FC2ブログ
≪ 2019 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - -  2019 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


エリア:星野リゾート トマム(北海道)
◆訪問日:2019/2/16-17
◆ジャンル:スノーボーディング

自らの底力に感嘆した週だった。
仕事を休まず気合いで風邪を治し、金曜の夜は30分しかない中で、会社出て吉牛かっ喰らって二駅先のバスターミナルへ駆け込む。そして翌朝、旭川から約3時間かけて十勝縦断し、3週間ぶりのトマムへ。

◆Eiken's Rank "AAA"
アクセス利便性:4
施設充実性:5
コース攻略性:5
コストパフォーマンス:4
付加価値:5

(当日の状況)
2/16(土)…晴れ
気温…-9℃
積雪…山頂184cm/山麓83cm
路面状況…パウダー
降雪…6cm

旭川から南富良野経由で。自力でトマム行くの初めてだ。おかげで朝9時到着、9時半スタートというシチュエーションが実現。

土曜朝。ひといねー


コースは若干水分多めの雪だが、コース外は殆ど荒れておらず。ディープとまではいかないが、トマムでは久々のパウダー日和。


そしてもはや説明不要の上級者限定解放エリア。


コース外を一通り楽しんだらパーク行ったり、エキシビション行ったりと、気づいたら12時半ランチまで休みなしのぶっ通し。



トマムで最も高度のある場所、ドラゴンリッジ。


おっ美しい青空が拡がり始めましたぞ。



そして13時からまたぶっ通し。今日はタワー側も空いてて、フリーウェイでリバースターンしまくれる。


少し早めの15時終了したら、ミナミナビーチで1時間ほど遊ぶ。波が楽しい。

今回のトマムはてんこ盛りだー
そして、爆睡!

2/17(日)…雪
気温…-7℃
積雪…山頂180cm/山麓83cm
路面状況…パウダー
降雪…7cm

昨日は、先週の富良野や3週間前のトマムに比べたらかなり暖かい。今朝も雲から晴れ間。Webのコンシェルジュで本日の営業情報見たら、昨日よかさらに暖かそう。

…と思いきや、トマムMtで最初にシルキーウェイに降り立った途端、物凄い地吹雪が。
天気予報大嘘ですがな…その後は雪と風。


ただし、パウダーは昨日以上にすごかった。もうどこを滑走しても新雪だらけ。おまけに天候で人が少ない&雪ですぐさまリセットと、無敵の状態。



思わずツリーランやゴンドラ下へ飛び込む。ややスピード超過気味だったが、このパウダーボードはここぞと真価を発揮し、しっかりコントロールしてくれる。思わず歓喜の声を上げてしまうっ



と、調子に乗ってたら、午後には強風でゴンドラが止まってしまった。パウダーエキスプレスも減速運転になりヒヤヒヤだったが、何とかもってくれた。


今日もまたお昼も取らず突っ切り。
が、帰りを考慮し、惜しみながら13時半に終了。

帰りは占冠ルートで。トマム駅って目と鼻の先じゃんか…そしてこっちは富良野市に入るまでホント何もないんだな。

<コスト編>
・リフト料金:0円(宿泊プランに滞在券込み)
・宿泊:22000円
・アシ:マイカー(燃料費2000円)
・その他食事など:2500円
Total:26500円位

<今日のゲレ食>

初日ランチ。リゾートセンター1F くら吉にて醤油ラーメン大盛 850円+150円。
スタンダードだがほっとする。あったまる。


2日目朝食は森のレストラン ニニヌプリにて。すごく広くて混んでないのもいい。海鮮丼がおいしい。
初日朝と夜、2日目昼はコンビニ飯なので割愛。
<総括>

今年もお世話になったザ・タワー。

前回より1フロア下の32階。向きは帯広側で、エレベータから一番遠くぐるっと回った場所。


ファミリー用みたいで、ベッド4つもある。洗面所も二箇所。よく考えたら、本来の定員数からすると狭い筈が、このトリッキーなレイアウトが上手く隠してくれる。

トマム宿泊は5年目で毎年来てるが、いつも部屋割りにワクワクさせられ、旅行ならではの楽しみを感じさせてくれる。

そして今年は滑る人より霧氷テラスやプール目当ての観客が多かった。


星野リゾートの経営は常に時代の先を行く。冬は限定的となるこのトマムで、ウィンタースポーツ以外で集客し稼ぐ。そしてそれは俺にとってもおいしいシチュエーションだ。勿論スキー客もいなくはないが、欧米のヘビーユーザーと違い、中国人が殆どだ。コース外のライバルはニセコと比べても圧倒的に少ないのだ。



