≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【揚州商人】



◆揚州ラーメン(醤油) 670円

◆えいけん的ランク:"A"



◆中国系ラーメン屋である揚州商人へ行ってきました。実はこのお店、ここ数年で一気に店舗が増えてきたらしく、池袋西口店の存在を知ったのも実はごく最近やったりします(オープンは約1年前らしい)。

さてそのお味ですが、スープは透明感があり、薄口なんやけどコクがあって、かつ後味もびっくりするぐらいすっきりしてます。麺は細くてちょっと頼りないそうめんのような食感ですが、これがまた醤油味に馴染んでてまさにスープ感覚です。がっつりした手ごたえはないけど、この抵抗のいらない軟弱な感覚はすばらしい発想やと思います。

次はトッピング。ピンクの縁どりがなされたハムのような風味のチャーシューはいわゆる日本でチャーシューの代表的存在である煮豚とは全く異なり、淡白なようで実はしっかり味が閉じ込められてて、これはこれなりのよさがあります。メンマは自家製っぽくて硬すぎず柔らかすぎない食感にはまさに脱帽。『もちもちの木』のメンマとは全く異質ですが、極上の出来やと思います。そして極めつけは、懐かしい想い出が蘇るよーな、少し塩辛い煮玉子。昭和時代を彷彿させ、思わず涙が出そうになります(大袈裟?)。これにホウレン草、ネギとスタンダードですが無駄のない組み合わせです。

それから中国っぽい細かな絵柄が施された底の深い大振りな器(の割りに量が少ないのは残念やけど)は、さながら『酔拳』でジャッキー・チェンが食べてるよーな拉麺を思い起こさせます。あれってすごい旨そうなんよな・・・。



全体的には鼎泰豊にも似たイメージを持ってますが、かなりいい感じに日本風アレンジが施されてて、これは通い詰めたくなりますな。お水がさりげなくジャスミン風味というのもいいね。当面の野望として、いつかは『ふかひれラーメン』を食べてやる!ゴゴゴ・・・。



◆JR西口から左手のバスロータリー沿いの道を要町方面へ。丸井のある道路にぶつかったら左へ進み、東京芸術劇場の向かいあたりまできたら右手にあります。

住所:東京都豊島区西池袋3-25-11/最寄り駅:池袋駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。