≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【無敵家】



◆本丸めん(大盛) 750円

◆えいけん的ランク:"B"



◆今日こそはと、またもや列に並んで無敵家のスタンダード『本丸めん』を試してみることにしました。やっぱ看板メニューを食べて(自分的な)絶対的評価をしとかんとイマイチ中途半端やしね。



出てきたらーめんの香りと見た目で、ひと時期前にやたら流行った『背脂チャッチャ系』であることがわかる。でも流行ろーが流行るまいが、このどっしりした食べ応えのあるらーめんは新たなジャンルを確立したひとつのスタンダードやとおいらは思てます。前にもちょっと書きましたが、『ホープ軒』『らーめん一番』なぞは、例えジャンクと言われよーが、おいらの青春時代のお気に入りらーめんです。

さてスープは背脂の自然な甘みが全体に行き渡って、こってりしがちなこのテのらーめんにしては意外にマイルドです。奥の醤油味もエゴさがなくすっきりしてて後味もなかなか。麺は中太ちぢれ麺で柔らかめです。トッピングのメンマ、チャーシュー、菜の花、煮玉子はひとつひとつのクオリティが高く、反面どれも存在感が強めです(特に煮玉子は燻製の香りが強烈で病みつきになると思う)。全体的なまとまり感はあって、背脂系には対極の位置にある筈の”非常に上品”な印象が強く残りました。女性にも人気があるみたいですね。

ただ、なんや最初に食べてからずっと「この味、どっかで食べたことあるな・・・」と思ってたんやけど、『ニンニクげんこつラーメン花月』やと気がつきました。もちろんこのらーめんやチャーシューからはニンニク風味は感じられませんし、ひとつひとつの洗練された上品さはこっちのが上やと思います。が、上品さとらーめんとしての完成度は必ずしもイコールではないわけで、何故か池袋のらーめん屋さんは、この”上品さ”ばかりが目立つお店がやたらと多い気がします。まあ、好みなんやろけど、おいらにとって『無敵家』はやや上品すぎるという感触が強かったです。例えば、『げんこつ屋』とか『武蔵』のように、上品さだけでない”何か”があればまた評価も違ってきたと思いますが・・・



◆池袋西武側から出たら目の前の道路沿いに目白方面へ3分程歩く。光麺を過ぎて次の次くらいの角にハデに中華鍋を使って作られた看板が見えてきます。

住所:東京都豊島区南池袋1-17-1/最寄り駅:池袋駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。