スポンサーサイト


エリア:富良野スキー場(北海道)
◆訪問日:2019/2/9
◆ジャンル:スノーボーディング

ナトゥールバルトをチェックアウトし、目の前に広がる富良野スキー場北の峰ゾーンへ。
◆Eiken's Rank "A"
アクセス利便性:3
施設充実性:4
コース攻略性:5
コストパフォーマンス:4
付加価値:5
(当日の状況)
2/9(土)…曇り
気温…-20℃
積雪…214cm
路面状況…パウダー
降雪…0cm

今日はかなりのんびり目に9時50分北の峰ゴンドラへ。これならちょうどプレミアムゾーンのゲートが開く。

気温が低いからパウダー状態いいかも?などと淡い期待も、ゴンドラ山頂駅降りてみればやや固めの雪質。おまけに昨日積雪0だったので、コースの状態は微妙かも。

とゆーわけで、いきなり1本目からハイクアップでバックカントリーに切り替え。



くぅーっ。メチャメチャいい運動だ。喉が渇く…!


プレミアムゾーンの先には広大な未圧雪エリアが。ハイクアップしてくるだけの価値は充分。


途中クレバスやアバランチの跡のよーなものがあったり、ニセコと違って状態が少し不安な箇所もあるが、かなりお手軽だし油断しなければ地形的には迷いにくそうなので、これも今後の富良野の楽しみになるかな。

ここはNEXTプレミアムゾーンと勝手に命名しよう…笑


さて、プレミアムもフリコ沢も本来とてもいいコースだが、荒れてる上に固めのため、こういう日はちょっとフラストレーションがたまる。

▲チャレンジC

▲テクニカルC…からのー

▲Bゲート進入

富良野ゾーン山頂エリアやチャレンジ Cは比較的状態がよくパウダーがまだ残ってた。ゲートBの奥から北の峰へ降りてみたいが、また今度。

ザイラーCやジャイアントCといった中級ロングも、カービングやグラトリの特訓には丁度いい。


それからスピースCから左の林間に逸れると、ロープウェイ下へ出た。偶然紛れ込んだがここもよかった。
富良野ゾーンから北の峰ゾーンへ戻る連絡コースも、斜面に入る辺りから左のコース外へ入ると、なかなかスリリングな沢に降りられる。ここはNEXTプレミアムゾーン下部にも繋がってゆく。
コース外開拓が楽しい。できれば今度は、北の峰から富良野への連絡リフト下部へのルートを見つけてみたい。

ランチ取らず、15時までぶっ通しの末終了。はあぁ…楽しかった。
帰り道は上富良野あたりでまたホワイトアウトしたが、行きよかかなり早く帰れた感覚がある。
あと旭川十勝道路が開発中らしく、現在、北の峰⇄布部間のみ無料で利用できるみたいです。来週はトマムなので、ルート次第では利用させてもらうかも。
<コスト編>
・リフト料金:0円(ナトゥールバルト宿泊パック)
・アシ:マイカー(燃料費2000円)
・その他食事など:2300円
Total:4300円位
<今日のゲレ食>

和牛ローストビーフ丼 1980円
帰り道。富良野駅近くのお店「くまげら」にて。
ナトゥールバルトのオススメとして紹介されてました。うっすら火を通しており、炭火が香ばしい。肉の旨みが自然に広がる上品な味。夜に来てみたい。
<総括>
2年前に来た時と時期近いが、今回はまだギリハイシーズンと呼べるはず。数年前、ルートのカスタマイズが可能になってから、富良野の付加価値は飛躍的に拡がったと個人的には思ってる。

富良野も今季からICカードによるゲートシステムが導入された。外国人も増え、北の峰ターミナル前には、ホテルだかコンドミニアムだかが建つらしい。
年々オシャレなリゾートになってくのは、嬉しさ半分、寂しさ半分てとこか。
<今日の学び>

今更ながら、フロント-1への道。
ライン取り。
テイクバックで回転力を。
リズム(トゥ→ヒール→ぽん!等)
基本姿勢を崩さない。
最近はバックサイド系が多くなったが、やっぱグラトリの基本はF180からだと思う。

P.S.
翌朝、旭川駅近くの有名店「青葉」にて正油らぅめん(750円)を頂く。
9時半開店ながら、少し早く着いても入れてくれました。
らぅめんももちろんだけど、お店の方のお気遣いにも暖かさを貰いました。

