FC2ブログ
≪ 2019 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - -  2019 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


エリア:国設南ふらのスキー場(北海道)
◆訪問日:2019/2/8
◆ジャンル:スノーボーディング

ヤバイ。2月は来期予算&人事異動時期でハンパなく忙しい。そんな中だが、雪山もハイシーズン真っ只中。
やるなら今しかねぇ。
高速あさひかわ号で前入り。
今回は富良野を拠点に、今季初の新規開拓もするぞー。

◆Eiken's Rank "C"
アクセス利便性:2
施設充実性:2
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:5
付加価値:4
(当日の状況)
2/8(金)…小雪
気温…-17℃
積雪…75cm
路面状況…パウダー
降雪…0cm

北日本の上空には、1957年観測史上最も強い、氷点下24度以下の寒気が流れ込んできた。観測史上最強レベルの強い寒気の影響で、北海道全域が極寒世界になってる。

国設南ふらのスキー場。
ここには車がないと来れない、道民からみてもなかなかの穴場ゲレンデ。しかも富良野市ではなく、かなやま湖の南側にある南富良野町という、ほぼトマムに近い場所に位置する。

旭川を7時過ぎ出発。樹海峠を越えて思ったより時間かかり、9:45に到着。


駐車場がら空き。ゲレンデも学生さんや自衛隊みたいな人達が20人位。ボーダーは2~3人しか。


もともとは山頂に行くリフトが稼働してたらしーが、現在は二基。右側の2人乗りの方は珍しく中間駅がある。(ただ降りた先はファミリーコース。初心者ならこの中間駅降り場の急勾配は余計キツそうだが…)




メインコースは第2リフトから麓に向かって右側のロングコース。マップではダウンヒルコースとベテランコースに分かれてるが、実際は仕切りがわからん。或いは非圧雪ゾーンのことか…?



そしてもう一つ、ダイナミックコースと下部からのシルバー、チャレンジへの3分岐。

▲チャレンジコース

▲シルバーコース

▲ダイナミックコース下部

バーンも広く、初中級者には練習にもってこいかも。コース外がないのは仕方ないとして、もう少し斜度が欲しかったな。規模もバリエーションもONZEに似てて、けっこ早く飽きてしまう。

ふと、ダイナミック中腹にコース外のゲートらしきものが…笑

ムムム…そうきたか!

行ったれーーーっ


ヒャッホーウ

さすがに雪質は素晴らしく、乾いてて捲き上る細かな結晶は、サホロやトマムと同質に感じる。

常に小雪が舞ってて、こーいう付着の仕方って変わってるなと思った。
そして今日は北海道でも過去最大級の寒さにより、本当に凍えるような寒さ。Gore-Texのグローブで寒さを感じたの初めてかも。体感でも-20以下に感じる。
リフト券は実質4.5時間有効で、14:30迄だったが、上記理由もあり、14時前に終了。

今日はナトゥールバルト富良野に宿泊。天候も晴れ間が見えてきて、40分程で到着。

富良野スキー場も金曜なのでがら空きのよーです。

今シーズン泊まり2回目とゆー、自分的に近年では考えられない地味めなシーズンプランです。
明日朝が寒さの底らしいので、早めに休むとしますか。

<コスト編>
・リフト料金:1500円(4時間券)
・アシ:マイカー
・宿泊:15760円(富良野スキー場リフト1日券込み)
・その他食事など:850円
Total:18000円位

2年振りのナトゥールバルト。おもてなし精神は相変わらず素晴らしい。人気で予約の競争率も高い。


▲焼きマシュマロなり。


▲スウィーツバイキング。これも宿泊者サービス。
<今日のゲレ食>

カルビ丼 600円
南ふらのロッジにて。スキー場の価格じゃないな。肉はレトルトだけど、ご飯大盛でお腹いっぱい。

他にも、肉まん140円、コーヒー120円、フライドポテト100円など。カップ麺とかも120円で売ってる。コンビニみたいだ。


ちなみにリフト券もこの券売機で買うのだ。面白い。

そして夕飯は富良野スキー場近くのセブンでカツカレー。ウェルカムドリンクや湯上がりアイス、スウィーツバイキング等も満喫し、お腹ぱんぱんでした。
<総括>
初モノはやっぱ興奮するね。立地的にめったに来れないだろうけど、トマムやサホロと組み合わせて車でちょっと寄り道するみたいな使い道も良さそう。

評価"C"とはしたけど、かなり贅沢なスキー場です。シーズン券も1万円と破格なので、地元だったら絶対欲しいところ。

ところで、昨夜バスでYouTube観てたらショックな出来事があった。
To Enemysチャンネルさん
光太郎さんの意識回復を心より祈ってます。壮さんも自分を責められずにいられない気持ちは本当に辛いですね。早くいつもの元気なお姿が見れますように。

<今日の学び>

「トーション直滑降」 by 虫くんさん
カービングでスピードコントロールしたい。
これは、大回りで減速するではなく、スピードに体が慣れ、予測できるようになること。
前足ヒール、後ろ足トゥで直滑降すると、ソールが捻れたパイプ状で滑る事になり、結果ボードが安定する。

これは180やリバースターン等への応用にも通ずる。
アーリーウープやリバースターンは恐怖心が薄い。
リハビリが必要な今のオレにうってつけなグラトリだ。


スポンサーサイト



01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード