70コース(初級32% 中級37% 上級31%)

(当日の状況)
1/14(日) AN/VL/GH/HA
天候…雪/雪/雪/晴れ
気温…-10℃/-14℃/-10℃/-10℃
積雪…280cm/260cm/380cm/380cm
路面状況…パウダー/パウダー/パウダー/パウダー

日曜日。大通駅チカのセコマで静かな朝食を楽しみながら、バスの時間を待つ。ん?組み合わせがおかしい?セコマのコーシーてめったに飲まないけど、ブレンドの他エスプレッソもあっておいしかった。

札幌グランドから出発。バスは自分を含め6組と、毎回ニセコ行きはがら空きだ。しかも車内は前後間隔が広くて快適。

現地は雪。でもリフトは概ね動いているようだ。さっそくエース第4でてっぺんへ。少し濃霧で視界が悪い。


キング第4からG4ゲートへ。シュプールのないトコを探して少しトラバース。やっぱニセコは競争率高い。



天候が晴れてきた。今度はキング第4からビレッジエリアへ。ここ意外と穴場かも…
残念ながら水野の沢は閉鎖してるらしい。ならビレッジ行っても仕方ないな。


G1(L字)ゲートから大沢樹林帯へ。ボトムエリアが険しい沢で、まさに自然のハーフパイプ。これめちゃくちゃ楽しい!
この沢ちょっと危ないかも。でもこれ3D感覚養うにはすげーいいぞ。

やっとアンヌプリ側ゲートの全体像が少しずつ見えてきた。視界のいい時に来るのが一番だね。

前半戦終了。ふむふむ、こーいう軌跡を辿ってきたんか。しかしGPSは電池喰うわー


ランチ後はG7(えぇ沢)ゲート→山頂エリア(シュノーケル、ラージコース等)→再度G4ゲート→ブルーベリーフィールド→羊蹄サンセット等々。

ゲートは14時半終了。贅沢な話だが、ニセコの圧雪バーンにはあまり惹かれない。
加えてHANAZONOはナイターがないので、16時前にはかなり寂しい風景になる。

さて、ホテルに向かうか。
徒歩13分らしい。ボード片手にてくてく進む。

明日天候大丈夫かな。どーすっかな…
おっ 今夜お世話になるロッジが見えてきましたぞ…(2日目に続く)
------------------------------

1/15(月) GH/HA
天候…雪/雪
気温…-7℃/-7℃
積雪…370cm/370cm
路面状況…パウダー/パウダー
2日目の朝。
7時頃ツアーガイドさんから連絡があり、やはりコンディションが厳しく、今朝は中止せざるを得ないよーだ。
…仕方ない。昨夜の降雪は大したことなかったようなので、のんびり行くか。

9時15分ゲレンデイン。各第4リフトは強風及び濃霧で運転見合わせ。エリアを絞って正解。
朝イチのストロベリーフィールドへ。パウダーがあるとここも楽しい。コースに囲まれてるし迷子にならないからね。


慣らし終了。しかし今日は気温高めな筈だが、体感は昨日よかずっと寒い。
さてそれでは上へ。


G5ゲートをくぐる時は吹雪も重なり視界不良で前が見えない。これルート知らないで進入したらまぢで遭難するかも…

雪がリセットされており、しかもこんな日は競争率がぐっと下がるので、快適だー

途中キングベルで休憩。滑ってる時はずっと続けられそーな感覚なのに、休んだ途端ぼへーっとうずくまる。体力なくなったなー

キング第3下の林間エリア。
ここってこんな広々してたっけ?まさか森林伐採されたか?

エース第3もリフトが一時運休してるらしく、この間にパウダー頂きっ


それでもやはりスーパーコース脇から春の滝間のコース外の状態が一番よかった。特に林間は殆どシュプールなし!普段はセンターフォーのリフト待ちが煩わしいが、今日はがら空き。

14時10分に最後のエース第3リフトに飛び乗り、白樺コース→エースヒルでひと休みした後、15時半にベースに帰着、此度のニセコはこれで終了。足ガクガクだがとても満足。
<コスト編>
・リフト料金:6850円(往復バス代含む)+4200円(ヒラフ5時間券)
・食事:4000円位
・宿泊:21562円

今回の宿はHANAZONOニセコフリーダムインに初挑戦。なかなか雰囲気のある洋館ロッジだ。
行き帰りとも送迎付きらしい。夕方4時なら来てくれたのか。調査不足だった。

1人で使うにはちょっと申し訳ない部屋です。
唯一の難点は、近くにコンビニも食事処もないこと。バス(送迎)でヒラフまで行くしかないが、コートも靴もヒラフのウェルカムセンターのロッカー内だからな。ブーツで外出したくない。
温泉送迎もあるが同じ理由でやめとく。代わりに浴場があるので早めに浸からせてもらおう。上がって気づいたが、今の時間女湯だった!誰も入ってこんでよかった…汗
とりあえず自販機はあったので、金麦250円でも飲んでさっさと寝るべか。

トータルとてもいいホテルだと思ったが、シャトルバスでもうまく活用しないと、ここを拠点にするのは少しキツイかも。
<今日のゲレ食>

初日。ヌックアンヌプリのニューサンコーで、グリルチキンのホワイトカレー1200円。
そいや昨日吉野家の白カレー(期間限定)食べたけど、これとあんま違いがわからんかった…

こちらはロッジ朝食。なんて事ないメニューだけど、18時間ぶりの食事だったので妙においしかった。


ストロベリーフィールドを堪能した後でHANA1CAFEでラテ600円を頂く。この優雅さ…いいかも。

キングベルで味噌ラーメン1000円を食す。ゆるーい味噌味。いつでも食べれるやつ。
外人の女の子にモノを尋ねられた。礼儀正しい娘だったな。しかも英語うまいし…当たり前か。
<総括>

やっぱり混雑(特に休日は)してるが、日本最大級の規模と自由度をもつニセコは、非常に懐が深く飽きさせない。
日本で初めてコース外滑走の自由と尊重が設定された「ニセコルール」。今では北海道の各スキー場で導入されているゲートシステム。
ルートが整備され一本道なゲレンデではなく、コースの外に飛び出し、自然の地形を覚え、イメージしながら自分で自分のルートを確保できる事が、一定レベルに到達したスキーヤーやボーダーには至福なんだなー
そういやこの時期にニセコ来たのって初めてかも。今期はあと一回訪問予定だが、バックカントリーは難しいな。もし来期があれば、3日以上で予定立てて挑みたいところです。

あ、忘れてた。
今回の新グッズはSESSIONSの帽子。

前のがボンボン取れちゃって…笑
長い間ありがとう。

スポンサーサイト
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。