札幌は旭川よりずっと暖かかった。
風邪をこじらせたらしいが、来週迄に気合いで治す。


エリア:国設南ふらのスキー場(北海道)
◆訪問日:2019/2/8
◆ジャンル:スノーボーディング

ヤバイ。2月は来期予算&人事異動時期でハンパなく忙しい。そんな中だが、雪山もハイシーズン真っ只中。
やるなら今しかねぇ。
高速あさひかわ号で前入り。
今回は富良野を拠点に、今季初の新規開拓もするぞー。

◆Eiken's Rank "C"
アクセス利便性:2
施設充実性:2
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:5
付加価値:4
(当日の状況)
2/8(金)…小雪
気温…-17℃
積雪…75cm
路面状況…パウダー
降雪…0cm

北日本の上空には、1957年観測史上最も強い、氷点下24度以下の寒気が流れ込んできた。観測史上最強レベルの強い寒気の影響で、北海道全域が極寒世界になってる。

国設南ふらのスキー場。
ここには車がないと来れない、道民からみてもなかなかの穴場ゲレンデ。しかも富良野市ではなく、かなやま湖の南側にある南富良野町という、ほぼトマムに近い場所に位置する。

旭川を7時過ぎ出発。樹海峠を越えて思ったより時間かかり、9:45に到着。


駐車場がら空き。ゲレンデも学生さんや自衛隊みたいな人達が20人位。ボーダーは2~3人しか。


もともとは山頂に行くリフトが稼働してたらしーが、現在は二基。右側の2人乗りの方は珍しく中間駅がある。(ただ降りた先はファミリーコース。初心者ならこの中間駅降り場の急勾配は余計キツそうだが…)




メインコースは第2リフトから麓に向かって右側のロングコース。マップではダウンヒルコースとベテランコースに分かれてるが、実際は仕切りがわからん。或いは非圧雪ゾーンのことか…?



そしてもう一つ、ダイナミックコースと下部からのシルバー、チャレンジへの3分岐。

▲チャレンジコース

▲シルバーコース

▲ダイナミックコース下部

バーンも広く、初中級者には練習にもってこいかも。コース外がないのは仕方ないとして、もう少し斜度が欲しかったな。規模もバリエーションもONZEに似てて、けっこ早く飽きてしまう。

ふと、ダイナミック中腹にコース外のゲートらしきものが…笑

ムムム…そうきたか!

行ったれーーーっ


ヒャッホーウ

さすがに雪質は素晴らしく、乾いてて捲き上る細かな結晶は、サホロやトマムと同質に感じる。

常に小雪が舞ってて、こーいう付着の仕方って変わってるなと思った。
そして今日は北海道でも過去最大級の寒さにより、本当に凍えるような寒さ。Gore-Texのグローブで寒さを感じたの初めてかも。体感でも-20以下に感じる。
リフト券は実質4.5時間有効で、14:30迄だったが、上記理由もあり、14時前に終了。

今日はナトゥールバルト富良野に宿泊。天候も晴れ間が見えてきて、40分程で到着。

富良野スキー場も金曜なのでがら空きのよーです。

今シーズン泊まり2回目とゆー、自分的に近年では考えられない地味めなシーズンプランです。
明日朝が寒さの底らしいので、早めに休むとしますか。

<コスト編>
・リフト料金:1500円(4時間券)
・アシ:マイカー
・宿泊:15760円(富良野スキー場リフト1日券込み)
・その他食事など:850円
Total:18000円位

2年振りのナトゥールバルト。おもてなし精神は相変わらず素晴らしい。人気で予約の競争率も高い。


▲焼きマシュマロなり。


▲スウィーツバイキング。これも宿泊者サービス。
<今日のゲレ食>

カルビ丼 600円
南ふらのロッジにて。スキー場の価格じゃないな。肉はレトルトだけど、ご飯大盛でお腹いっぱい。

他にも、肉まん140円、コーヒー120円、フライドポテト100円など。カップ麺とかも120円で売ってる。コンビニみたいだ。


ちなみにリフト券もこの券売機で買うのだ。面白い。

そして夕飯は富良野スキー場近くのセブンでカツカレー。ウェルカムドリンクや湯上がりアイス、スウィーツバイキング等も満喫し、お腹ぱんぱんでした。
<総括>
初モノはやっぱ興奮するね。立地的にめったに来れないだろうけど、トマムやサホロと組み合わせて車でちょっと寄り道するみたいな使い道も良さそう。

