≪ 2017 12   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2018 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆エリア:ぴっぷスキー場(北海道)
◆訪問日:2018/1/27-28(2日目)
◆ジャンル:スノーボーディング

旭川滞在2日目は、クルマで45分かけてスキーと苺の町、比布へ。

◆Eiken's Rank "A"
アクセス利便性:4
施設充実性:3
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:9コース(初級45% 中級33% 上級22%)

(当日の状況)
1/28(日)…曇りのち雪
気温…-10℃
積雪…山頂110cm
路面状況…パウダー
降雪…あり(?cm)

9時半に到着。ぱっと見、朝里川温泉スキー場の雰囲気に似てる。気温は昨日のカムイより暖かい筈なのに、車降りた時の体感はかなり寒かった。風も大したことないのに…何故だろうか?
まずセンターハウスでリフト券を購入。コースマップ見て、そんなに攻略性はなさそうだなと3時間券を購入。これが後で後悔する事に…
センター内は最近リニューアルされたのか、他設備と比べて圧倒的に綺麗です。


そしてコースはかなり広々としたバーンが並んでおり、山頂付近は麓から見えにくい不思議な角度で構成されている。
ローカルスキー場と侮っていた事を反省。圧雪コースしかないと思ってたら、非圧雪ゾーンもしっかり区分されており、そこへ今週の恵みの大量降雪で、ここもカムイに負けない見事なパウダーが待ち受けていた。

まずは第2、第3リフトを乗り継いだ山頂最北端にある、深雪コースへ。



最大36度の斜度を誇るが、パウダーなので思い切ったライドが出来る。そのまま山麓まで贅沢な非圧雪ゾーンを楽しめる。いきなりメインディッシュ食べさせてもらった感じ。いいのか…


もう一つの上級コースであるゴールデンコースも、朝は綺麗にピステンが入ってて、鋭いカービングでの疾走がいい。コース半分は非圧雪なので、これまた倍楽しい。



ダイヤモンドコースを突っ切って、ゲレンデ中央にある第6リフトへ。第2、第3リフトを合わせた輸送距離を備えているが、スピードは遅め。



リフト右手のダイナミックコースはポール併設されてていいが、リフト下エリアが非圧雪なうえ、段差やリフトとの距離がスリリングでこれまた楽しかった。

午後から吹雪いてきてかなり視界不良な状態に。ファミリーやスクールの人達はこぞってレストハウスに避難しており、そっちは凄い混雑だった。
しかしこちとらリフト券のLimitはあるわ、新雪リセットの機会を逃したくないわで、殆ど人のいない山頂へ再び舞い戻る。


深雪ベテランコースをも少し滑りたかったが、名残惜しくも12時45分に撤収。
<コスト編>
・リフト料金:1900円(3時間券)
・宿泊:なし
・アシ:マイカー(燃料費)+高速料金2890円(比布JCT→江別西)
・その他食事など:1000円
<今日のゲレ食>


何だか歴史を感じさせる無料休憩所「雪番屋にじます工房」のえぞしかカレー500円。
このご時世でワンコインとは有り難い。地元食材使用、また家庭的な味でうまい。
センターハウスもリーズナブルだけど、今日は混雑し過ぎてた。ちなみに卵かけご飯定食とか、唐揚げ丼とか、揚げたい焼きとかやたら個性的なメニューが目を引く。
<総括>

このぴっぷスキー場の個人的評価について、Webサイトのコースマップからは想像出来ない非常に開放感のあるコースレイアウトだと思った。
それでも朝里川温泉スキー場と同じランクかなという印象だが、今回は訪問タイミングが良すぎた。パウダーの質が凄すぎる。

また、そんなパウダージャンキーを受け入れてくれる広大な非圧雪エリアのスケールにも感嘆した。
ナイター営業21時迄というのもいい。
流石スキーの町だけあって、ローカルスキー場にしてはかなり頑張ってると思う。

NVR SMRの真価を余す事なく引き出してくれた旭川ツアー、いーじゃないか。大成功だった。

P.S.
おまけ。銀だこのタコ焼き。
たまに無性に食べたくなる。


スポンサーサイト
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。