評価"C"とはしたけど、かなり贅沢なスキー場です。シーズン券も1万円と破格なので、地元だったら絶対欲しいところ。

ところで、昨夜バスでYouTube観てたらショックな出来事があった。
To Enemysチャンネルさん
光太郎さんの意識回復を心より祈ってます。壮さんも自分を責められずにいられない気持ちは本当に辛いですね。早くいつもの元気なお姿が見れますように。

<今日の学び>

「トーション直滑降」 by 虫くんさん
カービングでスピードコントロールしたい。
これは、大回りで減速するではなく、スピードに体が慣れ、予測できるようになること。
前足ヒール、後ろ足トゥで直滑降すると、ソールが捻れたパイプ状で滑る事になり、結果ボードが安定する。

これは180やリバースターン等への応用にも通ずる。
アーリーウープやリバースターンは恐怖心が薄い。
リハビリが必要な今のオレにうってつけなグラトリだ。



エリア:カムイスキーリンクス(北海道)
◆訪問日:2019/2/2
◆ジャンル:スノーボーディング
ハイシーズンど真ん中。そして木金の大量降雪。
いよいよ来た。カムイの出番。


◆Eiken's Rank "AAA"
アクセス利便性:4
施設充実性:3
コース攻略性:5
コストパフォーマンス:5
付加価値:6
(当日の状況)

2/2(土)…雪のち晴れ
気温…-15℃
積雪…山頂210cm/山麓90cm
路面状況…パウダー
降雪…15cm

土曜朝もまだ止まぬ雪。深川あたりがピークで、殆どホワイトアウトしてた。30m先の車が見えん…

冬運転が当たり前になってきてるけど、気を引き締めねば。
10時過ぎスキー場着。今回は第2駐車場へ。ゴンドラからは遠いが、逆にセンターハウスから近く、こっちのが利便性高いかも。
チケット購入してたらアナウンスで、カムイゴンドラが緊急整備中で12時迄休止らしい。

(妄想中…)
…ダメだ!一刻も早くパウダー喰いに行きたい!!

てな訳で、リフト乗り継いで山頂目指す!


20分位かかったかな。でも裏を返せば北斜面側はライバル少ないだろうと思いきや、いっぱいいる…!


ディープパウダーもOPENしてるが、1時間近く経つとけっこ荒れてしまってる。


それにひきかえ、今回はフレッシュパウダーの方がかなり状態がいい。最後の出口だけはどう攻略すればいいのか未だにわからんが…


ICゲートに巨大なモニター、Webサイト。今年のカムイは色々リニューアルされた。食堂もゴンドラもかつてない程混んでいた。それだけ価値が認知されたのだろう。もはやカムイはローカルスキー場とは呼べない。


ナチュラルパークと化している、ツリーランコース。ハイレベルなボーダー達が駆け抜けていく。
この狭いエリアでバックフリップを軽々とやってのけるとか、凄すぎるやろ…

連絡時以外あまり通過しないスラロームバーン…

ロイヤル上級の贅沢に広い分岐点…

ポール大会終了後の新雪だらけの白樺2…

センターコース…ここって初めてか?

楽しすぎて、本当にコースどこ行くか迷うわー。


結局ラスト16時半までやめられず、眩しいサンセットを浴びながら終了。この日は旭川に泊るが、風呂入って夕ご飯食べたらもう動けなかった。

<コスト編>
・リフト料金:3100円
・アシ:レンタカー+燃料費 8160円(1泊)+2800円
・高速代:2570円+2590円
・その他食事など:1150円
Total:20000円位
高速が意外に高かったなー。まあ時間と安全を買ったという事にしておこう。

デイズルークス(レンタカー)。軽だが馬力は中々、視界も広くて運転しやすい。また後部は広々で、日帰りボーダーにはうれしい。
<今日のゲレ食>

カツ丼 1000円
ボリュームは言う事ないが、ご飯が柔らかめでダシが弱いかな。学食みたいな感じ。
<総括>

ベストシーズンにベストコンディション。日中も結構降ってて、コースはすぐ回復する。こんな日はひたすらパウダーを楽しむ。

今回も刺激的な体験に感謝。

夜の降雪あれば、翌日再訪しようかとも思ったが、殆どなかったようなので素直に帰宅。天気は素晴らしい快晴だったので、放射冷却と十勝特有の乾いたパウダーが楽しめたんだろーな。

余談だが、翌朝、旭川の気温の低さに驚いた。札幌でも充分寒いが、ワケが違う。これがこっちの雪質の秘密かも知れない。
帰りは高速も快適。それでも札幌-旭川間は1.5時間と、近くて遠い。

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード